からだ

嫌いな食べ物を克服するための方法【苦手の場合も効果あり】

嫌いな食べ物の代表としてあげられる野菜類
ゴウ
ゴウ
子供の頃に苦手な食べ物を大人になってから克服できました。
悩み人
悩み人
小さい時から、結構好き嫌いが激しくて、大人になってもNGな食べ物あります・・・。
何か克服するために良い方法はないかな・・・。

こんなお悩みに回答します。

大人になっても、どうしても口が受け付けない食べ物ってありますよね。

  • 臭いをかいだり、見ただけで食べる気がしない
  • 味を想像するだけで寒気がする

上記のとおり、一度でも「嫌い」「苦手」と感じてしまうと、そもそも食べる気すら起きなくなります。

でも、それって凄く損しているかもしれません

なぜなら、いつの間にか自分の味覚が変化して、嫌いだと思っていた食べ物が好きになっている可能性があるから。

事実、僕も子供の頃から苦手で仕方がなかったキノコ類が大人になってからは好物となり、季節ごとに様々なキノコを楽しむほどになりました。

(子供の頃の自分が今の姿を見ると「ウゲェー」って反応していることでしょう。)

とはいえ、苦手な食べ物を無理して食べるのは良くないこと

絶対に克服できるわけではなく果敢にチャレンジでしても「やっぱ無理」となるケースもあります。

そこで本記事では、嫌いな食べ物を克服するための方法を紹介します

僕はこの方法で食べ物の価値観を変えることに成功したので、一度は騙されたと思ってトライしてみてくださいね。

嫌いな食べ物を克服する方法

それでは早速、具体的な対処法から紹介します。

  • 固定概念を捨てる
  • 空腹にした状態で食べる
  • 外で食べる
  • 人と食べる

上記の通り。

順番に解説します。

固定概念を捨てる

まずは自分が嫌いとか苦手といった認識を一度リセットしておくべきです。

なぜなら、トライする前からマイナスの意識を持っていると、やっぱりダメという結論に達しやすくなるから。

もう自分の頭の中で答えを決めつけてしまうような感じなので、うまくいかない可能性を自ら引き寄せてしまってますよね。

そのため、過去の経験は一度忘れるくらいの気持ちで、初めて食べる物だと思うくらいがいいですね。

空腹にした状態で食べる

お腹空いてる時だと、大抵の物は美味しいと感じます。

仮に苦手な食べ物だったとしても、身体は味よりも食べ物そのものを欲している状況なので、受け入れてくれるわけです。

僕は以前、プチ断食をした後に得意じゃないおからの煮物を食べてみたところ、なんなくクリアできました。

ちなみに、空腹状態が続いたおかけで舌の感覚が鋭くなったせいなのか、普段感じないような甘みや塩気を感じて感動してしまいました。

なお、空腹状態が長期に続くことは良いとは言えないため、ちゃんと身体の状況をみてチャレンジしてください。

外で食べる

公園や海、山などで外の空気を吸いながら食べるとご飯って美味しく感じませんか?

まさに天然のおかずですね。

バーベキューとかその典型ですよね。

炭火の効果もあると思いますが、やっぱり野外という環境がとっても良い影響を与えてくれているはず。

もし嫌いな食べ物が焼いてOKの食材だったら、BBQに持っていくのはありです。

普段野菜嫌いな息子も、なぜかバーベキューだとドンドン食べてくれるんですよね。

人と食べる

誰かと楽しく会話しながら食べる食事って美味いですよね。

話に夢中になって、何食べたか覚えていないケースもありますがw

そんな時に苦手な食べ物にトライしてみるのもあり。

会話を楽しんでるおかげで、苦手な物にフォーカスせずに口に運べるかもしれません。

また人に見られながら食事をすることで、自分に対して良いプレッシャーをかけられるかも。

だって、大人になって嫌いな物を残してしまうのって何だか恥ずかしいじゃないですか。

人目を意識することで、苦手な食べ物も普通に食べてみたら、「意外とうまい!」って感じてしまう可能性だってありますよ。

嫌いな食べ物を克服する際の注意点

つづいて、克服する上で注意しなければならない点を紹介します。

  • アレルギーなどの可能性を考慮する
  • 無理に食べるとストレスに感じる

上記の通り。

1つ1つ紹介します。

アレルギーなどの可能性を考慮する

好きとか嫌い以前に、体が拒否反応しているような食べ物を克服するのは危険です。

あぶないから絶対辞めましょう。

特に食べたあとに発疹などが出た場合や、急激に体調が悪くなってしまう場合は注意してください。

なお、最初から疑いがある場合にはアレルギー検査を実施するようにしておくと間違いありません。

無理に食べるとストレスに感じる

ダメなものはダメな場合、素直に諦めるのも1つの手です。

無理をすればするほど、精神的にきつくなってストレスが溜まるだけ。

そのため、食わず嫌いというのは良くないですが、チャレンジしてみて仮に口に合わなければ、サッと身を引くのもありです。

世の中、本当にたくさんの食べ物があるわけですから、たった1つの食べ物で悩むのはもったいないわけですよ。

1つの食べ物に執念を燃やすくらいだったら、今まで食べたことのない食材を試してみた方が食事も楽しくなります。

嫌いな食べ物を克服する(まとめ)

本記事では嫌いな食べ物を克服するための方法を紹介しました。

繰り返しますが、嫌いな物を無理して食べる必要はありません。

ただ、本当は既に抵抗なく食べれるのに、食べられないと思い込んでしまうのは損です。

どこか旅行へ出かけたり、特別なレストランへ行った際、そこでしか食べられない食事が実は自分の苦手な物ってなんだか損した気分になりますよね。

しかも実は今食べたら美味いと感じられるのに、固定概念のせいで、そのチャンスを自ら逃してしまうなんて。

ということで、嫌いな食べ物があってもいいので、食べるチャンスがあれば食わず嫌いせずにトライするのがおすすめです。

よろしければ、こちらもご覧ください。

朝食はプロテインとバナナだけで大丈夫?1年続けてみた体験談

国菊 甘酒 口コミ【クーラーで冷えたり、夏バテ対策にオススメ】

Amazonギフト券チャージタイプでお得にお買い物

Amazonでお買い物するならギフト券のチャージを利用するとお得。

チャージする度にチャージ金額に応じて最大2.5%分のAmazonポイントが貯まります!

お得なアマゾンギフト券チャージ

チャージするだけでポイントが還元される仕組みなので、必ず買い物する前にチャージしましょう。

利用頻度が少ない人もチャージしたギフト券は発行から有効期限は10年もあるので安心

忘れることがなければチャージ金額が多くても十分使い切れますね。

詳細は公式サイトをご確認ください↓

Amazonギフト券チャージ
公式サイト

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA