ライフ

【簡単】快眠の方法4つ|社会人向け|心地よく寝て睡眠不足を解消

快眠の方法を実践した翌朝のベッドルーム
悩み人
悩み人
最近、ぐっすり眠ことができなくて、夜中に目が覚めてしまったりします・・・。朝起きても、体が重くて辛い。

こんなお悩みに回答いたします。

本記事では平日は仕事へ休日は家族サービスと忙しい30代の男性が快眠するために行っている方法を紹介します。

結論を先にお伝えすると具体的な方法は以下の通り。

  • 品質の良いマットレス使用
  • 音楽を聞いてリラックス
  • ベッドでスマホを見ない
  • 早く寝る

ぶっちゃけ特別なことはしていません。

実はそれがポイントでして、あえて心地良い眠りをしたいと強く意識しないほうが良いです。

ゴウ
ゴウ
本記事を読んで、軽い気持ちでトライしてもらえると余計な力を入れることなく自然な形で眠りにつくことができるようになりますよ。

快眠の方法①(西川エアーマットレスを使用)

快眠するのに欠かせないマットレスは西川エアーが最適

すみません、ぶっちゃけマットレスを交換することで僕の睡眠は8割ぐらい解決したと言っても過言ではありません。

それくらい使用する寝具は重要です。

今使っているのはスポーツ選手も遠征先まで持ち歩く人も多数いるで有名な西川Air

ゴウ
ゴウ
正直20代の頃からケチらずに使用していれば良かったと後悔しています・・・。

マットレスは毎日のように使うものですし、使用している時間も1日の約3分の1の長さ。つまり使用頻度を踏まえると、1回あたりの費用はとても安くなります。

おまけに翌朝は気持ち良く目覚めることができるなら、数万円の支払いは決して高くはありません。

実施に使ってみたレビューは以下を参考にしてみてください。

西川エアーのマットレスに記載されたAirのロゴ
西川エアーマットレスのマジ感想【6年使った口コミ体験談レビュー】西川エアー(AIr)のマットレスを購入して6年間使用してみた感想とレビューの口コミ情報。結論は買う価値が十分にあります。寝心地の良さだけではなく、メンテナンスも楽で耐久性も素晴らしいため元は十分取れるはず。...

快眠の方法②(音楽を聞いてリラックス)

寝る前にヒーリングミュージクを聞いている頭の中のイメージ

寝る時に仕事や家庭のことなど頭で色々と考えてしまい眠れなくなった経験はありませんか?

ゴウ
ゴウ
あれ辛いですよね・・・意識すればするほど目が冴えてしまったりして。

当たり前ですけど、心地良い眠りにつくには頭の中を空っぽにするのが一番。

子供の頃は深刻な悩みがあるわけではないので、あっという間に寝てしまいますが、大人はそうは行きません。

そんな時に有効な方法が寝る前に落ち着いた音楽を聞いてリラックスすること。

ポイントは、音楽に集中すること。(くれぐれも音楽を聞きながら頭の中では他のことを考えないようにしてください。)

オススメの音楽はリラクゼーションの効果が期待できるヒーリングミュージックが良いです。

もう聞いているだけで自然と眠くなるぐらいの音楽で良いです。

なお、アマゾンのプライムミュージックを利用している人なら、アレクサに一言「ヒーリングミュージックかけて」と伝えればOK

ゴウ
ゴウ
音声認識なので、わざわざ操作する手間もありませんし、選曲もアレクサにお任せでOKです。

ちなみに音楽を聞くタイミングで部屋の照明は暗めにするか、全て落としてしまうと、より高い効果を得ることができますよ。

快眠の方法③(ベッドでスマホを見ない)

快眠の妨げとなるスマホをベッドの上でみる男性

今や生きていく上で欠かせないアイテムの一つであるスマートフォンですが、寝る直前にはグッと我慢をしてSNSやYoutubeなどのチェックをするのは避けましょう。

理由としては二つあります。

  • 睡眠時間が削られる
  • 考え事をするキッカケが作られる

上記の通り。

シンプルにスマホをいじるのに集中するあまり、どんどん睡眠時間は削られていきます

例えばゲームに集中するあまり気づいたら1時間くらい時間が経過していた経験とかってありますよね?

寝る時間が遅くなるようであれば、翌日の仕事のパフォーマンスにも悪影響です

またスマホで刺激の強いニュースや、友達のリア充自慢などを寝る前に見てしまうのもNGです。

頭の中は緊張した状態になってしまい、とてもリラックスした状態で眠りにはつけません。

繰り返しになりますが、ベッドに入ってからスマホを触るのは避けましょう。

こちらも参考にどうぞ

スマートフォンをいじりすぎるのは危険
寝る前のスマホをやめたい!やめないデメリットと4つの対処法 こんなお悩みに回答します。 初代iphoneが発売されてから十数年が経過し、今やシニアと子供を除きほぼ全ての人が持...

快眠の方法④(早く寝る)

夜の9時すぎを表示している目覚まし時計

とってもシンプルですが、快眠するためには早く寝ることも重要です

なぜなら、睡眠する時間(長さ)を確保しなければスッキリと目覚めることができないから。

ゴウ
ゴウ
いくら質の良い睡眠をしたとしても、短い時間では起きた時に「眠くてツラい・・・」ってなっちゃいますよね。

早くベッドに入ることで、すぐに眠りにつくことができなかった場合のリスクを回避することも可能です。

なお、寝るまでにやることが沢山あって、いつも寝る時間が遅くなってしまう人は生活を見直して朝型の生活を送るようにしましょう。

具体的な方法は以下を参考にしてください。

早起きするための方法を実践して早朝にランニングする女性
【簡単】早起きの方法は習慣を1つ減らして早寝するだけ|初心者向け早起きができるようになるコツは簡単でシンプルなのがおすすめ。なぜなら、習慣化しやすいから。具体的な方法は、何か1つの習慣をなくして、早く寝るだけ、簡単でしょ。...

快眠の方法(まとめ)

快眠の方法を実践した翌朝のベッド

本記事では平日は仕事へ休日は家族サービスと忙しい30代の男性が快眠のための方法を紹介しました。

多少の出費はかかりますが、寝る際の必須アイテムである寝具(マットレス)は非常に重要なアイテムです。

ネットで買うと体に合わなかった時のリスクが結構あるので、寝具専門店やデパートの売り場に行って直接試してみるのをオススメします。

ゴウ
ゴウ
購入する時にはアマゾンや楽天などネット通販で購入した方がポイントも付いたりとお得ですよ。

こちらも合わせて参考にどうぞ

口呼吸の防止テープで死亡した人はいる?ナイトミンで寝てみた

寝る時間がもったいないと思う理由と対処法|夜更かしが惜しい人必見

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA