ファッション

バンズのスリッポンのレビュー【USA企画のサイズ感などの口コミを紹介】

箱に乗せてあるバンズのクラシックスリッポンUS企画
ゴウ
ゴウ
VANSのスリッポンを購入しました。
実際に履いてみた感想などを中心に紹介します。
悩み人
悩み人
バンズのスリッポンを実際に履いている人の情報が欲しい・・・。
“購入を検討中の人へ”
  • 率直な感想をお願いします!
  • これは良い評判につながると感じるところは?
  • ぶっちゃけ、買っても損しませんか?

こんなお悩みに回答します。

スニーカーは、とにかく履きやすさとコスパを重視して選んでいるゴウです。

そのため、現在メインで使用している靴はadidasのバルクリーン2ナイキアクアソック360ビルケンのEVAと靴紐を使ったタイプは利用なし。

靴紐って結ぶ手間もありますし、たまに歩いている途中でほどける煩わしさもあり敬遠しております。

そんな僕にピッタリなスニーカーがスリッポンタイプ。

手を使わずサンダル感覚で脱ぎ履きでるのは非常に楽ですね。

そしてブランドは数多くのある中から、バンズ(VANS)をチョイス。

価格も手頃な上、デザインもオシャレ。

10代や20代のストリート中心に利用されていますけど、30代の僕でも全然問題ありません。

本記事では、バンズのクラシックスリッポンの履き心地やサイズ感などのレビュー情報を紹介します。(ちなみにUSA企画)

この記事を読めば、購入を検討する上での有益な参考情報になりますよ。

ちなみに僕が購入時の金額は5千円ちょっと。

スニーカーの中では低価格帯の部類ですので、少しでも興味持ったらトライしてみてください。

バンズ スリッポンとは?

VANSのブランドロゴ

まずは、バンズのスニーカーをご存じない方に向けて。

「知っているよー」って人は読み飛ばしてください。

バンズって書いてますけど、VANSを正確に発音するとヴァンズが正解です。

ヴァンズとはそもそも、ポール・ヴァン・ドーレンが1960年代に創業。

ミドルネームである「ヴァン」に「S」がプラスされた複数形で「ヴァンの仲間たち」というブランド名です。

ちなみに当時、3人のパートナーとカルフォニアでお店をスタートさせています。

今回購入した、スリッポン(SLIP-ON)は70年代に開発され、既に50年近く経過していますが、長く愛されています。

なお、今回購入したカラーはチェック柄。

スリッポンのヒール部分

実はこのチェック柄でブランドの成長に一役買っているそうです。

1982年、「Fast Time At Ridgemont High」でチェッカーボード柄を
ショーン・ペンが履いていたことから世界中の注目を集め、VANS飛躍の転機となったモデル。
この注目を浴びた出来事がきっかけとなり、“チェッカーボード柄”はVANSを象徴するパターンの一つとなった。

出典:ABCマート公式サイト

日本企画とUSA企画の違いは?

VANSのスリッポンの箱

ちなみに日本で販売されているVANSは、安くて店員さんの元気が良いでお馴染みのABCマート商標契約をしており、生産・販売を行なっています。

そのため、同じバンズのスリッポンでも違いがあるんですよ。

簡単に見分ける方法は品番。

日本企画の場合、「V〜」から始まります。

一方、海外企画の場合、「VN〜」で始まります。

私が今回、購入したモデルは「CLASSIC SLIP-ON VN000EYEBWW」です。

気になる形状は、つま先と横幅で多少の違いはあるそうです。

今回、私が両方の企画を購入したわけではないので、明確にはお伝えできないのが残念なところ。

VANSに対して熱いハートをお持ちであれば、やはりブランドの誕生の地である海外モデルを選択するのはあり。

でも、見た目とかそんな変わらないのであれば気にならない人は、日本モデルで十分でしょう。

ちなみに価格はABCマートが大幅な値引きセールとかやったりするので、日本モデルの方がお得です。

しかもABCマートは日本で当然売るわけですから、より日本人の足の形や好みに合わせてデザインをしてくれています。

なお、そんな状況の中で僕があえてUSA企画にこだわったのかというと、「USA企画なんだよ」と周囲に言いたいだけです。

バンズ スリッポン(感想)

VANSスリッポンのソール部分

つづいて実際に購入して実物をもとにしたレビューをポイントに分けてお伝えします。

  • デザイン性
  • 通気性
  • 柔軟性
  • 重さ
  • フィット感

上記の通りです。

1つ1つ解説していきます。

デザイン性

VANSスリッポンの全体

とにかく靴紐(シューレース)やベルクロなど、靴と足を密着させるための機能が削ぎ落とされているのでシンプルでスッキ。

ただし、いわゆるゴム長靴などのように型取りしたようなノッペリした感じではなく、サイドに凹凸があったりして立体感のあるデザインに仕上げられています。

なお、今回はチャッカーボードの色を選択したので、とにかく見た目にインパクトがあります

普段、Tシャツにジーパンという素っ気ない服装なので、足元を少し外してみるというオシャレ上級者のテクにもチャレンジできます。

通気性

VANSスリッポンを横から撮影

スリッポンって、なんだか蒸れそうなイメージありませんか?

シューレースやベロがあったりすると空気が流れる余地ありそうですけど、隙間がないみたいな。

夏の時期に履いてみた感想としては、通常のスニーカーとはあまり変わらない印象ですね。

また厚みのある靴下を履いていると当然、汗をかいてきた際には蒸れちゃいますね。

ちなみに夏に涼しく過ごしたいならナイキのアクアソックがおすすめです。

重さ

歴史のあるモデルなので、もしかしたら重いのではないかと心配だったんですけど、杞憂に終わりました。

デザインがシンプルで無駄なものが付いていないので重くなる要素はないわけで。

ただし、ナイキやアディダスなどが最近リリースしているランニング用のシューズと比べれば重いわけで、つまるところ普通です。

ちなみに2時間くらい連続でスリッポンを履いて歩いてみましたけど、途中で重さを感じて歩くのが辛いと感じることはありませんでした。

サイズ感

VANSスリッポンの上部裏に記載されているサイズ

僕はナイキやアディダスの靴ですと27.0-27.5cmくらいがちょうどいいのですが、VANSの場合は28.0cmを選択。

これで、ちょうど良かったです。(※後述で足の皮がむけたことを書いてます。

つまるところ、0.5cm-1.0cmは大きいものを選んだほうが良いでしょう。

※ABCマートさんでもVANSのシューズの作りは男性の場合小さめなので、0.5cm上のサイズを薦めております。(女性は標準のサイズ通りで良いとのこと。)

なお、靴紐やベロクロがあると自分のさじ加減で調整することが可能ですけど、スリッポンの場合は不可能。

つまり、サイズを間違えてしまうとフィット感を失います。

USA企画を試着できるお店は多くなさそうですが、日本企画で良い方はまずは近くのお店できちんと試しばきをしてくださいね。

バンズ スリッポン(デメリット)

VANSスリッポンの中に記載されているブランドのロゴ

つづいて残念なポイントをいくつか触れておきます。

  • サイズが合わない!?初期段階で足が多少出血
  • 耐久性が良くなさそう・・・
  • メンテナンスで水洗いNG

上記の通り。

順番に解説します。

サイズが合わない!? 初期段階で足が多少の出血

ヴァンズスリッポンのヒールの再度部分

先ほどお伝えしたサイズ感の話ですが、実は履き始めの頃は右足の方だけ多少サイズが合っていませんでした。

靴と足はフィットしていたんですよ。

でも、問題はかかとの分。

歩くたびにシューズの内側が多少かかとの部分に擦れる感じになっていて、気づいたら足の皮がむけていました。

多少の出血あり。

これはもしかすると、自分の歩き方(多少、ガニ股)が影響している可能性もあるかも。

現在は解消されているので、問題なし。

自分の足とスリッポンの形状が多少合わなかったのかもしれませんね。

いずれにしても、サイズ選びは重要です。

耐久性が良くなさそう・・・

まだ履き始めてから数ヶ月の期間しか過ぎておりませんが、ソールの減りが早い印象です。

(現在、履いているアディダスのバルクリーン2と比べてみての感想。)

スケーターも愛用しているということなので、頑丈なイメージあるんですけどね。

表面の素材もキャンバス地なので、レザー素材などと比べても弱いですよね。

今のところ週に数回のペースで履いてみて、1年から2年くらい持てばいいかなと思っています。

メンテナンスで水洗いNG

土日の休みの日などに子供と公園で遊んだり、キャンプや川遊びなどで利用することを想定してましたがまさかの水NG。

理由は、靴の素材を張り合わせるために使用している接着剤が溶けてしまいシミや汚れの原因になる可能性があるとのこと。

これはちょっと辛い。

どれくらい水に弱いのかはわからないのですが、できる限り上品に履かないといけないかもしれません。

でも、昔からやサーファーなどに愛されているぐらいですから、多少の水にかかったぐらいでは大丈夫そうな気もします。

ちなみに汚れが気になった際には、表面部分を多少湿らせた布でふき取る感じでお手入れしています。

バンズ スリッポンのレビュー(まとめ)

VANSスリッポンのヒール部分を横から撮影したもの

本記事では、バンズのクラシックスリッポンの履き心地やサイズ感などのレビュー情報を紹介しました

まだ長い期間履いていないので、耐久性のところが何ともいえませんが、1年以上履いても問題がなければおすすめと言いたいですね。

特に流行に流されることなく、シンプルに履きやすくて動きやすい上に価格もお手頃なところが気に入っています

よろしければ、下記の記事もどうぞ。

通勤におすすめスニーカーなら黒色メンズ向け4選【厳選抽出】

1足は持っておきたい!メンズ向けおすすめベルクロスニーカーを7つ選抜

Amazonギフト券チャージタイプでお得にお買い物

Amazonでお買い物するならギフト券のチャージを利用するとお得。

チャージする度にチャージ金額に応じて最大2.5%分のAmazonポイントが貯まります!

お得なアマゾンギフト券チャージ

チャージするだけでポイントが還元される仕組みなので、必ず買い物する前にチャージしましょう。

利用頻度が少ない人もチャージしたギフト券は発行から有効期限は10年もあるので安心

忘れることがなければチャージ金額が多くても十分使い切れますね。

詳細は公式サイトをご確認ください↓

Amazonギフト券チャージ
公式サイト

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA