リモートワーク

リモートワークはサボるの可能?【将来、在宅勤務は監視されるかも】

自宅でリモートワーク中に仕事をサボってゲームをするサラリーマン
ゴウ
ゴウ
リモートワーク歴2年以上を経験しているゴウです。
悩み人
悩み人
リモートワークって自宅だから自由に好きなことをやっていても誰も注意する人がいないはず・・・でも実際、みんな真面目に仕事しているのかな・・・。
リモートワークをこれから始める人
  • リモートワークって上司や会社から監視されているの?
  • 自宅で作業するなら何をしていてもバレない?
  • リモートワークって、どのように会社から評価されるの?

こんなお悩みに回答します。

リモートワーク中に仕事をサボるの可能です

過去、僕も恥ずかしながら仕事に集中できないときがありました。

ネットサーフィンや部屋が散らかっているのが気になって、つい掃除をしてしまったり。

コメントくん
コメントくん
受験勉強に身が入らない高校生と同じですね。

でも、実はサボれるのは何も自宅だけでは限りません。

僕の場合、勤め先であるIT系企業での職場でも、仕事中にサボろうと思えばサボれます

実際、社内でもチラホラ仕事以外のことをしているサボり魔を見かけます・・・。

困ったくん
困ったくん
そこは注意するところでしょう・・・。

つまるところ、環境に関係なく仕事をするかしないか本人のやる気しだいですね。

なお、サボれるのはラッキーと最初は思うかもしれません。

でも永続的にサボり続けたまま給料もらうことは不可能ですし、プラスになることはありません。

ゴウ
ゴウ
まあ、倫理的にもどうなのって話でもありますよ、はい。

サボればサボるほど、どんどん会社の中で成果をあげることができず、評価は下がるだけ。

今回はリモートワークでサボった時の状況や今後、自分の評価に受ける影響などについて解説します。

僕が実際にリモートワークの体験した内容はリモートワークの体験談【自宅でのんびり仕事】」にまとめておりますので、合わせて読んでみてください。

リモートワークはサボるの可能?(社内と自宅の比較)

社内と自宅を比較すると、圧倒的にサボれるのは自宅です。(当たり前ですね)

なぜならリモートワークであれば、他人の目を気にする必要がないから

基本的にオフィス内ですと上司や同僚など、他人の目が行き届いた状態。

そのため仕事をするため、常に監視されているような状況です。

コソコソとサボろうと思ったところで、背後に上司が急に立つことや、話しかけられる可能性もあります。

また周囲が仕事をしている状況に身を置くことで緊張感も生まれるので、サボろうとする気持ちも湧いて来ないはず。

一方、リモートワークの場合は違います。

極端なことを言えば寝起きのパジャマ姿のまま仕事をしていてもOK。

誰も文句も言いません。(むしろ、言わせません!)

当然ですけど、上司や同僚からは直接話しかけられるのは不可能なので、他人の目を気にする必要もありません。

仮に連絡があってもパソコンの画面を通じてチャットツールか電話での会話。

視覚的に自分の状態は相手が把握することは不可能に近いです。

(唯一、ビデオチャットぐらいですかね。)

僕の場合、リモートで仕事をする日は家族も外出しているので自宅には日中一人。

そのため、緊張感もなくて、むしろ家の至る所にサボることを誘発させるアイテムが数多く配置されています。(テレビやゲーム機、漫画に本などなど)

つまるところ、リモートワークで仕事をする際には、本人の自主性が大きく影響していると言って良いでしょう。

リモートワークはサボるの可能?(企業が打ち出した対策)

一方、企業では従業員に対して、しっかりとリモートワークでも強制的に仕事をさせるような動きが出てきています。

「太陽と北風」の童話でいうところの「北風」的な対応といったところでしょうか。

キヤノンITS、在宅勤務者をカメラで監視(日経新聞)

簡単に概要を説明しますね。

ノートパソコンに設置されたカメラで社員が在席しているのか、または離席しているのかを判断し、監視を行うものです。

常に監視員が相手を見ているわけではありません。

でも、録画しているだけでも相当な抑止力になりますね。

ゴウ
ゴウ
いやあ、まったく社員のことを信用していないですね。
なんだか切ない。

やる気のある社員からすれば、会社に対しての不信感から転職してしまう人もいるでしょう。

ほんの一部のサボる社員を取り締まるために、多数の真面目な社員たちの信用を失う可能性だってありえます

また、こんなカメラで監視されてしまうと、逆に自宅のプライバシーも全て会社に筒抜けになってしまい怖いところ。

これならリモートワークをせずに出社した方がよっぽどマシかもしれません。

結局のところ、経営者が社員に対して全幅の信頼を寄せることができるのかが大切です。

社員を信用できなければ、リモートワークは廃止したほうがいいですね。

リモートワークはサボるの可能?(今後は成果を求められる時代に)

リモートワークが今後、浸透していく中で求められるようになるのは、ずばり仕事の成果ですね

極端なことを言えば、サボっていたとしても自分の役割としての結果を出していれば、給料を受け取ることは問題ないとはるはずです。(倫理的なところは置いといて。)

一方で、真面目に働き、しかも残業していても、結果が伴わない人は期待できるような給与は受け取れず、むしろ評価されなくなってしまう可能性があります

なぜなら、数十年前の日本の経済成長が著しい時代はすでに終了。

企業は厳しい時代を生き残っていくために、真面目に働く人よりも、サボっていても仕事の成果を出せる人の方を必要とするようになるからです。

つまり、定年までの長い期間、ひたすら与えられた業務を続けるような人材は求められていなくなってきています。

事実、トヨタのような大企業でさえ終身雇用が難しくなったと発言しています。

言い換えれば、仕事の成果が出せない人間をいつまでも雇い続けるほど余裕がないってことですね。

コメントさん
コメントさん
最近だと、早期退職を募る企業が増えてきてますよね。

柔軟な働き方ができるリモートワークって確かに便利。

でも、そのトレードオフとして、企業からは仕事としての成果を求められるようになることは認識しておきたいところ

つまり、会社からちゃんと評価されて給与を受け取っていくためには、サボっている暇はありません

リモートワークをしていて辛いと思った場合の対策はこちらにまとめています。

リモートワークが辛い【問題点とおすすめの対策を解説】をどうぞ。

リモートワークはサボるの可能?(部下をマネジメントした経験談)

個々の仕事の成果の集合体がチームとしての成果になるわけで、それをマネジメントする上司の立場は重要

一人がサボってしまうことで、チーム全体のパフォーマンス低下に繋がる可能性があります。

一応、こんな僕でも複数の部下がいる立場として、リモートワークをしている社員のマネジメントをした際の経験談を紹介します。

今は5人しか部下はいないので、一人一人の個々の仕事の内容をできるだけ細かく把握するようにしています。

具体的な把握方法は会社で導入している「asana」というプロジェクト管理ツールを使っています。

まず各社員が自分のやるべきタスクを細かい粒度で登録して、かつスケジュールも設定してもらいます。

そして、1日の業務が終了するタイミングでタスクの消化状況や、翌日以降の予定を共有してもらいます。

また仕事の成果物(例えば、営業資料や調査レポートなど)は提出してもらうことで、こちらでレビューをしてフィードバックを行うようにしています。

部下の能力にもよりますが、成果物を作成するために要した時間と内容を確認すれば、リモートワーク中にしっかりと仕事をしていたのかは把握できます

また上記と合わせて、リモートワーク中にまったく会話がない状態を避けるため、数分程度の間電話で会話をしたりするなどのコミュニケーションを取るようにしています。

リモートワークはサボるの可能?(まとめ)

  • 仕事はリモートワークに限らず、社内でもサボるのは可能
  • リモートワークは他人の目を気にすることなく、自由にサボれる
  • 企業もリモートワークでのサボり防止のため、監視対策などを始めている
  • 今後は真面目や不真面目に関係なく、仕事の成果を求められる時代になりそう
  • リモートワークの部下をマネジメントするにはタスクとスケジュールを明確に

リモートワークでサボった時の状況や今後、自分の評価に受ける影響などについて紹介しました。

今は仮にサボることが可能であったとしても、今後の将来を考えると、サボっていて良いことは1つもありません

サボった結果、無駄に残業する時間を増やしてしまっては、会社からの評価も期待できず(仕事できないと思われる)、プライベートな時間も失ってしまいますから。

リモートワークでは効率的に仕事を進めながら定時でしっかりと仕事を終えるようにして、オフの時間を有効に利用したいものです。

リモートワークの生産性をあげるためのグッズをまとめてみました。

リモートワークについて興味がある人は、「リモートワーク初心者向けマップ【さらば満員電車や職場の鬱陶しい人間関係】」のまとめページをご覧ください。

リモートワークの求人案件に興味があるなら【クラウドテック】をチェック!

リモートワークという新しい働き方に興味のある人は、まずはどんな求人内容があるのかチェックしてみてください。

クラウドテックは単なる求人情報サイトではなく、自分のこれまでのキャリアやスキルなどを最大限活かせるように専任のアドバイザーが徹底サポートしてくれます。

いきなり転職しようという考え方をするのではなく、まずは求人情報やアドバイザーからの助言をもらってみて検討したり、可能性を探るとこから始めるといいですよ。

サポーターが徹底支援。キャリアサポートサービスの「クラウドテック」
クラウドテック
実際にリアルな内容を見て「ハードル高そう・・・」と思えば、別の道を探すのも手です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA