リモートワーク

リモートワーク初心者向けマップ【さらば満員電車や職場の鬱陶しい人間関係】

自宅で仕事をしているサラリーマン

リモートワークの基本情報から在宅中の快適な過ごし方までをまとめました。

「リモートワークって何?」「リモートワークで働いてみたい」など、リモートワークのことを知りたい初心者向けのまとめページです。

このページに書いてある各記事を読んでいただければ、リモートワークで働くイメージを掴みつつ、メリットやデメリットを理解できますよ。

働き方改革やIT技術の進化により今後ますますリモートワークで働く人が増えることが予想されていますが、急に在宅勤務を始めのは正直辛いと思います。

事実、僕は既にリモートワークの働く経験を数年経験していますが、最初の3ヶ月くらいは戸惑うことが多かったです。

特にコミュニケーションの方法は注意が必要です。

このページを読んでもらい、リモートワークに関する知識が増えて、不安などが解消してくれると嬉しいです。

そもそもリモートワークの定義って何?

「在宅勤務」「テレワーク」「リモートワーク 」など、会社以外の場所で働く呼び名が色々あります。

「どうせ同じ意味なんでしょ」と思われている人もいますが、実は異なります。

まずは、定義について知ることから始めましょう。

会社や自宅、カフェで仕事をする在宅勤務の言い方は他にある?テレワークの表現でも問題ないか解説

リモートワークをやってみて、ぶっちゃけどうなの?感想を教えて。

ぶっちゃけ、この記事を読んでもらえばリモートワークの全体像をつかむことが可能です。

会社がどういった経緯でリモートワークを導入したのか、僕が感じたメリットやデメリットなどを網羅しています。

自宅で作業をする机リモートワークの体験談【在宅勤務は家族に優しく、のんびり仕事】

リモートワークだと、よく聞かれるのが「サボれますか?」の質問。

この疑問についても、正直にお答えしております。

確かに会社で勤務していると上司や同僚の目が常にありますけど、リモートワークだと監視されるようなことはありませんからね。

自宅でリモートワーク中に仕事をサボってゲームをするサラリーマンリモートワークはサボるの可能?【将来、在宅勤務は監視されるかも】

リモートワークって自由だし、自分の仕事に集中できるから良さそう・・・ってイメージを持たれている人が多いかもしれません。

僕もリモートワークのメリットをたくさん感じていますが、一方で辛いと感じる時もあります。

特に気になるデメリットについて深掘りしてみました。

リモートワークには欠かせないパソコンと飲み物とデスクリモートワークが辛い【問題点とおすすめの対策を解説】

リモートワークを快適に過ごすための方法

リモートワークは満員電車などで体力を奪われるようなこともなく、自宅で優雅に仕事ができるので、あまり疲れない・・・というのは間違い。

在宅勤務でも仕事なわけですから当然疲れます。

ここでは仕事のパフォーマンスを向上させるために、仕事の合間などに簡単にできるリラックス方法を紹介します。

仕事中に休憩のためベランダでくつろぐ男性リモートワークで疲れた人がリラックスする方法【パフォーマンス回復】

もう1つ、仕事のパフォーマンスを向上させるためのテクニックとして、リモートワークにおすすめのグッズを紹介します。

意外と会社にはあるけど、自宅にはなくて困るものがあるかも!?

ちなみに僕は自宅にPCで作業するための机すら持ってませんでした・・・。

リモートワーク に必要な物が整えられた自宅の部屋在宅勤務のおすすめグッズを紹介【生産性アップでリモートワークも快適】

リモートワークに慣れた人におすすめ

リモートワークを実際にはじめて、会社で勤務しているよりも高いパフォーマンスが発揮できている人に向けの記事がこちら。

世の中、クラウドソーシングなどにより自宅にいながら出来る仕事が増えています。

リモートワークの次のステップとして副業を始めるのも検討してみてはいかがでしょうか。

逆に言えば、PC1台で副業にチャレンジしてみたい人は、リモートワークができる会社へ転職するのを検討してみるのもありですね。

リモートワークで仕事をしてい最中リモートワークをしている人に自宅で副業をすすめる3つの理由

リモートワークの求人案件に興味があるなら【クラウドテック】をチェック!

リモートワークという新しい働き方に興味のある人は、まずはどんな求人内容があるのかチェックしてみてください。

クラウドテックは単なる求人情報サイトではなく、自分のこれまでのキャリアやスキルなどを最大限活かせるように専任のアドバイザーが徹底サポートしてくれます。

いきなり転職しようという考え方をするのではなく、まずは求人情報やアドバイザーからの助言をもらってみて検討したり、可能性を探るとこから始めるといいですよ。

サポーターが徹底支援。キャリアサポートサービスの「クラウドテック」
クラウドテック
実際にリアルな内容を見て「ハードル高そう・・・」と思えば、別の道を探すのも手です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA