転職

30代で転職が不安と感じた時の対策はたった2つ【体験談】

不安におしつぶされそうになっている私服のサラリーマン
悩み人
悩み人
30代です・・・これから転職したいと考えていますが、正直不安しかありません・・・このまま思い悩んでいるのが辛いです・・・

転職が不安な30代の人

  • 正直、漠然とした不安があります・・
  • 自信がなければ転職しないほうがいい?
  • 転職を決断するには、どうしたらいいですか?

こんな悩みを持つ人へお答えします。

結論を先にお伝えすると、転職で不安に思うのは当たり前のこと

よっぽどの自信家でないかぎり、先の見えない世界へ一歩を踏み出すのは、誰だって怖いものです。

怖いもの知らずで突き進める20代とは違い、30代は守るべき家族ができたりして、転職で失敗できないプレッシャーもありますよね

コメントさん
コメントさん
結婚やマイホームの購入、子供の誕生など様々なライフイベントの経験する人が多いものね。

また、歳を重ねると転職するがフリになると言われてしまうと、30代ってやり直しがきかないと思ってしまったりもします

コメントくん
コメントくん
色々と考えると不安になって、転職活動への一歩を踏み出しにくい人もいるよね。

今回は転職を考えている30代の人に向けて、不安を和らげるための対策を2つ紹介します。

具体的には以下の通り。

  • 転職で不安に感じていることを明確化する
  • 転職での不安をなくすために、備える

ちなみに僕も30代前半に転職を経験。

転職先は同じIT業界を選択しました。

前職と現職では提供するサービス形態も、職種も前職とは異なっていたので、正直なところ不安がありました。

でも、予め転職を明確にして、準備をしっかり行ったおかげで不安を激減させることができました。

ゴウ
ゴウ
まあ、最悪のところ転職に失敗したとしても、なんとかなるみたいな。
困ったさん
困ったさん
かなり軽いノリですね・・・

この記事を読めば、30代の人でもきっと前向きな気持ちで転職が実現できるはずです。

転職で不安に感じていることを明確化する

文字をハッキリ認識させるための虫眼鏡

まずは、なぜ自分が転職のことで不安に感じているのかハッキリさせましょう

漠然とした不安になってしまうと、何をしていいのかわらかなくなっちゃいますからね。

今回は「転職前」と「転職後」の時間軸で不安な点を洗い出していきます。

転職前に不安に感じること

そもそも、転職後の世界よりも、これから転職活動を始める上で不安に感じることがあります。

  • そもそも転職する理由がハッキリしているだろうか
  • 今の会社を本当に辞めてしまっていいのだろうか
  • 転職活動が初めて。何から始めればいいのだろうか
  • 自分のやりたいことを実現できる会社はあるだろうか
  • 自分がアピールできるスキルや実績ってあるだろうか
  • 希望する会社に採用してもらえるだろうか
  • 今までより高い給料はもえらるだろうか

上記の通り。

特に重要なのは、「そもそも転職する理由がハッキリしているだろうか」です。

会社で、ちょっと人間関係に悩んだり、たまたま仕事で失敗が連続して落ち込んだりしたぐらいで転職を考えるのは危険。

今の会社で悩んでいることが、別の職場でなければ解決できないことなのかは、しっかりと考えたいところ。

例えば、安月給で悩んでいる場合、もっと給料がもらえる会社へ転職したいと思ってしまうのは安易です。

今の会社で仕事の結果を出すことで、昇給したり出世することで給料アップを狙うことも可能かもしれません。

あまり深く考えずに感情的になって転職してしまうと、転職後に後悔してしまう可能性があります。

転職後に不安に感じること

続いて、転職後に新しい職場で働く際に不安に感じることは以下の通りです。

  • ブラックな会社じゃないだろうか
  • 人間関係で苦労しないだろうか
  • 変な人が上司にならないだろうか
  • 過去の仕事の経験を活かせるだろうか
  • 未経験のことでも、会社がフォローしてくれるだろうか
  • 適正な評価をしてくれる会社だろうか
  • 会社は倒産などしないだろうか

残念ながら、これらの不安材料の多くは正直なところ入社してみないとわかりません

なぜなら転職活動中には転職先の表面的な部分しか分からないから。

そもそも転職先の人事担当者や社長も基本的にはポジティブな話ばかり

また、どんな人たちと一緒に働くかを確認するのは、結構難しいです。(職場見学とか、ありますけど。)

そして、入社後に会社がどんな業績となるかも予想はつきません。

僕も今の会社(現職のIT系企業)に入る前、社長との面接時の話です。

社長の話では魅力的な制度とモチベーションのある社員で活気に満ちた職場の説明を受けました。

しかし、入社直後にそれは作り上げられた話だったと判明して、軽くショックを受けました。

ゴウ
ゴウ
いやー正直、話半分程度に聞いておけば良かったですわ。

というわけで、入社後の不安は入社する前に考えても無駄です。

そして、運悪く自分が不安に思っていることが現実になってしまった場合は、別の会社へ再び転職するのを検討しましょう。

転職の不安をなくすために備える

もう1つ、転職での不安を払拭するためにやることは、備えることです。

具体的には以下の3つです。

  • 30代の転職に活かせるスキル(強み)を持つ
  • 転職に失敗しても問題ないよう生活費を確保しておく
  • 転職前に給与以外で稼ぐ力を身に付ける(副業や兼業)

これは先ほどの記載した転職前と転職後の「不安」と関連した内容です。

順番に解説していきます。

ゴウ
ゴウ
仮に自分が思っている不安とは関係なかったとしても、転職する上で重要なポイントですよ。

30代の転職に活かせるスキル(強み)を持つ

草原の中で弓を引いた人間

まずは他社でも通じる・需要のあるスキルを持ちましょう。

当たり前の話ですが、30代以上で転職する人が企業から求められるのは当然、即戦力。

未経験でも伸びしろに期待して、しっかりと会社が教育してくれるのは20代まで。

30代の場合、企業は入社直後からこれまでの社会人経験を通じて身に着けた能力や技術をフルに活用してくれることを期待しています。

質問くん
質問くん
スキルを持たないまま転職活動するのは危険ですね。

スキル(強み)がない状況の中、30代以上で転職活動する場合、そもそも採用してもらえない又は期待するような給与や待遇を得られない可能性が出てくるので注意しましょう。

ゴウ
ゴウ
「芸は身を助ける」ですかね。

ちなみに転職する気がなくても、無駄に残業している人は危険です。生活残業でクビの可能性も!? 残業を止めて副業を始めようをご覧ください。

こんなスキルは転職活動での強みにならない

そうです、スキルと呼べるものであれば、何でもOKというわけには行きません。

現職(今の会社)でのみ活かせられないスキルや中長期的に需要がなくなってくる可能性のあるスキルを自分の強みと捉えるのは止めておきましょう

以前の職場では医療に関する情報を取り扱ってましたが、転職先がサービス業なので、まったく過去の専門知識は役立ってません。

どのようなスキルが活かせるのか検討するには、最初に自分の興味のある業界や企業の求人情報をチェックから始めましょう。

求人情報の項目に「必要な能力・経験」「求める人材」と記載された欄が、まさに企業から今求められているスキル。

今の職場では十分経験を積んできたスキルも(強み)、転職先の企業が求めるスキルではない場合(需要がない)、アピールするのは難しくなります。

これだけ変化が激しく、新しい技術がどんどん生まれる時代。

将来的には機械に置き換えられてしまうようなスキル(例えば、車の運転とか)は自然と廃れていく可能性が高いとも言えます。

ゴウ
ゴウ
中長期的に必要となるスキル(能力)を身に付けることに力をいれましょう。

30代の転職で自信のあるスキル(強み)がないと思う場合

コメントさん
コメントさん
正直、強みがなさそうな気がしているのですが、どうすればいいですか?

まずは、過去の職務経験をじっくりと振り返ってみるのがいいですよ。

それだけでは限界・・・という人は他人の力を借りましょう。

家族や友人に聞いてみたり、転職エージェントを活用するのもありですね。

または、まずは自分の経歴を企業に公開。

企業から直接オファーを受けられるミイダスの転職サービスを活用するのもありです。

ゴウ
ゴウ
10年近く社会人としての経験を積んでいるわけですから、何かしらアピールできる強みはあると思って前向きに探しましょう。

ちなみに、現時点で自信の持てるスキルがないからといって転職活動を諦める必要はありません。

今から伸ばせる(伸ばしたい)スキルを身に着ける努力を現職の間に始めればいいだけです。

そして、自信のあるスキルが身に付いたと思った時点で転職活動を再開しましょう。

ただし、ここは日本なので1点注意が必要。それは年齢のこと

残念ながら年を重ねるほど転職活動が不利になる傾向があると言われています

そのため、これからスキルを身に着ける場合、短期間でスキルアップするための努力を忘れずに。

みんなが既に持っているスキルではなく、差別化するためにも周りが持っていないスキルを狙うのが良いと思います。

ただし、スキルが企業からも必要とされるものでなければなりません。

ゴウ
ゴウ
自分の興味や得意なことでスキルを高めることも大切ですが、あくまでも雇ってくれる企業側の求めるニーズと合致させることが重要ですね。

転職に失敗しても問題ないよう生活費を確保しておく

離職中でも困らないほどの貯金を引き出したお金

いざとなった時に役立つのはお金

家族を養う立場でいるならば、家族に苦労だけはさせたくないですよね

そのためにも一定の期間は仮に収入がなくても従来通りの生活が担保できるようお金を貯めておきましょう。

目安としては最低でも半年から1年ぐらいはみておいたほうが良いと思います。

ゴウ
ゴウ
20代の頃、会社が倒産して無職になった経験がありますが、貯金がなく失業手当だけで生活しながら転職活動するのは精神的にきつかった。

仮に転職先の職場に馴染めず、一旦退職後に再び転職活動を再開させるとなった場合でも、当面の生活費が確保できていれば安心。

また当面の生活費を確保していないまま、焦って転職活動を進めてしまうのは危険です。

自分の希望とはかけなれた条件でも生活費を稼ぐために受け入れざる得ない可能性も出てくるから。

慎重に転職活動が進めるためにも、先を見据えた生活費の確保は重要ですよ。

コメントくん
コメントくん
備えあれば憂いなしですね。

30代の転職前に給与以外で稼ぐ力を身に付ける

副業に必須のパソコンのキーボード

もし給与以外に別の方法で収入を得ることができれば、転職に失敗した場合のリスクヘッジになります

数年前までは考えられないような話でしたが、政府が進める働き方改革の推進にもある通り、サラリーマンであっても副業を認めてくれる企業が増えつつあります。

従来は就職した企業から受け取る給与収入だけに頼るのが当たり前でしたが、今では本職以外にも様々な方法で稼ぐことができる時代。

僕の場合、このブログを書くことによって収益化することを目指しています。

ゴウ
ゴウ
広告掲載による収入を期待していますが、今のところサーバー費用とかもあるので赤字。

副業や兼業などは、単純にお金を稼ぐためを目的として行うことはもちろんのこと自分の強みを伸ばすため(スキルアップ)のために行っている人もいます。

個人的には現職で当面の生活費を確保しつつ、この副業や兼業を通じて身に着けたスキルを活かして転職活動を行うのをおすすめします

(経営者には申し訳ないのですが、現職では転職することを意識しているのであれば、全力で働くことはせず、与えられた業務こなすぐらいの姿勢で良いと思います。)

副業に力を入れるあまり、家族や友人と過ごす時間がおろそかになってしまうことも注意したいですね。

会社によっては副業や兼業を禁止としているところもあります。きちんと就業規則などを確認したうえで、違反のない形で副業や兼業を行いましょう。

30代で転職が不安と感じた時の対策(まとめ)

転職で不安に感じていることを明確化する

  • 転職前の不安は払拭できるが、転職後の不安は考えても無駄です

転職での不安をなくすために、備える

  • 企業から求められて、中長期的にも必要とされるスキル(強み)を持つ
  • 1年~2年間くらい無収入になっても困らない生活費を確保しておく
  • 現職の給与収入以外にも、別の手段で収入が得られるようにしておく

もし現職が忙しすぎて、そのような準備をする暇もないといった場合には、思い切って業務量を減らすことができないか、会社に相談することから始めていきましょう。

定年という頂上まで1本の道で山登り(仕事を続ける)サラリーマン
仕事を続けるつもりの人が将来を考えてやるべき1つのこと仕事を続けるメリットはたくさんあります。でも、定期的に自分を見つめ直すことは重要です。本記事では今の仕事に満足している人こそ、転職サイトへ登録しておくべき理由をお伝えします。仕事辞めるべきか続けるべきか迷っている人も参考にしてください。...
採用担当者が握手を求めている
採用募集していない企業へ応募する方法(実際に採用された体験談)30代前半の頃、求人の募集をかけていなかった企業に対して転職をした方法を紹介します。ゲリラ作戦なので、全ての企業に刺さるかは不明ですが、働いてみたい企業の求人募集が停止している状態だったら、試してみる価値があるかも。...
本当は大したことないのに自分を大きくみせようとする人間
仕事が忙しいアピールはマイナス効果である5つの理由【友人や恋人が去る原因に】仕事の忙しさをアピールしてくる人はマイナスな印象しか与えません。事実、20代の頃に彼女からフラれてしまった苦い経験あり。ぶっちゃけ、仕事が忙しいなんて言ってたら恋愛なんかもできないし、友達にも見放されてしまうので今すぐやめましょう。...
リモートワークの求人案件に興味があるなら【クラウドテック】をチェック!

リモートワークという新しい働き方に興味のある人は、まずはどんな求人内容があるのかチェックしてみてください。

クラウドテックは単なる求人情報サイトではなく、自分のこれまでのキャリアやスキルなどを最大限活かせるように専任のアドバイザーが徹底サポートしてくれます。

いきなり転職しようという考え方をするのではなく、まずは求人情報やアドバイザーからの助言をもらってみて検討したり、可能性を探るとこから始めるといいですよ。

サポーターが徹底支援。キャリアサポートサービスの「クラウドテック」
クラウドテック
実際にリアルな内容を見て「ハードル高そう・・・」と思えば、別の道を探すのも手です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA