ワーク

生活残業でクビ?迷惑行為は注意される前にやめるべき|評価に影響

生活残業している人が働いているオフィスと東京タワー
ゴウ
ゴウ
どうも、20代はお金のために残業しまくっていたゴウです。自分の時間もなくなり、体調崩してからは残業しなくなりました。
30代の今は副業でお金を稼いでいます。
悩み人
悩み人
最近、子供が大きくなってきて、出費が増えて苦しい・・・。住宅ローンだって、まだ数十年も残っているし。だから、あえて残業代目当てに遅くまで仕事してるよ。

世間では徐々に企業が政府の指導や事件などの影響もあり、残業をなくしていく方向で進んでおりますが、みなさん、日々の仕事は定時で終わっていますか?

それとも、お金を稼ぐためにわざわざ残業していませんか

もしドキッとしてしまった人は今すぐやめましょう。

なぜなら、これからの世の中は会社から評価されるのは遅くまで働いてくれる人間ではなく、短時間で結果を出してくれる生産性のある社員です

そのため、無駄に残業をしていると会社からの評価は下がって、最悪の場合には解雇されてしまう可能性だってあります。(つまりクビです。)

しかも、周囲にはあなたがわざと残業していることに気づいて、イライラしている人がいるかもしれません

困ったくん
困ったくん
恐ろしい・・・

そうは言っても生活をしていく上で金は稼がなくてはならないことも、よく分かります。

僕も大きな負債を背負っている身として、右に同じ・・・まだまだ借金が・・・。

でも時代は変わりました。

従来はサラリーマンとして会社の給与を通じて稼ぐのが当たり前。

今は副業など新しい収入を確保するなど、新しい働き方が生まれてきています

もし残業に頼ったまま生活を送っている人は、今こそ見直すべきタイミング。

ここ最近、日本を代表する大企業のトヨタ自動車さえ、終身雇用は守れないとの発言がありました。大企業に勤めていれば将来は安泰といった時代ではなくなってきたことを意味しますね。

本記事では生活残業の実態や評価の影響、デメリットについて踏まえつつ、残業を止めるための対策を紹介します。

ゴウ
ゴウ
残業には頼ることのない健全な社会人としての一歩を踏み出しましょう。

生活残業とは?

真夜中の月

そもそも生活残業とは、生活が苦しいからあえてお金を稼ぐために残業をしている状態のことを指します。

つまり普通にもらっている給料だけでは生活ができない状態とも言えます。(人によっては浪費が激しいとも言えそうです。)

ゴウ
ゴウ
どんな生活を送っているのか気になる・・・。

事の始まりは妻との何気ない会話からでした。

妻は大手IT系の企業に勤めているOL。

彼女の勤めている会社でも、昨今の働き方改革の中でできるだけ定時で退社することを推奨する取り組みをしています。

企業全体としては以前よりも残業時間を抑制が進んでいるようですが、一方で一部の社員たちの残業時間は取り組み前後で変化はないそうです

なぜなら、その人たちはあえて早く帰ることもなく、長時間労働しているから。

ゴウ
ゴウ
まさに生活残業ってやつですね。

ちなみに残業している人たちの特徴は30代〜40代の既婚者の男性が多いとのこと。(妻は人事部なので色々と事情がわかるそうです。)

これはあくまでも予想ですが、結婚や子供の誕生、住宅の購入などにより出費が多くなってしまっている可能性が高そうです。

僕も同じような立場でいるので、独身時代と比べれば固定費も含めて財布からお金が消えていく機会が増えた感じがしますね。

ゴウ
ゴウ
少しでも生活が楽になるためにお金を稼ぎたいという気持ちは理解できますね・・・でも、残業という形はちょっと・・・。

生活残業でクビの可能性(特徴を紹介:3割強が無駄)

生活残業に関するレポート

実際、どれくらいの人がいわゆる生活残業をしているのかというと、実際のデータがありましたので、お伝えします。

以下は10年ほどの前の実施された残業に関する意識調査を行ったものです。

「残業代は生活給の一部なのだから、残業できないと困る」と回答している人が35.9%もいます。

時代の変化により当時の結果をそのまま受け取るのは危険ですが、恐らく今の時代も同じような考えを持つ人が一定数いることは確かです。

ゴウ
ゴウ
個人的にはアンケートベースの話なので、潜在的にはもっと多くの生活残業をしている人がいるのではないかと推測します。

図1.残業が減らない理由は、個人がどのような考えを持っているからだと思うか(n=766)
出典元:残業と仕事の効率化に関する意識調査 – 調査結果 – NTTコム リサーチ
残業が減らない理由は、個人がどのような考えを持っているからだと思うかのグラフ

生活残業でクビの可能性(正当な残業は社員と企業がwin-win)

経営者と労働者が握手をしているところ

より多くの収入が欲しいと思う社員と売上をより伸ばしたいと思う企業の思惑が一致していれば残業そのものは問題ありません

例えば、売上に応じて一定のインセンティブを得ることができる営業職。

稼いだ分だけ給料アップとなれば、喜んで残業する人もいるでしょう。

でも昨今の人手不足で悩んでいる運送業界はちょっと違います。

業務時間内では配りきれない宅配物を社員に強制的に残業させることによって、なんとか配達を終わらせようとするのは、企業側の都合です。

コメントくん
コメントくん
会社から強く言われてしまっては断るのが難しい社員はたくさんいますよね。

一方、社員が与えられた業務をわざとゆっくり進めることで、仕事を終わらせる時間を先に伸ばしたり、仕事をやっているフリをしながら実際にはネットサーフィンしているような残業は大きな問題。

というか、論外ですね。

ゴウ
ゴウ
結局、無駄な残業を抑制するためには、企業側が働く社員の業務状況をきっちり把握したうえで、社員一人一人のマネジメントを丁寧に行うことが重要ですね。

生活残業でクビの可能性(人事評価は?)

生活残業も含めた給与の明細を入れるための封筒

僕の企業では一定の残業時間(40時間)を超えた場合にのみ、残業代が支払われる仕組み。

つまり毎月の給与には予め40時間までの残業代が含まれています。

コメントくん
コメントくん
最近、求人情報をみていても、このような条件で募集されている企業を目にしますね。

とはいえ、絶対40時間は残業する必要はありません

与えられた業務をしっかりこなしている状態であれば仮に残業時間がゼロだったとしても何も文句は言われません。

給料に含まれているからという理由で、ちょっと後ろめたさも感じてしまいますけどね。

残念ながら僕は業務一部で営業としての役割を求められています。

そのため、労働時間よりも数字としての結果が強く求められるのが辛いところ。

ボーナスは、もちろん売上の結果次第で大きく金額が変わってきてしまうので、毎回ハラハラです。

営業としての結果が良好な状態であればいいのですが、予算を下回るような状況が続くと、何とかしようと働く時間は自然と長くなる傾向にあります。

また半期とか年間で予算を下回ってしまうと、給与そのものの評価にも影響が出てしまうので恐ろしいところ

ゴウ
ゴウ
ちなみに今の残業時間は月に10時間未満なので、世間と比較すればそれはもう恵まれている就業時間であると思います。

生活残業でクビの可能性(やめさせられる?デメリット)

勤めている会社の外観

生活残業はある意味で魅力的。

通常の給与を給与換算した場合で比較しても、残業時間の方が数十パーセントの手当てが付くでしょうし、深夜や休日出勤となれば、さらに追加手当が付く場合もあります。

コメントさん
コメントさん
賃金がまったく支払われないサービス残業とは、まったく別の話ね。

一方、企業の視点で見れば、無駄な残業をしている社員はマイナスの存在。

すでにそのことが気づいていれば「許されることではない」と考えるのが当たり前。

困ったくん
困ったくん
直属の上司なんて、イライラして仕方ないでしょうね。

もちろん、そのような社員は昇給や出世など、プラスとなる人事評価を与えることはありません。

企業(経営陣)にとっては給与泥棒なのです。

最悪、減給または望んでいない配置転換等が行われるかもしれません

困ったくん
困ったくん
その末路はクビってことも十分ありますよね・・・もしくは退職勧告とか。

多くの社員は仕事が好きで残業をしているのではなく、目的はお金のため。

当然、残業そのものでストレスは溜まるばかり。

せっかくの貴重な平日の夜も家族や友人と過ごす時間は失われていく可能性もあります。

ゴウ
ゴウ
生活残業は、お金以外はデメリットだらけですね・・・。

そうは言っても、残業しなければ日々の生活が苦しい状態だと、なかなか止めることも難しいのが事実。

まずは、無理のない給与の範囲の中で、身の丈にあった生活ができるように今の状況を変えていく必要ありますね

企業の業績が好調な状態であるか、身体が健康なうちは生活残業を続けていくことは可能かもしれません。

しかし、いずれかの状況が変われば一瞬で生活が破綻してしまうかもしれません。

生活残業は短期的に見れば、すぐに収入が増えるという意味では魅力的に見えます。

でも、中長期的な目線で見れば上記のようなリスクを踏まえるとお勧めできません

生活残業でクビの可能性(対策は新しい収入源を確保する)

副業で使用しているPC

もう耳がタコになるくらい副業というワードが溢れている世の中。

これ以上の説明は不要ですよね。

残業ほど簡単に稼ぐことは難しいかもしれません

でも会社を怒らせて、何かしたら対策を打たれて退職しないといけない状況になるより、よっぽどまし。

自分のこれまでの経験や趣味を生かした副業を新たに始めてみましょう

コメントさん
コメントさん
それだったら、断然残業した方が効率的なのでは?

短期的に見れば確かに残業した方が稼げるでしょう。

でも、副業は長期的に見れば、生活残業をするよりも大きく稼げる可能性があります。

最近ですと、副業でYouTubeをやっていて、サラリーマンとしての給料以上にお金を稼いでいる人もいますね。

またイヤイヤ残業するよりも自分の好きなことを副業にできるというメリットもあります。

ゴウ
ゴウ
僕は実際に副業に取り組んでみて、誰かの指示を受けて仕事をするよりも自分自身の判断で自由に進めていける点がストレスもなくて楽しいですね。(人間関係とかで悩まないで済みますし。)

生活残業でクビの可能性(まとめ)

  • 生活残業とは、社員がお金を稼ぐことが目的で本来必要のない仕事
  • アンケートベースの実態調査で約3割強の人たちが生活残業していると回答
  • 本来、残業は労働者と企業の双方にメリットがあって行われるもの
  • 生活残業を続けていると最悪の場合、企業から解雇されてしまう可能性もある
  • 副業など新しい収入源を確保し、生活残業に頼らないようにするべき

生活残業を続けていると、より会社への依存度も高くなりますし一生残業が続けられるとは限りません

会社に頼らず、自分の新しい収入源を自ら作り出していくことをお勧めします。

ゴウ
ゴウ
そもそも、定年まで働けるか不透明な時代ですからね、自分の身は自分で守る必要ありです。
会社のために深夜まで働くサラリーマン
会社のためではなく自分のために働くべき3つの理由|仕事より大切な事結論から言えば、会社のために頑張って働く必要はありません。会社で働くといっても、自分のために働きましょう。会社から与えられた役割(業務)を自分らしく取り組めばOK。結果的に、自分の仕事の成果が会社のためになっているぐらいで大丈夫です。ただし、会社から過酷なノルマのような業務を押し付けられるようでれば、環境を変えましょう。...
定年という頂上まで1本の道で山登り(仕事を続ける)サラリーマン
仕事を辞めたくない人が将来を考えてやるべき1つのこと仕事を続けるメリットはたくさんあります。でも、定期的に自分を見つめ直すことは重要です。本記事では今の仕事に満足している人こそ、転職サイトへ登録しておくべき理由をお伝えします。仕事辞めるべきか続けるべきか迷っている人も参考にしてください。...
仕事の休憩中に椅子に座って寝ているサラリーマン
仕事の休憩中に寝るってどう?眠気覚ましにおすすめ|イビキに注意今回はお昼休憩を挟んだあと仕事の生産性が落ちてしまっている人の悩みを解消する方法を紹介します。先に結論をお伝えすると、ズバリ昼寝。実は昼寝って、ただ眠気がなくなるだけでなく、仕事の生産性をアップさせたり、気持ちの切り替えにも最適な方法です。 しかも、昼寝に必要な時間はたった15分〜20分ぐらいの短時間でOK。...