ワーク

仕事で我慢は必要?辛いことを耐えなくてOK【楽しんで働くべき2つの理由】

我慢しながら仕事をしているIT系エンジニア
悩み人
悩み人
社会人になってから、ぜんぜん仕事が楽しくありません。
むしろ理不尽なことだらけ。
ぶっちゃけ、給料をもらうためには嫌な事でも我慢して続けている感じ・・・けど、このまま続けるべき?

こんな悩みにお答えします。

会社に勤めていてストレスに感じることでも、仕事だからと割り切ってしまうことってありませんか?

例えば、サービス残業や休日出勤、上司や取引先との付き合いでプライベートな時間が削られるケース。

はたまた会社の上の人からパワハラや同僚からモラハラ。

そもそも会社のやっている事業内容に興味もなく、やっている仕事も楽しめないという人もいるでしょう。

でも、そんなツライと感じることも全てはお金を稼ぐためには耐えなければならない・・・仕事ってそんなもんだ・・・

と、思い込んでいるのはもったいないですよ。

結論を先にお伝えすると仕事で辛いと思うことを我慢する必要はありません

なぜなら、世の中には仕事を楽しみ、お金を稼いでいる人が存在しているから。

ちなみに僕は過去に3回、転職という手段を使って、自分が楽しめそうと思う仕事にチャレンジしてきました。

つまり嫌なことは出来るだけ避けて、我慢なんかしないようにしてきたということ。

ゴウ
ゴウ
現在は会社の仕事には興味を失いつつありますが、かわりに副業を楽しんでやっています。

本記事では、仕事を我慢して続けることによるメリットやデメリットに触れつつ、仕事は我慢せずに楽しむべき理由について解説します。

この記事を読んで、我慢して仕事を続ける状況から抜け出すための一歩を踏み出しましょう。

仕事で我慢することのデメリット

我慢して仕事をしている会社員が薄暗い部屋に帰宅したところ

そもそも仕事で我慢しているのはデメリットばかりです。

ざっと挙げると以下の通り。

  • 精神的に辛い(パワハラやモラハラにも耐える)
  • 耐え続けたとしても大きな成功は得られるとは限らない
  • サービス残業
  • プライベートでも付き合いが発生する
  • 希望しない部署への配置転換や転勤もありうる

1つ1つ見ていきましょう。

精神的に辛い

我慢しているぐらいですから、仕事で辛いという思うことがたくさんありますよね。

そもそも仕事する前の満員電車に乗っている時点からストレスを感じている人もいるはず・・・。

 満員電車のストレスをなくす対策4選【通勤や帰宅ラッシュをイライラしないために】

会社での人間関係に悩まされることや、取引先に対して自分のせいではないのに頭を下げないといけないことだってあるかもしれません。

また業務では数字で結果を出さなければならないというプレッシャーをかけられる人もいますよね。(特に営業の人)

ちなみに休日で仕事を忘れてゆっくり休んだ後の月曜日は朝なんか気が重くなりますよね。

朝に仕事がだるいと感じた時の解消法【特に月曜日に辛いと感じる人へ】

耐え続けたとしても成功する保証はない

耐え続けていれば、いつか良いことが起こるかもしれませんが、そんな保証はどこにもありません

気づいたら中年のおっさんになっていて、窓際に追いやられて若い社員からもバカにされるのを、さらにグッと堪えるとことになる可能性だってあります。

もっとキツいのは、散々我慢して会社や上司のために一生懸命働いたのに、早期退職を勧めらるかもしれません

 会社のためではなく自分のために働くべき3つの理由【仕事より大切なこと】

サービス残業

お金を稼ぐのが目的で仕事をしているのに、プライベートな時間が削られる上に報酬も発生しないサービス残業はまさに我慢でしかありません

  • 「会社だって大変なんだ・・・」
  • 「周りも同じだけど文句言わずに働いてる・・・」

なんて自分を説得して夜遅くまで働いているなんて我慢というより、もはや修行ですね。

ゴウ
ゴウ
僕も20代の頃、サービス残業している時期がありましたけど、正直嫌な記憶ばかりで良い思い出はありません。

プライベートでも付き合いが発生する

ひと昔前からの文化が続いている場合、休日に社長の自宅に呼ばれたり、ゴルフへ一緒に行ったりすることはありませんか?

しかも、ほぼ業務命令に近い感じで断りにくい・・・みたいな。

ゴウ
ゴウ
業務時間外に行われる花見やバーベキューなどもそうですよね。

そういうところでワイワイ楽しめる人であれば良いかもしれません。

でも会社そのものを楽しめていない場合、そのような集まりに参加することは苦痛と感じる人の方が多いでしょう。

とりあえず飲めれば何でもOKという人は除きます)

希望しない部署への配置転換や転勤もありうる

一定の社員数がいるような会社だと、定期的な部署の異動や場合によっては転勤になる可能性もありますよね。

自分の意思とは関係なく、やりたくもない営業をやれと言われるのって辛いですよね。

またマイホームを購入して、子供が生まれたばかりなのに、単身赴任になってしまうパパほど残酷な状況はありません。

家族のために頑張っているのに、仕事を終えて自宅に帰っても部屋には誰もいないなんて切なすぎますね。

仕事で我慢することのメリット

石の上にも3年というように我慢して仕事を続けることで身に付く忍耐力もある我慢することって損することばかりなのかと言えば、決してそうではありません。

そして、その我慢した経験はこれからに活かすことが可能です

  • 忍耐力が身につく
  • 経験や知識を蓄えられる
  • 自分の可能性を広げることができる

上記の通り。

1つ1つ順番に解説します。

忍耐力が身につく

苦しいことや辛い事でも耐えることができる強靭な精神力を身につけることができます

すでに我慢しながら何年も仕事を続けている人であれば、もはや1つの強力な武器を身につけていると言って良いでしょう。

ゴウ
ゴウ
仮にプライベートで意図しない不幸や災難が襲ってきたとしても、仕事で培った忍耐力を活かすことができますね。

ただし、会社で我慢を続けた結果、休職や退職をしてしまう人がいるのも事実。

そのため、忍耐力を身につけるために仕事で我慢することをオススメはしません。

特に寝不足や食欲がなくなってしまったなど、体の調子が悪くなったときには無理して仕事を続けるのはNGです。

経験や知識を蓄えられる

1つの会社で長い期間、我慢しながらも仕事を続けていれば、たくさんの経験を積み、同時に知識もストックできますね。

ゴウ
ゴウ
本人が望まなくても勝手に身についていく感じ。

理不尽な話ですけど、上司や同僚から仕事をたくさん押し付けられてしまっていると、それだけ量をこなすことができるので、業務スピードも早くなりますね

ただし、オフィスワークであればコピーをとったり、郵便物の仕分けや、契約書の製本などの単純作業をはちょっと微妙です

なぜなら、誰でも出来るような内容ですし、スピードが身についても、そこまで切迫した状態で行う業務ではないので。

ゴウ
ゴウ
1つの会社でもたくさん配置展開により、様々な職種を経験できると、その分だけ幅広い知識を身につけられるのもいいですね。

自分の可能性を広げることができる

自分に選択肢があれば間違いなく断ってしまうような業務の内容を我慢しながらやってみたら、意外と上手くできたり、楽しさを感じることができるケースがあります。

大人になると、子供と違って先入観が強くなってしまい、勝手に自分の可能性を狭めてしまっていることってあると思います。

でも、会社からの命令だからと仕方なく従っていたら、実は自分の新たな可能性を広げてくれることだってありえます

ゴウ
ゴウ
時には自分の苦手だと思っていることを素直にやってみることって重要なことなんですね。

仕事は我慢ではなく、楽しむべき2つの理由

我慢して仕事を続けることを止めて新しいチャレンジをした結果、徐々に結果が出始めたところ

仕事で我慢することのデメリットやメリットをお伝えしてきましたが、やはり仕事で我慢するのは損です。

以下、その理由をお伝えします。

  • そもそも職業は自由に選ぶことができる
  • 【事実】数は多くないが、仕事が楽しんでいる人はいる
  • 人生は一度きりなので、楽しんだもん勝ち

1つ1つ解説します。

そもそも職業は自由に選ぶことができる

当たり前で、すみません。

自分で好きな仕事を選ぶことができること「職業選択の自由」ってことで法律でも認められています。

そのため、あえて辛いと思うような仕事を自ら続ける必要はありません

とはいえ、そう簡単に我慢をしなくて良いような会社を選べるのかといったら現実は厳しいですよね。

  • 実際に入社してみないと、ストレスなく働けるかなんか分からない
  • 我慢はしなくて良い会社だけれど、給料が満足のいくものではない

上記のように、理想とする働き方ができて、給料も納得ができる環境を見つけるのって大変なんです

そのため、僕は今のところ以下のような方法で働くスタイルにチャレンジしています。

本業:できるだけ我慢をしなくて良くて残業が少ない(生活に必要なお金を稼ぐ)
副業:自分の興味のある仕事にチャレンジ(貯金、趣味や娯楽に使えるお金を稼ぐ)

ゴウ
ゴウ
ポイントは副業をするための時間を確保することですね。

【事実】数は多くないが、仕事が楽しんでいる人はいる

世の中、自分の好きなことでメシを食っている人はいらっしゃいます。

最近だとYou Tuberとかインフルエンサーとかが代表的ですよね。(実際には厳しい戦いがあったり・苦労もあったりしそうですけど)

しかも最初から有名人であったわけではなく、普通の一般人であったということ。

つまり、あなたにも十分、好きなことを仕事にできる可能性は決して0ではありません。

もちろん、絶対にそうなれるという保証はなく運ゲー的な要素もありますが、行動次第で人は変われる可能性がありますよ

 人生は運ゲーだよね?やってはいけない3つのこと【運次第だからと諦めるな】

念の為You Tuberやインフルエンサーになることを進めているわけではありません。
自分にはどうせ無理なことだからと諦めてしまうのはもったいないということをお伝えしたいです。

人生は一度きりなので、楽しんだもん勝ち

意外と日々忙しくしていたり、辛いことばかり続いていると意識できなていないことですね。

人生の時間の半分とは言いませんが、結構な時間を仕事に割いていることを踏まえると、何とも切ない感じになっちゃいますよね。(時間がもったいない)

後悔しないためにも全力で好きなことやった方が絶対に良いです。

好きな職業を選ぶこともできて、事実好きなことをやって飯を食っている人がいる世の中。

だからこそ自分もそんな人たちに仲間入りしない手はありません。

ただし、急に仕事を辞めてお金もないような状態になるのはリスクがありすぎるので、きちんと計画を立てて行動しましょう

 目標達成をしやすくするコツ(仕事もプライベートでも使用可)

まとめ

本記事では、仕事を我慢して続けることによるメリットやデメリットに触れつつ、仕事は我慢せずに楽しむべき理由について解説しました。

怖いのは我慢している状況がいつの間にか慣れてしまい、なあなあのまま無駄に時間だけが過ぎてしまうことです。

また失敗を恐れるあまり、何も行動を起こさないでいること。

まずは、自分のできる範囲で良いので小さなチャレンジをやってみるのがオススメです

ゴウ
ゴウ
例えば、転職の可能性を検討するなら転職サイトへ登録したり、転職エージェントと面談してみるくらいでOKですよ。

 サラリーマンが辛い感じる4つの理由【でもメリットもある】

 30代で転職が不安と感じた時の対策はたった2つ【体験談】

リモートワークの求人案件に興味があるなら【クラウドテック】をチェック!

リモートワークという新しい働き方に興味のある人は、まずはどんな求人内容があるのかチェックしてみてください。

クラウドテックは単なる求人情報サイトではなく、自分のこれまでのキャリアやスキルなどを最大限活かせるように専任のアドバイザーが徹底サポートしてくれます。

いきなり転職しようという考え方をするのではなく、まずは求人情報やアドバイザーからの助言をもらってみて検討したり、可能性を探るとこから始めるといいですよ。

サポーターが徹底支援。キャリアサポートサービスの「クラウドテック」
クラウドテック
実際にリアルな内容を見て「ハードル高そう・・・」と思えば、別の道を探すのも手です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA