転職

採用募集していない企業へ応募する方法(実際に採用された体験談)

採用担当者が握手を求めている
悩み人
悩み人
社会人になってから働き続けて10年以上経過してるし、新しい事にチャレンジしてみたいな・・・別の企業で働いてみたいけど、希望する会社は求人を募集していないんだよね・・・。

今回お話しするのは、よくある求人サイトからの応募やエージェントからの紹介、企業からスカウトを受ける話とは一線を画します

通常の転職活動が正攻法とすると、これはユーザーを装いつつ企画提案+自己PRする裏技で転職と言ってもいいでしょう

(田中正造のように、直接社長へ直訴するわけではありません。)

ただし、勢いと度胸で達成するものではなく、時間と労力はかかりますし100%成功するものではありません。(何でもそうですが、絶対はない。)

これは私が30代に入った頃、とあるコンシューマー向けWEBサービスを提供している会社に転職した際の体験談。

当時、私には働いてみたい会社がありましたが、タイミングが悪く採用募集は停止されておりました

別の候補を探して受ける案もありましたが、どうしても諦めきれず、この裏技を試したところ、見事に内定の扉をこじ開けることに成功しました。(自ら行動することの大切さも学びました。)

ゴウ
ゴウ
準備は大変だったんですけど、最終的に努力も報われたので、やって後悔はありません。

いつまでたってもお目当ての企業が採用募集を行ってくれず、唇を噛んでいるそこのあなた!

転職のチャンスを得られるヒントにしてください。早速どうぞ。

採用募集していない企業へ応募する方法(自分の好きや興味を軸に企業を選ぶ)

手で作ったハートマークそもそも私が仕事を変える際に考えたこと。

それは自分が気に入っているサービスを提供している会社で働くことができれば、給料をもらいながら、好きな事に関われるじゃんと思ったのが事の始まり。

コメントさん
コメントさん
それって世間の学生が就活でテレビ局に応募するのと一緒ですよ・・・
ゴウ
ゴウ
あっそうか・・・当たり前のことか。

当時私が興味のあった分野は、ずばり家族向け事業。

ちょうど愛おしい息子が誕生した直後で、毎日子育てが楽しくて仕方なかったんですよ

それくらい子供の存在が大きく、仕事への意識や考え方も変わった気がします。

ということで、転職先は頻繁に利用している家族向けサービスを提供してくれる企業をターゲットにしました。(前職は医療業界にいたので、異業種へのチャレンジ。)

コメントくん
コメントくん
奥さんも応援してくれそうな動機ですね

でも、「お気に入りの事業を営んでいる会社=理想とする職場」とは限りません。

ゴウ
ゴウ
外面はいいけど、中身は超絶ブラックの可能性もありえますからね。

特に採用募集をしていないと、待遇面や条件もはっきりしませんし、会社で働くイメージを膨らませるのって難しいですよね。

そのために以下の方法で情報を収集。

  • 会社が発信しているブログをチェック
  • 実際に働いている人の生の声が聞ける勉強会やセミナーへ出席

ちなみに給与面は、一旦考えないことにして最終的に面接まで運良く進めたら、自分の希望を伝えることにしました。

IT系の企業だと、エンジニアなどが意外と気軽に個人でツイッターやブログをやっていたりします。

それを参考にして、仕事を楽しんでいるか・雰囲気も推測できます。

(たまに会社への不満を漏らしている人は、ある意味で感心してしまう。)

実際、社員の方々もやりがいを持って働いてることを垣間見れたりしたので、働く環境としての魅力も十分感じ取ることができました

ゴウ
ゴウ
それでも、もちろん入社後に感じたギャップはありましたよ・・・。

採用募集していない企業へ応募する方法(ユーザー目線で改善点を100個出す)

黒板に書かれた電球とアイデア働きたい企業が決まったら、ユーザー目線でサービスの改善点をアイデアとして出していく作業をします

その数、100個ほど。

(ここでは具体的な例を書こうとすると日が暮れてしまうので省略。)

具体的には1枚の付箋に1アイデアを書き込んでいく感じで、一人ブレーンストーミングを実行しましょう。

(自宅でペタペタと家具や壁に貼り付けていたら、嫁さんに切られました・・・作業する場所には注意が必要。)

自分がヘビーユーザーとして気に入っているサービスであれば、改善して欲しいと点も容易に見つけられますよね。

  • 初めて利用した際、操作方法を誤ってしまった
  • 内容を理解できず、FAQの確認やサポートへ問い合わせをした
  • 毎回、面倒だと思うような作業発生する

などを軸に考えると出てきやすいです。

この段階ではユーザーの満足度が向上しそうなアイデアをひたすら発散していきます

(採用の面接のことなどは一旦忘れてOK)

100個ものボリュームを用意する理由は、パッと思いつくアイデアでは既に企業側の人間が考えている可能性が大きいから。

結構、練りに練った内容でなければ、相手の想像を超えるようなことは容易ではありません。

体操で例えると、普通が一回転としたら、求められているのは三回転ひねりくらいです。

ゴウ
ゴウ
この作業は結構大変ですけど、好きなサービスだからこそ楽しんでやったほうがいいです。
私は100個のアイデア出すのに1週間くらいかかりました。

採用募集していない企業へ応募する方法(ユーザーと企業がWIN-WINとなる企画を準備)

手首をつかんだ握手次に100個の改善案の中から、ユーザーと企業の両方にメリットがある企画へと昇華する作業を行います。

(※昇華とはアイデアをブラッシュアップすることです。)

ポイントとしてはユーザーだけではなく、企業にもメリットがあるのかという点

例えば、サービス料金やプロダクトの価格を値下げするアイデアがあったとして、ユーザーは嬉しい反面、企業は利益を削らないといけません。

この場合は一方だけが得をするアイデアなのでボツ。

コツとしてはサービスを提供する社員目線で、アイデアを1つ1つ精査していくこと。

ちなみに企業のメリットとは以下の通り。

  • 売上が増える(ユーザー数が増加する)
  • コストが削減できる
  • ユーザー満足度が上昇した結果、リピートする人が増える

社会人なら釈迦に説法ですかね。

もし、この時点でwin-winになる企画が見つけられない場合、今回の方法で採用を勝ち取るのは難しいかも。

なぜなら企業が採用したいと思う企画内容でなければ、わざわざ人を雇おうとは思わないので

スキルやこれまでの経験を売りにする場合には、どうしても広く募集をかけて比較しようとする流れが一般的です。

なかなかゲリラ的には採用してもらえません。(予算の関係とかもあるし。)

魅力的な企画を考えるコツは、既に100個もアイデアを出している中からランダムに2個〜3個選んだものを組み合わせて、新しいアイデア考える方法。

ソフトバンクの孫社長も昔、同じような方法を実践して素晴らしいアイデアを考えていたそうです。

ゴウ
ゴウ
私はどうしてもユーザー目線が抜けきれず、ユーザーメリットを優先する内容ばかり考えてしまっていましした。
そのあたりは嫁さんに客観的な視点で精査してもらい、修正を行いました。(ありがとう、嫁さん)

採用募集していない企業へ応募する方法(カスタマーサポートに問い合わせる)

キーボードとマウスとっておきの企画が準備できたら、内容を簡単でもいいのでパワポなどの資料に落とし込んでから、企業のカスタマーサポートへ連絡しましょう。(ドキドキしますね。)

企業の一般的な問い合わせ窓口を利用しません。

 あえてカスタマーサポートに問い合わせる理由は、ユーザーの声にきちんと耳を傾けてくれる会社でなければ、ユーザーメリットのあるアイデア企画を受け入れてはくれないでしょうから。

(今回の作戦における強みは自分がユーザーであること。)

ただ、どんなに素晴らしいアイデアでも、残念ながらスルーされたり、アイデアだけ頂戴されてしまう可能性もあります。(この辺りはブラックボックス。)

ゴウ
ゴウ
提案しなければ相手は精査できないので、もったいぶらずに、パクられても仕方ないと思うくらいの気持ちで臨みましょう。

私はネット系サービスの会社でしたので、メールに熱い気持ちとアイデアを書いた企画書を添付して送信しました。(長文で、かなりの文字数でした)

ゴウ
ゴウ
電話は相手も戸惑ってしまうと思うので、メールの利用がオススメ。
(メールであれば担当者へ転送してくれるかも。)

採用募集していない企業へ応募する方法(面談に進んだらアイデアではなく自分を売り込む)

机で向かい合って話をする男女企業の人と会ってもらえるのか否かは神のみぞ知る話。

どんなに優れたアイデア(企画)でも、運営している担当者や人事の人間にまでたどり着けない可能性もあります。

ちなみに私がコンタクトした企業は規模が小さく、社長とカスタマーサポートとの距離が近かったため、すぐ社長が反応してくれました。(ラッキー。)

もし運よく提案した内容に企業が興味を持ち面談の機会にこぎつけたら、もうこっちのもの

きちんと自分の考えた企画の資料と、履歴書、職務経歴書を用意して、あとは担当者へサービスへの熱い想いの丈をぶつけてみましょう。

ゴウ
ゴウ
過去の職務の経験が提案するアイデアとマッチしているのがベスト。
でも、そこは無理にこじつける必要ないと思います。

こんな企業には作戦が通じない

  • 資格が必要な仕事(医師や弁護士など)
  • 国家・地方公務員(試験を受ける必要があるもの)
  • そもそも中途採用を一切行っていない(新卒でしか入社できない)

上記のように採用に関するルールが徹底されているところでは正攻法で攻める必要があります。

(最後の項目は諦めるしかないです・・・ミキハウスさんとかは中途募集がないとのこと。)

採用募集していない企業へ応募する方法(まとめ)

  • 自分が働きたいと思う企業が提供するサービスのヘビーユーザーとなる
  • ユーザーと企業がwin-winになるようなアイデアを用意する
  • カスタマーサポートに問い合わせる
  • 面談時にはアイデアと一緒に自己PRを行い、採用を勝ち取る

周りと同じように採用募集に応募するだけではライバルも多く、厳しい競争にさらされる可能性があります。

(私は、この戦いが苦手。学歴もないし、転職の回数も多いので。)

一見面倒な方法と感じるかもしれませんが、自分自身の興味ともきちんと向き合うことができます。

また次の職場で実現したいことも明確にできるので、納得度の高い転職ができますよ。

(ある意味、このプロセスが自己分析のようなものですね。)

友人と転職紹介に握手はNG
知人の紹介で転職する時の断り方【失敗のリスクを考えたらやめておくべき】知り合い経由で転職するのはNG。本記事では上手な断り方と、知人経由で新しい会社で働くべきではない理由をお伝えします。失敗すると紹介した知人・紹介された自分・転職先が不幸になる可能性があります。...
石の上に3年間働き続けている新卒の男性
とりあえず3年は働くべき?結論は辞めてもOK。事実、大卒で3割退職。とりあえず3年働くべきだと思い込んでいませんか?僕は新卒2年目で転職しましたが後悔などはしていません。仕事の経験は環境や条件による影響は受けますが、同じ環境で3年続けるのが正解とは限りません。ただ早期退職は世間的にマイナス評価を受けやすいので注意が必要です。...
リモートワークの求人案件に興味があるなら【クラウドテック】をチェック!

リモートワークという新しい働き方に興味のある人は、まずはどんな求人内容があるのかチェックしてみてください。

クラウドテックは単なる求人情報サイトではなく、自分のこれまでのキャリアやスキルなどを最大限活かせるように専任のアドバイザーが徹底サポートしてくれます。

いきなり転職しようという考え方をするのではなく、まずは求人情報やアドバイザーからの助言をもらってみて検討したり、可能性を探るとこから始めるといいですよ。

サポーターが徹底支援。キャリアサポートサービスの「クラウドテック」
クラウドテック
実際にリアルな内容を見て「ハードル高そう・・・」と思えば、別の道を探すのも手です。