ライフ

テレビのニュースは見なくても良い3つの理由【スマホで十分】

テレビのニュースが終わった後の状態
悩み人
悩み人
朝、テレビのニュースを見ると何だか暗い気持ちになってしまいます・・・。
世の中で何が起こっているのか知っておくべきだと思うのですが、ニュースって見なくても平気ですか?

こんな悩みにお答えします。

毎日のように世界中で起こっている出来事を分かりやすく伝えてくれるテレビのニュース。

つい、朝の出勤の準備をしつつ、見てしまいますよね。

でも、朝から殺人や強盗などの事件、車の衝突やひき逃げ・家事などの事故などで悲しい気持ちになったりしていませんか?

また政治家の汚職や企業の不正に関する報道を見てイライラしたり、好きな芸能人が結婚するなどの報道を見てガッカリしてしまったり・・・。

結論を先にお伝えすると、テレビのニュースは見なくても問題ありません。

なぜなら、天気や交通に関する情報を除けば、ほとんどの内容が生きていく上では不要な物ばかりだから。

むしろ、刺激のある映像を受け止めていたら、気力を吸い取られて消耗するだけなので止めましょう。

なお、テレビの情報は作り手が一方的に流しているものに過ぎず、視聴者にとって必ずしも必要な情報とは限りません。

ぶっちゃけ、自分にとって必要な情報はネットを活用して必要な情報を取捨選択したほうが効率的で無駄もないですね。

ちなみに僕も小さい頃からテレビでニュースを見るのが当たり前という環境で育ってきました。

でも、今は朝からニュースを見るとしたら台風や地震などが発生した時ぐらいですね。

ゴウ
ゴウ
だからと言ってニュースを見ていないからと職場でバカにされたり、困るようなことは何もありません。

本記事ではテレビのニュースを見なくても良い理由について深掘りしていきます。

テレビのニュースは見なくても良い3つの理由

テレビのニュースで伝えられた刺激の強い事故
  • テレビのニュースを見なくても困らない
  • テレビのニュースは刺激が強くて消耗する
  • テレビのニュースで貴重な時間を失う

端的にお伝えすると上記の通り。

順番に解説します。

テレビのニュースを見なくても困らない

正直、テレビのニュースを見ていなくて大変な思いをしたということってないですよね。

なぜなら、テレビでしか報道されていないニュースなんて、ほぼ皆無。

今はスマホ1台持っていれば、簡単に報道されている情報を手に入れることも可能です

なお、唯一テレビのニュースを見るタイミングとしたら、スマホの電源が入らない又はネットが使用できない状態で災害などによる自分に身の危険が迫っている時。

例えば、台風や地震に関しての避難情報などは、テレビの報道でリアルタイムに情報を提供してくれるので役立ちます。

逆に言えば、それ以外のニュースに関しては正直なところ、見なくても困ることはありません。

ゴウ
ゴウ
日常生活では、ニュースを見なくても生きていけますよね。

テレビのニュースは刺激が強くて消耗する

テレビのニュースを見ていると、マイナスの感情を引き起こすような内容ばかりで、途中から見ていると辛くなることってありますよね。

というのも、テレビの作り手たちは、視聴率を稼ぐために、あえて人の目を引くような刺激のある内容を多く提供しようとします。

例えば、必ずと言ってよいくらいニュースの内容に含まれてくるのが事件や事故に関するもの。特に子供や女性などが被害者になっていて、大きな怪我や亡くなっているケースがほとんど。

視聴者はそんなニュースを見ていると悲しくなったり、加害者に対する怒りを感じてしまうわけで、いつの間にか精神を消耗させてしまうわけです。

ゴウ
ゴウ
朝から辛いニュースを見ると、出勤するの際の足取りが重くなったりしますね・・・。

テレビのニュースで貴重な時間を失う

NHKならまだしも、一般の民放であればニュース番組であってもスポンサーの存在があります。

そのためニュースの合間には望んでいないCMを見なければならなかったり、不要な番宣などを目にしなければなりません。

当然、これらを見ているのは時間の無駄です。

またネットのように自分の見たいニュースだけチェックできれば良いのですが、テレビの場合にはそうはいきません。

おまけに多くのニュース番組では、事前に予告などはなく、どのような情報を提供するのかはリアルタイムでしか分かりません。

そのため期待するような情報を得られないまま放送が終了してしまう可能性もあります。

ゴウ
ゴウ
始めに伝える内容を全部伝えてしまうと、視聴者が番組を最後まで見てくれないことを恐れての対策なんでしょうね。

テレビのニュースを見るというメリット

テレビのニュース番組が独自に取材した特集コーナー

誤解しないで欲しいのですが、テレビのニュースは体に毒だから見るのはよして置こうというわけではありません。

利点もあるので、お伝えしておきましょう。

  • ニュースを複数人で同じタイミングで見れる
  • 映像でしか伝わらない内容は分かりやすい
  • 予想もしていない新しい情報に出会える

上記の通り。

1つ1つ解説します。

ニュースを複数人で同じタイミングで見れる

みんなでニュースを一緒に共有したい時にはテレビはとても便利。

さすがに新聞やスマホでは同時に見るのは物理的に難しいですからね。

その点、テレビは人数の影響を受けることなく同じタイミングで情報が見れて、会話もできるのが良いところ。

ゴウ
ゴウ
その場でニュースの感想を言い合ったり、そこから新しい話題が生まれたりするのはいいですよね。

映像でしか伝わらない内容は分かりやすい

やはり映像の持つ力を偉大ですね。

活字や写真よりも映像の表現力は豊かで、とても分かりやすいので、内容を深く理解することができます。

例えば、政治家がインタビューに答えている場合、活字で表現できることは発言した事実だけ。

でも、映像であれば、その時の表情や声の大きさ、喋る速度なども知ることができるため、発言に対する信憑性も確認することができます。(この人、嘘付いていそうとかね)

ただし、映像も時には意図的に編集されているケースもあるので、そのまま鵜呑みにするのは避けるようにしましょう。

ゴウ
ゴウ
都合の良いところだけ切り抜いて、意図的につなぎ合わせている場合もあります。

予想もしていない新しい情報に出会える

テレビのニュースでは、時には思いがけないような情報に出会える可能性があります。

ネットでニュースをチェックしている場合には自然と自分の見たい情報だけを取捨選択することが可能です。

でも、テレビの場合は強制的に皆が同じ情報を見なければなりません。

そのため、本来は自分が望んでいないような情報にも触れることできて、実は逆にそれが有益な内容となるケースもあります。

ゴウ
ゴウ
自分の興味の範囲外にある情報に触れることも意外と大切ですよね。

テレビのニュース以外で情報を手に入れるシンプルな方法

ニュースをチェックするためにスマホを起動させたところ

やはりネットを活用するのがオススメ

理由をまとめると以下の通り。

  • 自分で知りたい情報を自分で選ぶことができる
  • 移動中やお店の中でも、場所の制約を受けずにチェックできる
  • 同じニュースでも複数の報道を簡単に比較できる
  • 世間の反応なども同時に確認できる
  • 最近は動画なども手軽に見られるようになりつつある

やはり自分に裁量権があって、自由なタイミングで場所の制約受けずにニュースをチェックできるのは便利ですね。

また同じニュース内容でも、異なる報道機関の情報を比較することで偏った見方をせずにすることができる上、SNSなどを通じて世間の反応も同時に確認ができるので、ニュースを俯瞰的に見るのが良いところ。

ゴウ
ゴウ
テレビのニュースの場合は、こうはいきませんね。

まとめ

テレビのニュースは一方的なので、ネットを活用した取捨選択することを表したもの

本記事ではテレビのニュースは見なくても良い理由と見ることで得られるメリットについて紹介しました。

最近では、テレビで報道しているような情報はほぼ同時にネットでも配信されるようになりっているので、ますますテレビでわざわざニュースを見る必要性は薄れつつあると思います。

これだけ様々な情報を自ら手に入れることができる時代だからこそ、自分に必要な情報のみをスマホを活用して効率的にチェックするのがオススメです。

 自己啓発を図るための4つのステップ【本を読んで自分を成長させる】

 自分を変えたい時におすすめしない3つの方法【お金と時間を無駄にした体験談】

 仕事の合う合わないを判断するためのたった1つの基準【転職3回の僕が教えます】

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA