ワーク

仕事を休まない人の6つの理由【有給取得は義務化。休ませる対処法】

休みが取れないくらいつめこまれたスケジュール
ゴウ
ゴウ
有給は毎年きっちり使用しているゴウです。
仕事を休まない部下を持った時には休ませるために苦労しました・・・。
悩み人
悩み人
会社の同僚で絶対仕事を休まない人がいるんだけど、体調が心配・・・。
上司も仕事してくれているから、無理に休めなんて言わないし。
どうしても休めない理由とかあるのかな?

こんなお悩みに回答します。

会社にいませんか?すこし昔のテレビコマーシャルに出てくるよう「24時間」働いているようなサラリーマン

  • 夏休みの時期だろうが、年末年始だろうが、会社に来ている人。
  • 体調を崩しても午前中に病院へ通院してから午後から出社。
  • 身内に不幸があっても午前中は出社して夕方には退社。

世の中には不思議なもので、有給なんて制度をさらさら使う気のない人って存在するんですよね

ゴウ
ゴウ
年間20日の有給休暇を消化している僕からすれば信じられない話。(20代は仕事を優先した時期もあったけど。)

でも、実は身近にいたんですよ。

僕の部下で30代前半の独身の男性がまさにそれ

毎年、有給休暇ほぼ使われぬまま期限を迎えて失効しているような状況。

正直、経営者にとっては頼もしい存在かもしれません。

でも、本人の体のことや周囲のことを考えると決して有給を取らないことが良いことは限りません。

本記事では仕事を休まないで働き続ける人の理由と、僕が実践した休ませる方法について紹介します。

会社に仕事を休まない人がいて困っている方、是非ご参考にしてみてください。

【事実】日本人は勤勉だから会社を休まない

渋谷のスクランブル交差点にも仕事を休まない日本人が沢山いるそもそも日本人って真面目な人が多いんですよね。

そのため、仕事を休まないで働きつづける人がいるのが普通って感じです。

事実、厚生労働省の調査で以下のような発表がされています。。

平成 29 年の1年間に企業が付与した年次有給休暇日数は労働者1人平均 18.2 日、そのうち労働者が取得した日数は 9.3日で、取得率は 51.1%となっている
出典:厚生労働省 平成30年就労条件総合調査の概況

なんと日本で働くサラリーマンのうち、平均で半分くらいしか有給が使われていません

ゴウ
ゴウ
驚きですよね・・・みんな休むのが嫌いなのか・・・。

あくまでも平均ということを考えると、僕のように年間の消化率100%の人も一定数いることを考えると、全く有給を使っていない(消化率0%)人たちが存在することも十分ありまえますよ。

休まない人をスルーしておけない有給取得の義務化

有給取得の義務化という法律と法律書と木製のガベル自分の意思で会社を休まないのであれば、問題ないと思う人もいるでしょう。

でも、時代は変わりました。

2019年からはナント有給取得は義務化されています。

年次有給休暇は、働く方の心身のリフレッシュを図ることを目的として、原則として、労働者が請求する時季に与えることとされています。
しかし、同僚への気兼ねや請求することへのためらい等の理由から、取得率が低調な現状にあり、年次有給休暇の取得促進が課題となっています。
このため、今般、労働基準法が改正され、2019年4月から、全ての企業において、年10日以上の年次有給休暇が付与される労働者(管理監督者を含む)に対して、年次有給休暇の日数のうち年5日については、使用者が時季を指定して取得させることが義務付けられました。
出典:厚生労働省 年5日の年次有給休暇の確実な取得わかりやすい解説

僕の周りだけかもしれませんが、これ意外と知らない人が多くてびっくりしてます。

確かテレや新聞などでも結構、報道されていたはずなんですけどね。

なお、社内に1人でも有給を規定通りに取得できていないと罰則の対象となるので注意が必要です。

仕事を休まない理由とは?

仕事の予定を書き込むための手帳には休む予定が記載されていない続いて、働かなくても給料を受け取れるという有給を使用せず、働き続けてしまう理由をご紹介します。

  • 周囲に迷惑をかけてしまう
  • 出世レースが気になる
  • 後で仕事がたまって、忙しくなる
  • 周りが休んでいない(取りづらい)
  • 自分の存在の薄さが目立ってしまう
  • 仕事がとにかく楽しい

上記の通り。

順番に紹介します。

周囲に迷惑をかけてしまう

自分が休むことで仕事が進まず、周囲に迷惑をかけてしまうのではないかという不安というもの。

責任感の強い人ほど、この考えを持っている印象がありますね

会社って社員ひとりひとりに役割と、それに基づく業務があって組織で動いています。

でも、社員の1人が休むことで機能しなくなってしまうと、会社全体がうまく回らない可能性が出てきます。

例えば、経理の担当者が休むことで、会社のお金の入出金ができなくなってしまうと、取引を進められないなんてこともありえます。

一番わかりやすいのは社長ですかね、重要な決定事項を承認する人がいなければ部下たちは、承認以降の仕事を進められなくなります。

一方で、周囲に迷惑をかけないように、予め休む日の前までに仕事を調整しておけば、未然に防ぐことができそうですけどね。

出世レースが気になる

仕事の成果を同僚よりも早く、大きくあげたいと思っている人は休むのに抵抗を感じてしまいます。

また自分が休んでいる間に、同僚に差をつけられてしまうのではないかという不安もあります。

わかりやすくお伝えすると、プロ野球とかのスポーツ競技。

レギュラーを獲得するためには、当然ながら周りとの競争に勝たないといけないわけで、日々の練習は欠かせません。

普通の会社では、練習という概念はなく常に本番での戦いとなるため、より力が入ってしまいそうですね。

そうすると、余計に仕事は休まないと考えてしまう人もいるでしょう。

ちなみに僕は収入目的での出世は望まず、既に副業にシフトしています。

出世したくないけど収入を増やしたい人が稼ぐ方法【時代は変わった】」をご覧ください。

休むとその分だけ仕事がたまって忙しくなる

自分がやらなければならない仕事の量を減らせないとなると、簡単には休めないという人もいます。

有給を取得したことで、翌日以降の仕事量は増えて、最終的には自分が苦しくなってしまう感じですね。。

例えば、工場などで働いて1ヶ月で生産する量(ノルマ)が決まっている場合、休んでいる日は何も生産できません。そのため、翌日以降は残業で対応しなければなりません。

残業するくらいだったら、会社を休まずに毎日働いていたほうが楽という感覚の人もいるかもしれません。

ただし、これは本来は会社がしっかりとマネジメントを行って、休みやすい環境を提供するべきですね。

わざと休めないような状況に会社がしているならブラック企業ですので、転職を考えるのも1つの手ですね。

会社のためではなく自分のために働くべき3つの理由【仕事より大切なこと】」も合わせてどうぞ

周りが休んでいない(取りづらい)

周囲が一生懸命仕事をしているのに、自分だけ休むなんて気まずい・・・と感じる人もいます。

特に自分がお願いしている業務のことで同僚が深夜まで働いている状況とかだと、休むのが申し訳ない気持ちになりますよね。

ゴウ
ゴウ
僕も普段の業務においては、何かとエンジニアやデザイナーに依頼することが多いので、この気持ちはよくわかります。

でも、それぞれに役割があって、それに対して会社から給料が支払われているので、気にしすぎる必要はありません。

周りの人だって当然休むことはあるので、あとはタイミングだけ気にしておけばOKです。

ちなみに僕は、休日に仕事をして平日休むことだってありますよ。

具体的な方法は休日出勤を活用して平日はお得な家族旅行への記事にしたためております。

自分の存在の薄さが目立ってしまう

これまでの理由とは真逆の話。

自分が休んでも会社は何事もなかったようにまわってしまうと、自分の存在する意味がない状態が証明されることを恐れてしまう人もいます。

ゴウ
ゴウ
自分の居場所がないと感じてしまうのは辛い・・・

例えば、定年まで働きたいと思っているけれども、仕事で思うような成果が出せずにリストラの対象になるのではないかと不安に思っている人。

最近は人手不足といいながらも、一方で上場企業などでは早期退職を募集するところが増えていますからね。

毎日休まずに会社へ出社して一生懸命に働いていることを自己アピールの1つと考える人もいるでしょう。

仕事がとにかく楽しい

世の中には僕のように辛いと思いながら仕事をする人がいる一方で、仕事が楽しくて仕方ないという人がいるのも事実。

もはや仕事というよりゲームをプレイしているような感覚です。

こんな人はわざわざ休んで、自宅で静かにしているような状況は退屈なわけです。

ゴウ
ゴウ
仕事に関する本を読んだり、仕事に関連した場所へ出かけたりと熱心な人が多いですね。

当然、仕事を休むことはかえってストレスぐらいな感覚なので、わざわざ休日以外に有給を取得するなんて発想は毛頭ありません。

仕事を休まない人を休ませる方法

会社を休んで遊びに来た南国のイメージということで、ようやく本題。

僕の部下にいた「仕事を休まない人」へ実践した方法を紹介します。

成果を先にお伝えすると、有給を年に8日ほど休ませることに成功しました。

ちなみに事前の面談で本人が休まない理由を聞いたところ、仕事を休むことで周囲に迷惑がかかる可能性があることへの不安が主な理由でした。

具体的に行った内容は以下の通り。

  • 研修など社外活動に参加させる
  • 休むことも仕事の一部と捉えてもらう

順番に解説します。

研修など社外活動に参加させる

本人をセミナーや研修などに参加させて、強制的に社内で仕事をしない日をあえて作るようにしました。

つまり、会社側が仕事を休んだ時を再現したような感じです。

このことにより、本人が不安に思っていた「仕事を休むことで周囲に迷惑がかかる」という不安を払拭させることが目的。

実際、本人は1日会社を空ける日の前日までに、しっかりと引き継ぎを行ったりして周囲への気配りをしてくれたおかげあり、特に本人が不在になったことで周りが迷惑になるようなことはありませんでした。

あとは本人が再び出社したタイミングで、その事実を伝えればOK。

有給を取得したとしても、周囲に迷惑がかかるようなことがないことを認識できたことで、本人の中で休みを取ることへの抵抗をなくすことができました

ゴウ
ゴウ
部下が休んでくれることを喜ぶ上司って何だか不思議な関係ですよね。

休むことも仕事の一部と捉えてもらう

これは直接本人に面と向かって伝えただけ

そのため、あまり効き目はないかと思ったのですが、翌週には旅行へ行くという理由で二日間も有給を取得してくれました

ちなみに、僕の中では筋トレと同じ理論です

毎日仕事を一生懸命やることは素晴らしいことですが、必ずしも毎日同じだけ良いパフォーマンスを発揮できるとは限りません

仕事で大切なことは真面目に働くことよりも、仕事での成果を出すことです。

仕事のしすぎで疲れてしまったり、体調が悪い中で働き続けても良い結果を出せるわけではありません。

そのため、時には仕事から離れてリフレッシュし、しっかり体を休めることも重要ですね

 仕事で本気になれない?全然OK!むしろやる気を失ったら成功したよ

仕事を休まない人の理由と対処法(まとめ)

仕事を休まない人が働き続ける理由と、僕が部下に実践した休ませる方法について紹介しました。

仕事が大好きって人を除けば、仕事のストレスを減らすためにも、休んでリフレッシュすることは非常に重要なことです。

1日、2日休んだぐらいで周囲に迷惑をかけるようなことはありませんから、有給という権利は堂々と使っていきましょう。

もし会社が有給の取得に対して渋い顔をするようなところであれば、別の会社で働くのも考えてみましょう。

転職未経験ならエージェントを活用して自己分析しようもあわせてご覧ください。

 楽しみを作ると人生が豊かになる【社会人におすすめの方法を紹介】

 仕事で我慢は必要?辛いことを耐えなくてOK【楽しんで働くべき2つの理由】

 サラリーマンが辛い感じる4つの理由【でもメリットもある】

リモートワークの求人案件に興味があるなら【クラウドテック】をチェック!

リモートワークという新しい働き方に興味のある人は、まずはどんな求人内容があるのかチェックしてみてください。

クラウドテックは単なる求人情報サイトではなく、自分のこれまでのキャリアやスキルなどを最大限活かせるように専任のアドバイザーが徹底サポートしてくれます。

いきなり転職しようという考え方をするのではなく、まずは求人情報やアドバイザーからの助言をもらってみて検討したり、可能性を探るとこから始めるといいですよ。

サポーターが徹底支援。キャリアサポートサービスの「クラウドテック」
クラウドテック
実際にリアルな内容を見て「ハードル高そう・・・」と思えば、別の道を探すのも手です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA