ファッション

パタゴニアのフリースベスト|レトロxのコーデやサイズ感をレビュー

パタゴニアのフリースベスト(レトロX)の正面から撮影したもの
悩み人
悩み人
パタゴニアのフリースベストを買おうか迷ってます。
実際に購入した人の口コミが知りたいです。
サイズ感やコーデ内容とかわかるとありがたいな。

こんな悩みにお答えします。

本記事では以下のことが分かります。

  • パタゴニアのフリースベスト「レトロX」とは?
  • 実際に着用してみた感想とレビュー
  • おすすめのコーデ方法

発売から数十年が経過しても未だ根強い人気のパタゴニアのレトロXのベスト

最近のアウトドアブームもあってかキャンプ場での利用はもちろん、ストリートでも男女問わず人気がありますね。

僕は購入から既に3年近くが経過してますが、少し襟元が疲れたぐらいで現役バリバリ。

主に春から秋にかけて主に週末で着用しています。

結論を先にお伝えすると、ちょっぴり高いけどデザイン性と機能性、そしてパタゴニアブランドが好きなら買いです。

[jin_icon_info color=”#4F96F6″ size=”20px”] 一方、コスパ重視ならばGUから出ているボアフリースベストを狙うのもありですね

本記事ではパタゴニアのフリースベスト(レトロX)の使用してみたレビューを紹介します。

パタゴニアのフリースベスト「レトロx」とは?

パタゴニアのフリースベスト(レトロX)のパタゴニアのロゴ

現在、パタゴニアのメンズのフリースウエアにおいて「レトロX」と呼ばれているものは以下の商品が販売されています。(2019年12月現在)

  • メンズ・レトロX・ボマー・ジャケット  ¥ 22,000
  • メンズ・クラシック・レトロX・ベスト ¥ 21,780
  • メンズ・クラシック・レトロX・ジャケット ¥ 29,700
  • メンズ・スナップ・フロント・レトロX・ジャケット ¥ 24,750
  • メンズ・シェルド・レトロX・プルオーバー ¥ 23,100

上記の通り。

唯一、袖のないタイプが「メンズ・クラシック・レトロX・ベスト」で、それ以外は全て長袖タイプ。

[jin_icon_info color=”#4F96F6″ size=”20px”] 価格は2〜3万以内になっています。

ゴウ
ゴウ
ベストって長袖がない分だけ生地は少ないですが、それでも2万円台前半です・・・。

レトロXベストの商品スペック(2019年時点)

パタゴニアのフリースベスト(レトロX)の生産場所がわかるタグ
素材本体:12.9オンス・ポリエステル100%(リサイクル・ポリエステル50%)のボンデッド・シェルパ・フリース。
裏地:防風性バリヤーと吸湿発散性を備えた3.2オンス・ポリエステル100%(リサイクル・ポリエステル50%)のワープニット・メッシュ。ハイキュ・フレッシュ耐久性抗菌防臭加工済み。
チェストポケットと襟の外側とウインドフラップ:平織りの3.4オンス・ナイロン100%。DWR(耐久性撥水)加工済み
重量507g
サイズXXS・XS・S・M・L・XL・XXL(計:7種類)
着丈61〜76cm
身幅44〜66cm

出典:パタゴニアオンラインストア

なお、レトロXベストは毎年のように新しいバージョンが発売されています。

そのため素材の変更等が変わるケースがありますのでご注意ください

特徴

パタゴニアのフリースベスト(レトロX)に使用されているYKKのジッパー

続いて公式サイトで紹介されているレトロXのベストの特徴は以下の通り。

外側に6ミリ厚シェルパ・フリース、内側に吸湿発散性と通気性に優れたワープニット・メッシュ、その間に防風性バリヤーをはさんだ素材
内側にウインドフラップを備えたフルレングスのフロントジッパー
縦型ジッパー式チェストポケットが1つ。起毛ポリエステル・メッシュの裏地付きジッパー式ハンドウォーマーポケットが2つ

出典:パタゴニアオンラインストア

パタゴニア社について

念のため、パタゴニアという企業についても紹介しておきます。

パタゴニア(Patagonia )とは、アメリカの登山用品、サーフィン用品、アウトドア用品、軍用品、衣料品の製造販売を手掛けるメーカー、及びそのブランド名。環境に配慮する商品で知られており、環境問題に取り組むグループの助成を行っている。

出典:wiki

ゴウ
ゴウ
パタゴニアが好きという人は、各アイテムの機能性に対する魅力に感じる人もいますが、企業として環境に対する姿勢を評価したり共感している人も多いですよね。

パタゴニアのフリースベスト「レトロx」を着てみた感想

パタゴニアのフリースベスト(レトロX)の上部

実際に着用してみた感想を以下のポイントをもとにお伝えします。

  • サイズ感
  • 重さ
  • 暖かさ
  • 動きやすさ

順番に解説します。

サイズ感

パタゴニアのフリースベスト(レトロX)に記載されたサイズ(XS)

僕の身長は175cmで体重は65kg前後なのですが、今回はXSサイズを選択。

少しタイトぎみですが、インナーダウンのように上着を羽織ることも想定していたので想定の範囲内です。

ただし、ベストだけを着用している状態でしゃがんだりするとパンツの隙間から下着が見えてしまうケースがあります。

余裕をもったサイズという意味では1つ上のSサイズが正解だったかも・・・。

なおご存知の人が多いと思いますが、パタゴニアのアイテムはアメリカサイズを基準にデザインがされています。
そのため日本人がサイズを選ぶ時には、普段日本のアパレルメーカーで言うところのサイズとは大きく異なります。

ゴウ
ゴウ
くれぐれもサイズ選びは慎重に。(いつもの日本サイズの感覚は危険ですよ)

詳しいサイズは以下を参考にしてください。

メンズ・トップス/ジャケットのサイズ表(米国基準)

XXSXSSMLXLXXL
胸囲79-8486-8989-9497-102107-112117-122127-132
首回り34-3636-3738-3939-4142-4343-4444-46
裄丈79818486899194
ウエスト(インチ)262829-3031-3334-3638-4042-44
ウエスト667174-7679-8486-9197-102107-112
身長165-173167-178173-183175-185175-185175-185

出典:パタゴニアオンラインストア

重さ

パタゴニアメンズレトロXのベストの肩のアップ

重量は507g(約0.5キロ)。

いわゆるインナーダウンと呼ばれるようなアイテム(例えば、ユニクロのウルトラライトダウン)と比べると多少重さはありますが、長時間の着用で疲れるといった感じはありません。

[jin_icon_info color=”#4F96F6″ size=”20px”] いい感じに重量があるおかげで、前面のチャックを閉めていれば風にあおれたとしてもめくれる心配もなしです。

ゴウ
ゴウ
畳もうとすると意外とかさばるので、旅行などに携帯するのはちょっとオススメしませんね。

暖かさ

パタゴニアのフリースベスト(レトロX)の内側のバリヤー生地

見た目からして素材の暖かさが伝わってきそうな雰囲気ですが、着てみた感触としても厚手のシェルパ・フリースのおかげでホカホカ

[jin_icon_info color=”#4F96F6″ size=”20px”] とくに風などは通しにくい構造になっているおかげで、秋の季節などに少し風が強くても寒いと感じることはありません。

これは裏面のバリヤー生地があるおかげだそうです。

一方、夏の時期に日差しが照っているような時間帯は暑すぎて無理。

ゴウ
ゴウ
ただ山あいのキャンプ場などで日が落ちた夜に1枚羽織るという意味ではちょうどいい感覚です。

[jin_icon_info color=”#4F96F6″ size=”20px”] 首元が寒い時にはジッパーをトップまで持ってくることで、首に直接外気が触れるのも防ぐ効果があります。

動きやすさ

ベストなので、とっても動きやすいですね。

しかも着脱するときも簡単で楽

ただし、僕のように少しタイト目のサイズを選んでしまうと、腕を肩よりも高い位置に持っていった際に肩がひっかかる感じがあります。

[jin_icon_info color=”#4F96F6″ size=”20px”] 着た感じのシルエットを重視するのか、それとも動きやすさを重視するのかは好みです。個人的にはアウトドアシーンで使用する機会を想定しているのであれば後者にするべきだと思います。

パタゴニアのフリースベスト「レトロx」のメリット

パタゴニアのフリースベスト(レトロX)をバックから撮影したもの

実際に使用してみて満足している点は以下の通り。

  • 耐久性が素晴らしい
  • 流行の影響を受けにくい
  • いざ処分でも、それなりの価格で売れる

上記の通り。

順番に解説します。

耐久性が素晴らしい

パタゴニアのフリースベスト(レトロX)の洗濯用のタグ

既に3年近く経過してますが、まだまだ問題なく着用するのが可能です。

ポリエステル100%なので、シワや形崩れなどもしていないので、着崩れを気にする必要がありません。

ゴウ
ゴウ
10年ちかく着用している人もいるとのことなので、僕もしっかりメンテナンスをしつつ大切に着るつもりです。

ちなみに僕が最近購入したドクターマーチンのチェルシーブーツも10年近く履ける耐久性があるので、こちらもオススメ。

ドクターマーチン チェルーブーツのレビュー|サイズ感や履き心地

流行の影響を受けにくい

今はアウトドアブームと重なって、さらに人気の高まっているパタゴニア。

[jin_icon_info color=”#4F96F6″ size=”20px”] そもそも根強い人気があるわけで、流行が終われば廃れてしまうブランドではありません。

ゴウ
ゴウ
アウトドア系の服を街で着用するのも当たり前の時代なので、未来は分かりませんが、恥ずかしくて着てられないとかにはならないはず。

いざ処分でも、それなりの価格で売れる

パタゴニアというブランドのおかげで、いざお別れしようと思った場合でもメルカリなどのフリマサイトでも高値で取引されております

[jin_icon_info color=”#4F96F6″ size=”20px”] 今後、パタゴニアが消費者の期待を大きく裏切るようなことがない限り、処分をする際にも困ることはなさそうです。

中古で使用済みでも、5,000〜10,000円くらいの価格で取引されている印象です。

ゴウ
ゴウ
色とかサイズとかも影響していそうですね。

パタゴニアのフリースベスト「レトロx」のデメリット

パタゴニアのフリースベスト(レトロX)のジッパー式の前ポケット

一方、実際に使用してみて不満に感じている点は以下の通り。

  • 他人とかぶる可能性あり
  • 価格が高め

順番に解説します。

他人とかぶる可能性あり

結構、街中でも見かけてる機会が多くて、色まで同じだと何だか恥ずかしさがあります

[jin_icon_info color=”#4F96F6″ size=”20px”] ちなみに色違いで同じ場所に3名の人が集まった時にはお互いに見合って、つい全員で苦笑いしてしました。

ゴウ
ゴウ
ユニクロのようにロゴなどがなければ、案外バレてないケースもありますが、パタゴニアのロゴが目立つので被っていることは明らかに分かりますね。

価格が高め

最初にもお伝えした通り、やはり他のブランドと比べても価格が高いです。

先ほどのメリットでもお伝えした通り耐久性に優れていたり、中古でも高値で取引されてはいるものの、新品のベストに対して2万円の価格は値が張ってる印象です。

並行輸入品などを狙う方法もありますが、一部では偽物などが出ているケースがあるので注意が必要です。

パタゴニアのフリースベスト「レトロx」のコーデ

パタゴニアのロゴ

パタゴニアのクラシック・レトロX・ベストを使ったコーディネート例を紹介します。
ポイントは以下の通り

トップスとのコーデ

  • ボーダー系の長袖と合わせる人が多い
  • ニットやパーカーとの組み合わせも定番
  • 春先などはTシャツと合わせてもOK

ボトムスとのコーデ

  • 意外とパンツの種類は選ばない
  • とりあえずジーンズでOK
  • 太めのコーデロイやカーゴパンツでも良い
  • 少しやんちゃしている感じのショートパンツもあり

その他

  • シューズはコンバースが人気
  • 最近はサコッシュなどのバッグとの組み合わせ多い
  • ニットやベースボールキャップとの相性も良い

 ケルティのサコッシュの口コミ|メンズ向けブログでバッグレビュー

 ニューエラ キャップの口コミ|おすすめ9FIFTYをおっさんが体験

 

この投稿をInstagramで見る

 

カリフォルニアハーベスト(@california_harvest)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

@verdigris_nutsがシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

ライス/ミニマリスト(@riceminimalist)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

shika(@_ch0707_)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

d(@01069_d)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

ワタさん(@wk1016)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

のり(@norimixs)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

RT(@rt.6874)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

DAI(@karaage_dai_suki)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Taka(@ref1016)がシェアした投稿

パタゴニアのフリースベスト「レトロx」(まとめ)

パタゴニアのフリースベスト(レトロX)の上部のジッパーを少し開けたもの
本記事ではパタゴニアのフリースベスト(レトロX)の実際に着てみた感想やメリット、デメリットおよびコーデについて紹介しました。

2019年も人気の高いアイテムでしたので、もし自分のサイズに合うのが販売されているようであれば即決するのをオススメします。

[jin_icon_info color=”#4F96F6″ size=”20px”] 冬の時期はインナーとして着用する方法もありますが、少し厚みがあるのでアウターによっては、すこしキツくなってしまうかもしれません。

そんな人には薄くて軽いインナーダウンを着用するのがいいですよ。

 インナーダウンのおすすめブランド5つ厳選|選び方のコツと注意点

 モンベル インナーダウンの評判は?おすすめスペリオダウンの口コミ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA