ライフ

無駄遣いで後悔しないための対処法は2つです【使いすぎ注意です】

簡単に節約するための2つのシンプルなルール
悩み人
悩み人
家の中が物だらけ。正直、無駄な物をしてしまっている気がする・・・でも、徹底したルールを決めて節約するのは苦手。シンプルで簡単に節約ができる方法っていないかな・・・

無駄遣いがやめられない人

  • 買い物してから後悔することが多い・・・
  • 購入しても利用頻度が少ないまま放置
  • 簡単に節約できる方法ってないの?

こんな悩みを持っている人へ回答します。

絶賛、早借金返済に向けて倹約生活をしているゴウです。

20代は子供のように財布に入ってるお金の分だけ使ってしまうような始末。

ゴウ
ゴウ
いつも給料日前はひもじい生活を強いられておりました・・・。

でも、今は立派な大人(おっさん?)ですから、しっかりと節度を持ってお金を使っています。

本記事では、無駄遣いで後悔しないために簡単できる対処法を紹介します。

実践した結果、1年間でなんと10万以上の支出を減らすことに成功しました

ゴウ
ゴウ
10万だと家族3人であれば沖縄旅行へいけちゃう金額ですよ、奥さん!

ちなみに不要品の買い取りサービスを利用して逆にお金を増やすこともできましたよ

結論を先にお伝えると、対処法は以下の通り。

  • 買い物する前に、本当に必要なのかじっくり考える
  • 買わずにレンタルサービスを利用する

1つ1つ順番に解説します。

これまで無駄な買い物で痛い目にあってきた人は、この機会にシンプルな節約ルールを実践することで、お金を有効活用できる達人になっちゃいましょう!

無駄遣いで後悔しないための対処法(慎重に検討)

つい買いたくなってしまう展示された商品

ルール1つ目。

まずは自分が欲しいと思う物が本当に必要な物なのかをよ〜く考えてから買い物しましょう

これだけ。

当たり前の話ですが、買って後悔する物とは、自分にとって不要な物だったということです。

不要な物ほど無駄遣いはありませんよね。

つまり、必要であるのか否かを見極めるのがポイントですが、瞬時に判断することは難しい。

だから衝動的に買い物するのはNGなわけです

困ったさん
困ったさん
わかっちゃいるけど、止められない・・・

過去の失敗談

僕も振り返れば、過去には無駄な買い物のオンパレード。

ここは恥を忍んで、失敗談の一部を紹介します。

ゴウ
ゴウ
無駄な買い物していなかったら、今頃高級車の一台は買えていたかも・・・後悔ですね。
  • 衝動買いしたアメコミのフィギュア→ 今は会社の机でホコリをかぶってます。
  • 大幅な値引きで購入したカシミアのマフラー→ 首がむずがゆくて長時間巻いてられない。
  • 友人から勧められて買ったトートバック→ 本当はビジネスもカジュアルも普段からリュック派

いやー本当にお恥ずかしい。

いずれも以前から欲しいと思って探し回っていた要素はゼロ。

直前にフッと湧いた物欲とその場の雰囲気に押されて購入したものばかり。

きっとレジでお金の支払いを行ってる最中が、買って良かったと満足しているピークだと思います。

当然、購入した直後はその物欲を満たせても、数日経てば興味をなくし、やがて放置されます。

ゴウ
ゴウ
後日、購入した物を目にする度にやっちまっという後悔がこみ上げてくる感じ。

ルール通りに買い物できるようにするコツ

無駄遣いで失敗しないためには、本当に必要な物なのか冷静になって考えなければなりません。

店先で欲しいと思う商品があった場合、即決するのはNG。

あえて店を出て、少し冷静になって答えを出すのがおすすめです。

金額的に数百円レベルのものを数分〜1時間とかかけて悩むのは阿呆らしいです。

でも数千・数万もするような商品であれば、やはり慎重に選ぶべきです。

1つの商品を買うか否かで悩むのが面倒だと思う場合は買わないのが正解。

なぜなら、時間をかけても悩んでしまうのは微妙な商品だということです。

ゴウ
ゴウ
よく考えてから購入することで、その商品対する満足度も大きくなりますし、その商品を大事にしようという愛着も不思議に湧いてきますよ。

【注意】プライスレスという名の例外

一方、本来の実用性ではない価値がある場合もあります。

思い出の記念になったり、その時の気分を盛り上げてくれるのに一役買ってくれるアイテム。

例えば、旅行へ行った際に偶然であった置物のお土産(沖縄のシーサー人形など)。

友人とディズニーランドへ行った際にお揃いで購入した仮装グッズ(ミッキーの耳のカチューシャとかね)などです。

こういった付加価値のあるは熟考しないで、その時の勢いや気分で購入するのはありです。

某カードで言うところのプライスレス。

僕の場合は家族旅行で行った際に、奥さんや子供が記念品として欲しいと思うものはケチケチしないように心がけています。

無駄遣いで後悔しないための対処法(借りて済ませる)

乗る回数が少ないならレンタサイクルで十分

最近は車や洋服など、これまで購入(所有)するのが当然だった物がレンタルできるようになってきましたよね。

シェアリングエコノミーの時代。

つまり無駄遣いで後悔しないためには、レンタルという手段も有効です

商品やサービスによりますが、利用する頻度が多いほど所有したほうがお得な傾向にあると思います。

この利用頻度という物差しに当てはめて、物を購入するか否かを判断するのが2つ目のルール

せっかく購入した物も1度も使わないまま放置されてしまってはお金をドブに捨てるのと同じですよね

自宅の押し入れや物置にしまっている物って、この傾向が強いですね。

コメントくん
コメントくん
日常生活で隠されて見えない物って、ほんと存在価値を意識するのが一気に薄らぎますね。

そのため、購入する際に対象となる物を自分がどれくらいの頻度利用するのかを想像し、一回あたりの利用料を算出してみるといいですよ

車を例にあげてみましょう。

仮に本体200万の車を購入

毎週の週末のいずれか1日だけ確実に車を利用するとした場合

年間で車を利用する回数は約50回

車を4年間利用した場合の1回あたりの利用料は利用回数200回(年間50回×4年)÷200万(車の購入代金)なので、ちょうど1万円。

ちなみに、これは車の本体代だけの話。

毎年かかる税金や車検代や保険代、毎月発生する駐車場代に、利用する度に発生するガソリン代を諸々プラスすると恐ろしい金額になりますね。

ゴウ
ゴウ
ローン組んで乗っている人が眩しく見えます。
コメントさん
コメントさん
なかなか購入のタイミングでランニング費用をシミュレーションできる人は少ないかもしれないわ。

この利用料を安いとみるか高いとみるか人それぞれ。

私の場合、車は所有よりも必要な時にレンタカーを利用すれば良いと考えてます。

もちろん、車が趣味といった方々は例外。

ゴウ
ゴウ
そこはプライスレス。利用頻度に関係なく納得のいくものを購入するべきですね。

【実例】買わずにレンタルしたもの

最近、我が家で上記の利用料を算出した上で、購入はせずに借りたのはこちら。

あえて購入せずレンタルした物

  • キャンプグッズ(テントと寝袋とBBQグッズ)
  • 旅行で利用するキャリーケース
  • 自転車

キャンプグッズや旅行で使うキャリーケースは年に数えるほどしか使わないですよね。

しかも、かさばるために場所も取られますし。

レンタルだと自分の期待するスペックやデザインでないケースや繁忙期は先約があって借りられないリスクなど欠点はあります

でも、利用頻度を踏まえるとそのあたりは妥協しつつ、早めの予約を心がけるってことで解消できる点かなと思います。

自転車は利用する頻度を踏まえると若干微妙なのですが、年間で一定の時期は雨や雪によって乗ることができない期間があります。

コメントさん
コメントさん
東北とか北海道とか雪の多い時期は、自転車に乗る機会って半年もないんじゃないかしら。

自宅周辺には乗り捨て可能なタイプのレンタルサイクルが充実しているので、こちらも購入は見送ることにしました。

無駄遣いで後悔しないための対処法(まとめ)

本記事では、無駄遣いで後悔しないために簡単な2つの対処法を紹介しました。

ポイントをまとめると以下の通り。

  • 物を購入する際には、勢いや気分だけで決めない
  • 一定の時間をかけて本当に必要なのか慎重に検討
  • 思い出やその場の気分を盛り上げてくれるようなプライスレスなものは例外
  • 利用頻度の低いものはレンタルを利用する
  • 物によっては必要な時に借りれないケースがあるので注意すること

よく1円でも安く〇〇を購入する方法とか、セールを利用してお得に購入するといった方法が紹介されてます。

でも、結局どんなに安く物を買えたとしても、その物自体が不要であれば意味がありません

近年、キャッシュレス化が進みオンライン決済サービスが大盤振る舞いのキャンペーンを展開していて誘惑も多くあります。

ですが、キャッシュバックが目的にならないよう冷静に必要なものだけを購入したいところです。

セールやキャンペーンを知ってから欲しい物を探すのではなく、欲しい物を予めリストアップしておいて、セールやキャンペーン開催時に取り扱っているのかを確認するのがいいですよ。

節約は大事だけど、収入を少しでも増やしたい人は楽天銀行 現金プレゼントのレビュー。受け取り金額や入金時期など徹底解説もご一緒にどうぞ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA