ライフ

雑草の駆除を楽に済ませるたった1つの方法【草むしりはプロに依頼】

駆除する前の庭にたくさん生えている雑草たち
悩み人
悩み人
最近、家の庭の雑草がすごく伸びてきてしまって、そろそろ駆除しないと・・・。
でも面倒臭くてやりたくないなあ。
意外と重労働で、作業時間も長いし。
何か良い対処法はないかな?

こんな悩みにお答えします。

ついこの間、庭の雑草を刈ったばかりと思ったのに、気づいたらボーボーと生い茂っていた経験はありませんか?(いつの間に成長したんだと思うくらいに速攻で。)

しかも、名前も知らないツタがエアコンの室外機やガス給湯器などに絡みついていたりして。

これを全部きれいサッパリさせるには週末の土日が丸々潰れそう・・・なんて嫌になっちゃいますよね。

結論を先にお伝えすると、雑草の駆除などの庭の手入れは植木屋さんにお願いしちゃいましょう

なぜなら、とっても楽な上に、綺麗に仕上げてくれるから。

もし、自分で作業しようとすると貴重な休みの日は潰れてしまう上に残るのは達成感というより疲労感だけ。

おまけに慣れない作業のせいでケガをするリスクも付いてまわります。(とくに腰は危険)

ちなみに植木屋さんって何だか料金高そう・・・ってイメージがありますけど、案外そんなことはありません。

ゴウ
ゴウ
今は依頼も簡単にスマホ1台あればできるので、自分でやるよりも楽ですし、コスパも良いですね。

本記事では、自力で雑草駆除をおすすめしない理由を解説しつつ、実際に植木屋さんに依頼した良かったと感じたメリットを紹介します

この記事を読んで、今後は自力で雑草駆除をやるという悩みから解放されましょう。

雑草駆除を自力でやらないほうが良い理由(デメリット)

1つ目の雑草を苦労して駆除したところ

自分でやるのは、「とにかく雑草駆除するのが楽しい人!」という意外はおすすめしません。

理由は以下の通りです。

  • 体力の消耗が激しい(ケガの可能性あり)
  • 道具を揃えたり保管する手間(思わぬ出費も)
  • 虫などの害虫との戦いに疲弊する
  • やり方が分からず、うまくいかない

順番に解説します。

体力の消耗が激しい(ケガの可能性あり)

そもそも雑草の駆除って、結構な重労働なんですよ。

単に雑草をサクッと引っこ抜けばすぐ終わると思う人がいますが、そんな簡単ではありません。

1つ1つ雑草を抜く手間を考えると、決して広い面積ではなくても意外と時間はかかります。

というのも、雑草は根元も含めてしっかり処理しないと、再びすぐ芽が出てきてしまうので丁寧な対応が必要なのです

ゴウ
ゴウ
ほんと雑草って生命力が半端ないっす

おまけに、雑草を抜いている間の姿勢がまたキツい

多くの人は中腰でかがんだまま作業をするため、腰痛の原因になったりもします

普段オフィスワークが中心で、運動不足の方などは慣れない作業をするので特に危険ですね。

ゴウ
ゴウ
事実、僕は翌日以降に腰の痛みが消えずに病院へ行きました・・・。

また、夏の暑い時期は炎天下の中で作業をするため、熱中症になる可能性もあるので注意が必要です。

特に高齢の方は、よっぽどな理由がなければ日中などの気温が上がる時間帯は避けたほうがいいですね。

道具を揃えたり保管する手間(思わぬ出費も)

雑草の駆除って、意外と必要な道具って多いんですよ。

ざっとあげると以下の通り

  • 軍手(ゴム手袋)
  • ゴミ袋(雑草を入れる)
  • スコップ
  • 鎌(ねじり鎌や雑草用の道具)
  • 熊手(ホウキ)
  • てみ(ちりとり)
  • 電動草刈機
  • 除草剤
  • 防草シート

※規模や手入れ方法や今後の対策までやるのかは人によって揃えるものは異なります。

おまけに道具は使い終わったら土や草など付いているのでしっかりメンテナンスしておく必要がありますし、保管する場所の確保もしなくてはなりません

なので、準備から片付けも含めてやる事は多くて面倒なんです

電動タイプの草刈機とは作業がすごく楽になって便利なんですけどね、壊れてしまったら意外と大きな出費にもなります。

ゴウ
ゴウ
ぶっちゃけ軍手(ゴム手袋)だけ用意ができていれば作業はスタートできちゃいます。でも、非効率な上に疲れるだけなのでおすすめしません。

虫との戦いに疲弊する(さされる、噛まれる)

もう虫が苦手、または嫌いな方は絶対に避けたほうがいいですね。

なぜなら雑草を駆除している間は常に虫に囲まれているようなものですから

夏の時期だと大量の蚊(か)が血を求めてやってきますし、雑草を抜いた際には土の中からミミズや何かの幼虫などがびっくりするほど出てきます。

また何もしなければ安全ですけど、いざ攻撃されたら怖いスズメバチなどが出没するケースもあります。

ゴウ
ゴウ
もし作業をするなら服装には気をつけておきたいですね。

ちなみに小さい虫であれば我慢できなくもないわけですが、我が家の庭では田舎でもないのにヘビが出てきたこともあります。その場で作業をしていた父親は見つけた瞬間に少し低い声で「ヒッ」と悲鳴をあげてましたよ。

ゴウ
ゴウ
どうしても虫を克服したいという人には以下も参考にどうぞ。

 虫が苦手・・・克服するためのシンプルな方法【男でも飛ぶ虫は怖い】

やり方が分からず、うまくいかない

先ほどもお伝えしましたが、雑草の駆除って単純に草をむしっていればOKというわけではありません。

そのため、雑草を駆除する方法についても一定の知識が必要です。

例えば、無知のままで作業すると雑草を抜いてしまう時に隣接している建物を傷づけてしまう可能性もあります

事実、間違えて自宅につながっている配管の一部をシャベルで傷つけてしまったことがあります・・・。

不要な雑草だけを駆除したいのに、誤って本来残しておくべき植物まで一緒に抜かないようにする注意が必要です。

ゴウ
ゴウ
このあたりの判断は、やはりプロにお願いしたほうが間違いはありません。

雑草駆除のおすすめの方法はプロに任せること

植木屋さんが効率的に草刈りをしているところ

ずばり、その道のプロである植木屋さんに雑草を取り除く作業はお願いするのがオススメ。

理由は以下の通り。

  • 自分の体を痛めるような危険はない
  • わざわざ雑草駆除のための道具を揃える必要なし
  • 虫などの害虫とも格闘する必要もなし
  • 専門家が庭のコンディションを良くしてくれる

自力でやろうとすると様々なリスクがありますが、植木屋さんにお願いをすることによって回避することが可能です。

なおデメリットとしては、依頼することによって費用が発生するところ・・・。

でも実は、そこまで大きな金額は発生しません。

参考として僕が大家をしている戸建ての周辺に生えた雑草を駆除するのにかかった費用は以下の通り。

  • 草むしり 10平米 ¥5000
  • 除草剤散布 10平米 ¥2000
  • ゴミ処分費 ¥0 ※無料

合計:¥7000(税込)

実際のBefore・Afterの写真も合わせてご覧ください。

雑草の駆除を行う前のガス給湯器Before 雑草の駆除を行う前のガス給湯器

 

雑草の駆除を行った後のガス給湯器After 雑草の駆除を行った後のガス給湯器

 

雑草の駆除を行う前の戸建て周辺Before 雑草の駆除を行う前の戸建て周辺
雑草の駆除を行った後の戸建て周辺After 雑草の駆除を行った後の戸建て周辺
ゴウ
ゴウ
もうビフォーとアフターの差は歴然ですね。

しかも当日は雨が降っている中で頑張っていただきました。

ちなみに今回の植木屋さんは、【くらしのマーケット】を利用して、口コミの評価が高い植木屋さんに依頼しました

当日は立ち会うことができなかったのですが、しっかりと写真を撮影した上で電話でも作業内容を報告してくれるなど、とても丁寧な対応で助かりました

また雑草の駆除をした直後に除草剤の散布を行っても、あまり高い効果を得られないことから、後日再び出張して作業いただけたのは本当にありがたかったです。

植木屋さんが使用している除草剤植木屋さんが使用している除草剤
植木屋さんが雑草対策のために除草剤を散布しているところ植木屋さんが雑草対策のために除草剤を散布しているところ

まずは【くらしのマーケット】で、住んでいる場所に対応してくれる植木屋さんの情報をチェックしてみてください。

ちなみに費用やサービス等は、それぞれ出店されている会社(個人の方もいます)によって異なります。

【くらしのマーケット】

もう雑草駆除を一生やるつもりがない場合

土いじりや、植物などを育てる予定がなければ思い切って、土からコンクリートに変えてしまうのも1つの方法です。

なぜなら、コンクリートで塗り固められると、もはや雑草が生えてくるような余地がないから。

これであればメンテナンスも数十年は不要です

その他に砂利などを土の上から敷き詰める方法がありますけど、雑草は意外と砂利レベルだと芽を出すケースがあります。

以前にニュースで話題になったど根性大根のように、コンクリート(正確にはアスファルトだけど)を打ち破って芽が出てくるケースもありますが、ほぼありえません。

ゴウ
ゴウ
ちょっとグリーンがない庭なんて寂しいという人は、お手入れが簡単なプランターなどの鉢を置くようにするのも良いですね。

まとめ

雑草対策がされてきれいに整えられた庭

本記事では雑草の駆除にことで悩んでいる人に向けて、おすすめの方法を紹介しました。

平日は仕事で忙しくて土日はのんびり過ごしたいというサラリーマンや子育てで忙しいママは、ここは無理をせずにプロにお願いしてしまいましょう。(もちろん、体が心配なシニア の方々も。)

ちなみに自分でやるのが当たり前だと思っている人も、一度はその道のプロである植木屋さんにお願いしてみるのもありですよ。

実際にやり方やお手入れの方法などを直接見たり、聞いたりすることで、ノウハウを吸収しちゃいましょう。

まずは、くらしのマーケットで植木屋さんの口コミ情報や料金をチェックしてみてください。

【くらしのマーケット】

 風呂掃除は拭くだけ【プロから教えてもらった毎日簡単に済ませる方法】

 寝室が臭い原因と対処法6選【部屋とおじさんの体は清潔に保つべし】

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA