転職

仕事を続けるつもりの人が将来を考えてやるべき1つのこと

定年という頂上まで1本の道で山登り(仕事を続ける)サラリーマン
悩み人
悩み人
今の会社に対しての不満もないし、それなりの給料をもらっています。
だから、このまま定年まで働こうと思っています。
でも、もし何か起こった時の対策ってしておいたほうがいいですか?

こんな悩みにお答えします。

  • 従業員が1,000人を超えるような規模の会社で業績も安定
  • 福利厚生なども充実していて離職率も低い
  • 会社の人間関係での悩みもない
  • 割とホワイトだと思うし、給料もそれなり

上記のような条件に当てはまるような人であれば仕事に対する不満などないはず。

だから定年まで今の会社に勤めようと思う人は多いのではないでしょうか。

でも、もしかしたら数年後には・・・下記のようなことで転職を考えるかもしれません。

  • 会社の業績が急激に悪化して、リストラの対象に
  • 相性の悪い上司や部下と一緒に働くことになって精神的にきつい
  • 今よりも、もっと自分が輝いたり、楽しい・面白いと仕事が実は存在する

事実、僕は上記の3つと似たような経験があります。

リストラというより、会社が倒産でしたけどw

ちなみに30代の後半までに3度の転職を経験しています。

結論を先にお伝えすると、今の仕事を続けるつもりであったとしても、常に求人(転職)市場をウォッチしておくのがオススメ

具体的には転職サイトに登録して、メールなどで毎週のように必要な情報を吸収すればOKなので簡単です

本記事では、今の仕事に満足しているから続けるつもりの会社員に向けて、いざとなった時の保険として転職サイトへ登録しておくメリットを紹介します。

この記事を読んで、転職サイトなんて全く自分には疎遠だと思っていたあなたも自分の将来を見据えてやっておくべき1つの行動と捉えてくれると嬉しいです。

定番の転職サイト リクナビNEXT
国内最大級の求人サイ DODA
自分の市場価値をデータ分析 ミイダス

仕事をつづけるつもりでも転職サイトへ登録すべき6つの理由

仕事を続けるつもりだけど転職サイトへ登録している会社員

転職サイトって、転職する人が利用するだけのイメージですよね。

でも実は転職する予定がない人にも視点を変えればメリットが色々あります

  • 世の中の景気の動向が色濃く反映されている
  • 新しいカタチの職業などを知ることができる
  • 様々な企業の文化や福利厚生などを真似できる
  • 今の自分のキャリアに対する評価を客観的に知れる
  • 今の会社に対する満足度を確認できる
  • 歳を重ねていく中で興味のある仕事や企業に出会える可能性がある

上記の通りです。

順番に解説します。

世の中の景気の動向が色濃く反映されている(営業や協業に活かせる)

求人情報は景気に敏感な1つの指標です。

そのため、政府が発表する数値や株式などに比較しても、より世間に近い範囲での景気の良し悪しが分かる情報だと言って良いですね。

特に中小企業などで求人に関する案件が出てこなくなると景気が悪くなっている可能性が高いです。

また、出版業界など、本や雑誌が売れなくなった市場などでは、求人募集している企業が少なかったりしますね。

一方、エンジニアなどのIT系の職種に関しては募集している企業が多く、ますますIT化が促進されていくこともわかったりします。

なお、基本的に求人募集をしている企業は人手が足りないくらい売上が伸びている可能性が高いです

そのため、自分が転職するつもりはなくても、営業や協業先の候補として検討するのも一つの方法です

僕が勤めている会社でも求人情報を掲載していると、転職エージェントなどが営業の電話をかけてきたりしてますね。

中には求人情報の中に具体的な新規事業の内容や売上など、企業が公式ページでは公開していないようなお宝情報が眠っている可能性もあります

新しいカタチの職業などを知ることができる(自分のキャリア形成に役立つ)

以前はSNSマーケターやUXデザイナー、はたまたドローンパイロットなんて聞いたことのないような職業も、今は当たり前になりつつあります。

つまり常に新しいサービスや技術、プロダクトなどが登場するたびに、これまでになかった仕事も合わせて登場してきます

そのような新しいカタチの仕事は転職サイトの求人情報を参考にするのがおすすめ

企業がお金を払ってでも雇いたと思っている職業ということは、新しい仕事でも需要は十分にあるということですね。

仮に転職しなかったとしても、自分のこれからのキャリア形成を考えた際に、これらの求人情報を参考にしながらスキルアップを図るのも1つの方法です。

様々な企業の文化や福利厚生などを真似できる(人事や労務に提案)

他の企業の良い文化や福利厚生などが手厚いところは、どんどん真似して自分の企業がより働きやすくなったらハッピーですよね。

転職サイトに掲載されている求人情報には必ずと言って良いほど企業の文化や福利厚生などもセットで紹介されています

会社の魅力をこれでもかとアピールしているので、情報収拾するのに最適です。

ちなみに僕の会社でも離職率を減らすために他の会社がやっている福利厚生を真似したりしています。

仮に人事や労務担当者など直接制度を作る側の人間ではなくても、自分が採用して欲しい内容を見つけたら提案してみるのはありだと思います。

今の自分のキャリアに対する評価を客観的に知れる

自分がこれまで社会人と積んできた経験(キャリア)が世間的に適正な評価なのかを知ることができます。

もし今の自分のやっている仕事を別の企業でやれば、年収が数百万ぐらい違うと知ってしまうとショックじゃないですか?

一方、実は今の会社が他社よりも多く給料を支払ってくれるとわかれば、逆にラッキーと思うかもしれません。

なお、求人情報は書かれている条件や年収などは、結構金額に開きがあったりします。(当たり前ですけど求人に応募してくる人によって支払える給料が変わってくるため。)

正確な評価を求める場合には市場やキャリ形成にも詳しいエージェントを活用するのがおすすめです。

僕も以前、転職を検討した際にエージェントの方と面談しましたが、色々と有益な情報をもらうことができましたよ。

転職未経験ならエージェントを活用して自己分析しよう

今の会社に対する満足度を確認できる

特定の会社に長い期間勤めていると、会社で常識だと思っていることが世間では非常識であるようなことも出てきます。

入社した頃、「なんて良い会社なんだ・・・」と実感した感覚が果たして間違っていないかを定期的にチェックすべしです。

とはいえ、流石に別の会社へ転職して、今の会社が本当に良い環境と呼べるのかを確かめるのは難しい・・・。

そのため、先ほどもお伝えした給料としての評価や企業文化なども含めて、他の求人情報と比較してみて想像するのが簡単です

隣の芝生は青く見えると言いますが、もし自分が会社や条件に対して疑問や不満を持つようであれば、少し自分の将来の方向の軌道修正を考えて良いかもしれません

歳を重ねていく中で興味のある仕事や企業に出会える可能性がある

今の会社で定年まで働こうと思うことは決して間違いではありません

でも、年齢が上がるにつれて自分の取り巻く環境も変化し、情熱を持ってやっていた仕事にも興味を持てなくなる可能性は否定できません

特に今は人生100年時代と呼ばれてますから、同じ企業で長期間働くのは少数派になってきて、転職するのが当たり前になるかもしません。

というのも、トヨタをはじめとして大企業が終身雇用は難しいと言いはじめてますから

そのため、定期的に求人情報を眺めておくことで、新しいことにチャレンジするためのキッカケ作りを自ら準備しておくのが良いでしょう

定番の転職サイト リクナビNEXT
国内最大級の求人サイト DODA
自分の市場価値をデータ分析 ミイダス

仕事をつづけるつもりでも転職サイトへ登録した時のデメリット

転職するつもりはないけど転職サイトへ登録したら大量にスカウトのメールを受け取るようになったサラリーマン

正直、登録サイトへ登録することで不利益になるようなことってないと思いますが、あえて書くと下記の通り。

  • 無駄なスカウトメールなどで、時間が取られる
  • 会社で他人に見られた際に転職を疑われる可能性あり

1つ1つ紹介します。

無駄なスカウトメールなどで、時間が取られる

転職サイトの中には、自らの経歴などの登録をしておくとスカウトメールが送られてきます。

※自分の名前や住んでいる場所など、個人が特定できるような情報は含まれません。

ある意味、自分のキャリアに対する評価指標として1つの目安になるので、受け取って悪い気はしません。

でも、企業の中にはとにかく無作為に声をかけている場合や、全然関係のない業界などからスカウトを受ける場合があります。

ちなみに僕はタクシー会社から運転手として働かないかというお誘いを受けました・・・。

つまるところ、自分にとって不要なスカウトは無駄に時間が取られるだけ。

そのため、転職などを直近で行う予定などがない場合には、スカウト機能の利用は避けましょう

会社で他人に見られた際に転職を疑われる可能性あり

転職サイトを会社で眺めているのを同僚や上司に見られたら大変です。

近々会社を退職するのではないかという誤解が生まれますね。

ほぼ間違いなしです。

普段は冷たい態度の上司などが急に優しくなって働きやすくなったりすればいいですけど、急に呼び出されて面談とかになったら面倒な話。

そのため、会社にいる時には転職サイトを見るようなことは避けたほうが無難です

仕事を続けるつもりの人がやるべきこと(まとめ)

本記事では、今の仕事に満足しているから続けるつもりの会社員に向けて、いざとなった時の保険として転職サイトへ登録しておくメリットとデメリットを紹介しました。

勤めている会社も自分も時代の中で日々変化していくもの

ただ今の会社に身をまかせるのではなく、自分の人生を客観的に見つめ直すためにも求人情報に登録して、市場の状況を確認したり、時には専門家であるエージェントと対話することも重要なことです

定期的に自分のキャリアについて検討する機会を作るようにしましょう。

定番の転職サイト リクナビNEXT
国内最大級の求人サイト DODA
自分の市場価値をデータ分析 ミイダス

リモートワークの求人案件に興味があるなら【クラウドテック】をチェック!

リモートワークという新しい働き方に興味のある人は、まずはどんな求人内容があるのかチェックしてみてください。

クラウドテックは単なる求人情報サイトではなく、自分のこれまでのキャリアやスキルなどを最大限活かせるように専任のアドバイザーが徹底サポートしてくれます。

いきなり転職しようという考え方をするのではなく、まずは求人情報やアドバイザーからの助言をもらってみて検討したり、可能性を探るとこから始めるといいですよ。

サポーターが徹底支援。キャリアサポートサービスの「クラウドテック」
クラウドテック
実際にリアルな内容を見て「ハードル高そう・・・」と思えば、別の道を探すのも手です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA