リモートワーク

リモートワークをしている人に自宅で副業をすすめる3つの理由

リモートワークで仕事をしてい最中
ゴウ
ゴウ
週1でリモートワークを2年やりつつ、副業もスタートさせたゴウです。
悩み人
悩み人
最近、会社でリモートワーク制度が導入されたんだけど、リモートワークで仕事ができるなら、自宅で副業にもチャレンジしてみようかな・・・
本業でリモートワークやっている
  • 簡単に副業も始められるって本当?
  • そもそも自宅で可能な副業って何?
  • 副業を始める際に必要な準備は?

こんなお悩みにお答えします。

私は本業で平日働きつつ、夜の時間を活用してブログ運営を行なったり、週末の時間を利用して不動産の大家など複数の副業を行なっています。

今、サラリーマンやりつつ副業ができているのはリモートワークのおかげ。

なぜなら副業に必要な環境を整備したりや仕事の進め方を学ぶ事ができたから。

リモートワークに慣れているなら、自宅作業で可能な副業はスムーズにスタートできます。

昔は、副業しようにも色々と準備のための時間が必要だったわけですが、今はインターネットのおかげで、大きな負担はありません。

ゴウ
ゴウ
必要なのは、副業にチャレンジしてみたいという気持ち。

今回は既にサラリーマンの本業でリモートワークをしている人に向けて、自宅で副業をおすすめする理由をお伝えします。

本業でのリモートワーク経験が活かせるとわかれば、新しい収入源やスキルアップの期待できる副業を自信を持ってスタートできます。

リモートワークをしている人に自宅で副業をすすめる理由(副業をするメリット)

副業で得た外貨

お金を稼ぐことができて仕事の幅も広がります。

終身雇用制度も消えつつあり、年金制度も崩壊しつつある中で、100年時代を生きていくためにお金が必要なのは釈迦に説法ですね。

副業であれば、今の本業としての収入と、さらにプラスで収入を確保が可能です

なかなか今サラリーマンの昇給が厳しい人にとっては、昇給のために残業しているくらいだったら、副業を始めたほうがよっぽど手取りが増える可能性があります。

しかも、副業をすることによって、本業の収入が厳しくなった際のリスクヘッジにもなります

私は副業をスタートしてから2年以上が経過。

そもそも副業を始めようと思ったのは、脱サラしたいと思っているからです。(まだ脱サラの達成はしていません。)

サラリーマンって、確かに安定した給料を受け取れます。

しかも病気や怪我になった場合、手厚い支援を受け取れるのでフリーランスと比べて恵まれています。

ただ一方で、サラリーマンは辛いと感じることが多々あります。

いくつか例にあげると、こんな感じ。

サラリーマンが辛いと感じるポイント

  • 通勤時の満員電車
  • 上司への忖度、部下からの突き上げなどをはじめとした人間関係
  • ハードルの高すぎる目標設定や、取引先からの強引な要求
  • 上らない給料

僕の場合、恵まれた待遇よりも辛さの方が上回ってしまい、このまま定年までサラリーマンでいるのは堪え難いと思ったわけです。

もしかしたら働いている職場(環境)が自分に合っていないのが原因かもしれないと思って転職もしてみました。

合計4社で働いてみた感想としては、サラリーマンとしての苦しさはどこも同じ。

やはり脱サラしなければ、この問題を解消できないという結論に至りました。

でも家族がいて、潤沢な貯金もない身では簡単にサラリーマンを辞めるという選択肢はありません。

独立して何か新しいことにチャレンジするには、ちょっとリスクが高すぎます。(成功する保証もない。)

そこで新たに始めたのが副業。

ゴウ
ゴウ
正直、まだまだ脱サラまでの道は遠いです。

副業であれば、サラリーマンとして安定した収入を確保しつつ、個人で稼ぐことにチャレンジできます。

もし副業に失敗したとしても、家族を路頭に迷わすようなこともありません。

最初は本業と副業のダブルワークで負担は大きくなるかもしれませんが、慣れてしまえば会社で残業するよりも稼げます。

うまくいけば副業の収入が本業を上回って、脱サラなんてこともできるかもしれません。

リモートワークをしている人に自宅で副業をすすめる理由(具体的な3つの理由)

副業で使うパソコンとスマホ
質問くん
質問くん
なぜ、本業でリモートワークをしている人には自宅で副業がおすすめなの?

いくつかの理由があるので、1つずつ解説していきます。

【大前提】ネット完結型の副業が豊富

大前提として、今は自宅で作業可能な副業がたくさんあります

ゴウ
ゴウ
その数はどんどん増えています。

少し昔なら仕事をするなら職場へ行くのが当たり前の世の中でしたけど、インターネットのおかげでネット完結型の仕事ができるようになったわけです。

例えば、私が実際に取り組んでいるブログやネットショップなど個人が一人で運営できるサービス。

しかも自分のペースで進めることができるので、仕事が忙しくなれば途中で中断することも可能です。

(ただし、ネットショップはお客さんとの信頼関係上、待たせてはいけません。)

またクラウドソーシングを活用して企業から仕事を請け負って仕事をするケースなどもあります。(ウェブ制作、システム開発、デザイン、ライティングなど)

その他、カスタマーサポートやコンサルティングといった内容もわざわざ外に出る事なくメールやチャット、電話などを活用することで完結させることが可能です。

ゴウ
ゴウ
今まで人間がやってたことをロボットがやるようになると、ますます人は自宅でやる仕事が増えそうですよね。

既に自宅で副業をするための環境が用意されている

本業でリモートワークをしていれば、既に自宅で副業のために必要な環境は整っていると言って良いでしょう

あくまでもデスクワーク中心が前提ですが、ネットを活用した仕事の場合には本業と副業の仕事で使用するアイテムはほぼ共通しているから。

ゴウ
ゴウ
これは大きい。手軽に始められますものね。

そのためリモートワークで既に仕事をしている人にとっては、新しく副業のために準備をするのは不要です。

(具体的にはパソコンやインターネットの環境の整備、作業するためのスペースなどが該当します。)

ゴウ
ゴウ
私もリモートワークを開始する前までは、まともなインターネットの環境が自宅になんてありませんでした。
でも、セキュリティ面を気にして、きちんとしたプロバイダと契約しました。

(人によっては、より仕事に集中できるように書斎などの部屋などを用意している人もいたりします。)

ただし、会社から支給されたパソコンをリモートワークで使用している場合、そのまま同じパソコンを使用して副業をするのは避けた方が無難です

あくまでも会社支給のパソコンは、会社の業務を行うために貸し出されたものなので。

自分で所有しているパソコンを副業用として使いましょう。

一人で仕事を進める自主性と計画性が身についている

リモートーワークを経験済みなら、自宅で副業に必要な仕事に対する姿勢は既に身についているといっても嘘ではありません

なぜならリモートワークでは、日頃から自分でスケジュールを立てて、仕事を進めていくことが当たり前だから

実は職場で仕事をしていると時とは違って、自宅で副業をやるには様々な誘惑や障害との戦いがあります。

リモートワーク中の誘惑と障害(例)

  • 眠くなれば、すぐに横たわれるソファやベッドがある
  • テレビやゲームなどの娯楽が手に届くところにある
  • 子供や家族が仕事の邪魔をしてくる
ゴウ
ゴウ
副業を経験したことのない人であれば、資格取得のために勉強するときのことをイメージしても良いかも。

リモートワークの場合、自分がしっかりと仕事を取り組む姿勢がなければ、仕事になりません。

私もリモートワークを開始した直後は思うように仕事のパフォーマンスを発揮できず、慣れるのに時間がかかりました。

誘惑にまけて怠けてしまったり、熱中するあまり休憩なしで仕事を続けて翌日に体調を崩すなんて体験もありました。

リモートワークで自分の仕事を進めるペース感覚を掴み、計画的に仕事を進めていける習慣ができているのは副業を始める上での強みとなるはずです。

テキストベースのコミュニケーションに慣れている

自宅で副業となれば、クライアント(取引先)とのやり取りはチャットやメールなどが中心。

困ったさん
困ったさん
これは慣れていないと心配。

普段、直接会話でコミュニケーション取るのが中心の人にとっては、テキストによるコミュニケーションは苦戦する可能性が高いです。

身振りや手振りに頼ることができず、テキストで感情的な表現を行ったり、細かいニュアンスを伝える際にはスキルとなります。

リモートワークしている人なら、この点でも心配は無用です。

普段、リモートワークでのコミュニケーションはやはりテキストによるやり取りが中心のため十分な経験を積んでいると言って良いでしょう

テキストによる豊かな表現力や相手が何を伝えようとしているのかを読み取る読解力。

そして必要に応じてテキストからビデオチャットや電話に切り替えるなど、相手との意思疎通をうまく進めるための対処法なども既に身についているはずです。

リモートワークをしている人に自宅で副業をすすめる理由(まとめ)

副業をする作業部屋の窓際に置かれたコップと本と植物
  • 自宅で副業できる仕事はネットを活用すれば、たくさんある
  • リモートワークをしている自宅の環境をそのまま副業で活かすことができる
  • リモートワークで習慣化された一人で仕事を進める力が備わっている
  • リモートワークで培ったテキストベースでの意思疎通の方法を心得ている

上記の通りです。

逆を言えばリモートワーク経験したことがない人で副業を始めてみたいと思っている人は、最初に本業でリモートワークにチャレンジしてみるのもあり

リモートワーク未経験だと恐らく不安に思うことも多いはず。

本業でリモートーワークをするのであれば、社内の人間にわからないことを確認しながら仕事を進めることができるので、経験を積む意味ではちょうど良いです。

とくにセキュリティ面への配慮や自宅で整えなければならない環境設定などは、専門の人に聞くのが一番(社内の担当者)。

ゴウ
ゴウ
こういう時は会社(本業)の資源を存分に使いましょう。

改めて、本業でリモートワークをしている人は、この機会に副業にもチャレンジしてみませんか?

人生なんでもそうですが、頭の中で色々と考えていても実際にやってみて分かることの方が圧倒的に多いです。

サクッと簡単に始めることができるクラウドソーシングからでも試してみてはいかがでしょうか

ゴウ
ゴウ
自分の持っている過去の経験やスキルで副業ができるのかわからない人は、知識・スキル・経験を売り買いがWeb上で可能なココナラを参考にどうぞ

リモートワークについて興味がある人は、「リモートワーク初心者向けマップ【さらば満員電車や職場の鬱陶しい人間関係】」のまとめページをご覧ください。

リモートワークの求人案件に興味があるなら【クラウドテック】をチェック!

リモートワークという新しい働き方に興味のある人は、まずはどんな求人内容があるのかチェックしてみてください。

クラウドテックは単なる求人情報サイトではなく、自分のこれまでのキャリアやスキルなどを最大限活かせるように専任のアドバイザーが徹底サポートしてくれます。

いきなり転職しようという考え方をするのではなく、まずは求人情報やアドバイザーからの助言をもらってみて検討したり、可能性を探るとこから始めるといいですよ。

サポーターが徹底支援。キャリアサポートサービスの「クラウドテック」
クラウドテック
実際にリアルな内容を見て「ハードル高そう・・・」と思えば、別の道を探すのも手です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA