副業

不動産関連の確定申告を税理士に依頼した体験談【サラリーマン向け】

確定申告に必要なお金
悩み人
悩み人
今年は副業を始めたから確定申告が必要だけど、自分でやる時間もないし、会計のこともよくわからないから税理士に頼んでみようかな。だけど、そもそもどうやって税理士を探せばいいんだろう?何を基準に税理士を決められばいいかな・・・。

こんな疑問にお答えします。

今回は確定申告を税理士へ依頼したい人に向けて、税理士を探し方と選ぶ方法紹介します。

この記事の内容を参考にすれば、あなたと相性の良い税理士に出会える確率が上がるはず

ゴウ
ゴウ
私は10名近い税理士とやり取りをしたうえ、最終的に相性の良い税理士と巡り合うことができましたよ。

現在、脱サラに向けて副業に力を入れているゴウです。

副業のうち、不動産賃貸業(いわゆる大家さん)は一定金額の収入を得られたので今年は確定申告が必要。

今まで社会人の生活の中で経理関連の業務は交通費の精算くらいの経験しかありませんので素人同然

最初は「税理士に支払うお金がもったいないから自分でやるぞ!」って意気込んでfreeeとかマネーフォワードも触ってみました。

でも、どんなに便利で簡単なツールが出てきても、帳簿を作成するために必要な知識がなければ前に進むことはできません。

ちなみに私の不動産にかかる確定申告はちょっと複雑。

  • 土地の取得から賃貸が始まるまでに1年以上の時間が経過
  • 完成したものを購入したわけではなく、建物もオリジナル
  • 施主支給による設備機器の導入やDIYによる補修などあり

など、ググっても出てこないようなものでして、素人が手を出してはいけない案件でした・・・。

(実際、自分が途中まで進めた仕分け作業を税理士に確認してもらったところ、かなり修正されてしまいました・・・。不幸中の幸い。)

ゴウ
ゴウ
税理士にお願いする費用を節約したかったのですが致し方なし。

税理士とは?(探したり、選んだりする前に)

質問くん
質問くん
名前は聞いたことあるけど、具体的にどんなことをやっている人なの?

税理士は、独立した公正な立場において、申告納税制度の理念にそって、納税義務者の信頼にこたえ、租税に関する法令に規定された納税義務の適正な実現を図ることを使命とするとされ(同法1条)、業務として、他人の求めに応じ、各種税金の申告・申請、税務書類の作成、税務相談、税に関する不服審査手続き等を行う。

出典:Wikipedia

ざっくりと言うと、税金のエキスパートで僕のような税金の知識のないような人に変わって税金に関する業務に対応してくれる人のことですね。

今回、僕は副業での確定申告にかかる税の相談でしたけど、思い返せば「ふるさと納税」や「消費税の増税」、「住宅ローンの減税」とか普段からで税金って密接に関わってますよね。

そういう意味では、税理士って生活していく上で必要なパートナーなのかもしれません。

もちろん、税理士は国家資格。

僕のお会いした先生も、みなさん優秀そうでしたよ。

税理士の探し方

質問くん
質問くん
優秀・親切・格安で対応してくれる税理士に頼みたいのですが、どうすれば良いですか?

そんな神対応してくれる税理士は世の中に存在するのかもしれません。

でも、現実はそう甘くありません

なぜなら、実際に頼んでみないと本当に素晴らしい税理士かは判断がつきにくいから。

私の場合、10名ほどの税理士とやり取りをして、ようやくお願いできる人を見つけることができました。

私が実際に税理士を探した方法は以下の通り。

  • 地元を管轄している税理士会に紹介をお願いする
  • 知り合いより紹介してもらう
  • 税理士情報検索を活用する
  • 無料紹介してくれるネットサービスを利用する ←おすすめ

と様々な方法を駆使しながらコンタクトを取りました。

順番に解説します。

税理士会に紹介をお願いする

税理士会とは、税理士の登録した人や税理士法人が会員として登録されている特別法人。

全国15の地域で、管轄が分けられています。(日本税理士連合会のHP

僕の場合は、確定申告に関する税の相談なので、自分の地元の税理士会に電話で問い合わせ。

税理士会には更に細かい支部が設置されており、住んでいる住所から一番近い支部が案内されました。

あとは支部の担当者に自分の希望している条件や相談内容をお伝えし、税理士会側で適任と思われる税理士を後日紹介してもらえることになりました。

知り合いより紹介してもらう

税理士の友達がいれば、一番良かったのですが、残念ながら皆無

そのため、知人にお願いして知り合いの税理士を紹介いただきました。

知り合い経由で良いところは、知人との信頼関係がバッチリな場合、変な人は紹介されないところ。

知人に対して顔に泥を塗るような対応はできませんからね。

ただ、それは紹介を受けた僕にも言えること。

紹介されたといって、無理な要求とかいえば、知人との信頼関係にヒビが入ることになってしまいます。

ちなみに今回は、先方と僕との条件面で合わないところが出てしまったので、丁寧にお断りしました。

税理士情報検索を活用する

税理士さんは、個人情報がネットで公開されているんですよ

税理士情報検索のサイトを活用すれば、税理士をネット経由で探すことができます。

税理士会が管理・運営をしている情報なので安心して利用することができます。

ただ公開されている情報は限定的(名前や住所、電話番号+アルファって感じ)。

そのため、ここに記載されている情報だけで税理士を決めるのは難しいです。

あくまでも、自分の住まいの周辺にいる税理士や法人を把握するぐらいに利用する程度。

気になる税理士がいればホームページを持っていないか調べたり、直接連絡を入れる感じです。

無料で紹介してくれるネットサービスを利用する

検索で「税理士 探す」など打ち込めば、たくさん出てくるサービス。

エージェントと呼ばれる人が電話やメールで直接サポートしてくれるタイプ。

またはサイトに登録されている税理士を条件から検索して探すことができるタイプがあります。

メリットは以下の通り

  • 無料で紹介をしてくれる(もちろん、条件が合わなければ断って良い)
  • エージェントが希望に沿った税理士を探してくれる
  • 税理士の詳細なプロフィールなどを予め知ることができる

こんな感じです。

ゴウ
ゴウ
僕は色々な方法に手を出してしまいましたけど、忙しい人ならこれらのサイトを活用するのが、もっともコスパ良いかもです。

税理士紹介ネットワークで探してみる

税理士ドットコムで最適な税理士を選ぶ

税理士の探す上での注意点

質問くん
質問くん
探す方法は色々あるし、簡単に税理士って見つけることできません?

確かに、簡単に税理士を見つけて相談することは簡単です。

問題は見つけた後の話。

実際に面談したり、電話などで会話をした結果、信頼のできる人なのかを見極める必要があります。

だって自分の大切な資産を全て見せた上で、税金の申告をやってもらうわけですから。

くれぐれも焦って、すぐに税理士を決めるようなことはやめておきましょう。

本当に自分にとって相性の良い税理士(パートナー)に出会うためには地道な活動が必要です

税理士への相談方法【僕のテンプレ紹介】

具体的には最初にメールか電話で連絡を入れて簡単な相談。

そしてお互いに問題がなければ直接面談するといった流れです。

相談した内容は箇条書きしておくと、こんな感じ。

  • 不動産賃貸業を今年から開始した者です。
  • 確定申告が必要なのですが、ご対応いただくことは可能ですか?
  • 概算で費用はどれくらいかかりますか?
  • スケジュール
  • 事前に私が用意すべき資料はありますか?
  • 過去に不動産賃貸関連の確定申告の経験はありますか?
ゴウ
ゴウ
予め相談する内容を決めておくと、先方のやり取りもスムーズに進みますよ。

後で依頼する税理士を決定する際、同じ条件で相談しておいたほうが後で比較しやすくなります

税理士の選ぶ方法(注意点は3つ)

実際、頼むか否かは最終的には先生との相性と言ってもいいです。

加えて注意しておきたい点を3つお伝えします。

可能な限り税理士とは直接面談

こんな時代だからネットで完結したほうが早くて安いし楽といったご意見もあるかもしれません。

しかし、メールや電話などでは実際にどんな人なのかを知る上では限界がありますので直接会ったほうが良いです

(立場は逆ですが、就職する際に面接を受けるのと同じような感覚。)

私が実際にお会いした税理士さんのうち、メールや電話口での受け答えはしっかりしていてOK。

でも清潔さに欠けるような服装とボロボロのカバンでNGというケースもありました。

ゴウ
ゴウ
信用という面において、見た目の印象もある程度、大切なことだと思ってます。

連絡もマメで情報の取り扱いも丁寧であるかどうか

実際、一度の打ち合わせだけであとは税理士が勝手に作業を進めてくれるわけではありません。(簡単な作業なら、それでもいいけど。)

ずさんな管理は信用できない

確定申告にあたっては、税理士へありとあらゆる個人情報を提供する必要。

そのため、税理士が普段クライアントの個人情報をどのように管理しているかは非常に気になり、面談時には必ず質問していました

情報管理がずさんな場合、自分の個人情報が最悪の場合には漏洩してしまう可能性も・・・恐ろしいですよね。

コメントさん
コメントさん
ずさんな管理をする人には、仕事も依頼しにくいわね。

仕事ができる人は反応が良い

過去の経験上ですが、仕事ができる人ってフットワークが軽く、対応も早いんですよね

そのため、相手のメールや電話での反応の良さも、依頼の検討を行う上で大切な要素の1つにしておりました。

レスポンスが良いと、それだけ物事が進めやすくなるというメリットがあります

自分と同じ世代の人であるかどうか

これは私の場合、不動産賃貸業そのものが長期運用を前提としてます。

そのため、長い期間お付き合うことを踏まえると同世代の税理士にお願いするのが適任だと考えました

また同世代の場合、共通の話題で盛り上がることができること、相談も年齢を気にせずにフランクに接しやすいなどのメリットもあります。

年上の人にお願いすると、先に引退されて依頼ができなくなる可能性がありますからね。

ちなみに最初の頃は自分の親と同じ世代(60代後半)の先生と面談したこともあります。

その人は上から目線でお話をされた上、メールやネットは苦手だから全部事務所へ必要書類を郵送してくれとお願いされたケースもありました。

もちろん自分の希望とは価値観も含めて合わなさそうだったので丁寧にお断りしました。

ゴウ
ゴウ
やはり一回り以上の年齢差があるのは大きいですね。

税理士を探し方と選ぶ方法を紹介(まとめ)

  • 税理士の探す際には、無料紹介サービスを活用するのがおすすめ
  • できる限り、直接会って面談しよう(見た目も信用の一部)
  • センシティブな情報を扱うのだから、情報管理をしっかりした人か確認する
  • 連絡もマメで素早い人のほうが、話が進めやすい
  • 長期間のお付き合いを前提に考えるならば、同世代の人に依頼しよう

税理士の探し方と選び方について、僕の体験談を紹介しました。

税理士を探して依頼するまでのプロセスは恋人探しと一緒

一定の会計知識があるけど、今年は確定申告をするための時間がないから、税理士へ業務として依頼をしたい。

と、いった感覚であれば値段重視で、機械的にこなしてくれる税理士探すのもいいかもしれません

しかし、長期にわたって熱い信頼関係のもと、節税対策や事業にかかるアドバイスなども行ってくれることを相手に期待するのであれば、相性は非常に大切。

なぜなら基本的に隠し事は一切できるものではないから

嘘の情報で税金を少なく収めるようなことはできません。

なお、確定申告が本格化する2月以降に行動しようと思っても、税理士の方々も繁忙期に入ってますので、そもそも仕事の依頼を受けてもらえない可能性も出てきます

ゴウ
ゴウ
そのため本格的な確定申告のシーズンに入る前に、早めの行動を取るのがおススメです。

よろしければ、こちらの記事も合わせてどうぞ。

資産価値の高そうな郊外型のマイホーム
家を買う 注意点は資産価値【後で後悔しないために】数年前に購入したマイホーム(中古マンション)を査定してもらったところ、購入時よりも高い価格で評価をいただけました。数十年のローンを考えると、いざとなった場合には高い価格で売れることも重要なポイント。つまり資産価値。今回は家を買う際の注意点を解説します。...
blogと書かれた木のブロック
副業でブログを書くメリットとデメリット【サラリーマン生活に影響】ブログを書き始めた結果、サラリーマンの生活にどのような影響を及ぼしたのかを解説していきます。結果はプラスになることばかり。仕事以外から刺激を受けることの重要性を痛感しています。仕事のことばかりを考えているのではなく、仕事以外のことをすることによって、仕事で新たな気づきが生まれました。...
Amazonギフト券チャージタイプでお得にお買い物

Amazonでお買い物するならギフト券のチャージを利用するとお得。

チャージする度にチャージ金額に応じて最大2.5%分のAmazonポイントが貯まります!

お得なアマゾンギフト券チャージ

チャージするだけでポイントが還元される仕組みなので、必ず買い物する前にチャージしましょう。

利用頻度が少ない人もチャージしたギフト券は発行から有効期限は10年もあるので安心

忘れることがなければチャージ金額が多くても十分使い切れますね。

詳細は公式サイトをご確認ください↓

Amazonギフト券チャージ
公式サイト

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA