ワーク

会社で評価されない人は「上司をマネる」が有効です【だから簡単】

会社で評価されない人の結果
悩み人
悩み人
自分なりに頑張っているつもりなのに、全然評価が上がらない。
どうやったら会社で評価される人間になるんだろうか・・・。

こんな悩みにお答えします。

嫌な顔を1つせず依頼された仕事は全てこなしたり。

時にはサービス残業をするなど、陰ながら会社に貢献しているのに。

でも全然会社は評価してくれない・・・ってありませんか?

この記事を書いている僕も20代の頃に同じような経験をしてまして、1年間頑張ったのに月の給与が3,000円しか上がらなかった経験があります。

でも、結論を先にお伝えすると、会社の上司をマネて仕事をするようになってからは評価が激変しました。

[jin_icon_info color=”#4F96F6″ size=”20px”] 事実、僕はこの方法で昇級と出世をしましてマネジメントする立場と手当てを勝ち取ることができました。

本記事では会社で評価をされるための具体的な方法を紹介します

ゴウ
ゴウ
この記事を読めば、会社で評価されて昇給や出世の期待値もあがるはずです。

会社で評価されるには上司をマネすべき3つの理由

会社で評価されない人は上司を観察するために必要なのは双眼鏡

「なぜ上司を真似することが評価をあげるための近道になるのか」という理由は以下の通り。

  • 会社のルールに従っている
  • マネするほうがコスパもいい
  • 上司だとダイレクトに評価に影響

順番に解説します。

会社のルールに従っている

会社には独自の評価システムがあるので、どのような人が評価されやすいのかは会社によって異なります。

当然ですが、会社のルールを無視して一生懸命仕事をしたところで、それが良い評価に繋がるわけではありません。

[jin_icon_info color=”#4F96F6″ size=”20px”] かえって会社にとっては、そのような人は評価を下げる可能性もあります。

事実、僕も過去に3社で就業経験がありますが、会社によって評価制度は大きく異なりますね。

そのため、しっかりルールに従って評価をあげている人と同じパターンで行動するのが重要になってきます。

ゴウ
ゴウ
まさに「郷に入っては郷に従え」ですね。

身近な存在でもあり、しっかりと評価をされて昇進や昇級をしている上司は真似をするのに最適な存在です。

マネするほうがコスパもいい

自分らしく自分で考えたやり方で仕事の評価を得ようとすると、失敗するケースや時間を多く取られるケースがあります。

既に会社の中で実績を積み上げている人を参考にした方が効率的です。

[jin_icon_info color=”#4F96F6″ size=”20px”] 例えば、社内資料で従来のフォーマットとは異なるものを急に出されても、よっぽど見やすくなければ、大抵の場合は不評を買うことになります。

なぜなら、今までの資料に慣れてきた人にとっては、見慣れていない分だけ見にくいと思われる可能性が高いです。(また多くの人が変化を嫌います・・・)

ゴウ
ゴウ
特に新入社員や新しい業務を始めて経験の少ない人にはオリジナリティは不要。

会社は組織で動いているため一人で仕事をしているわけではありません。

従来の仕事の進め方に自分が合わせることで、変に波風を立たせないことも大切です

上司だとダイレクトに評価に影響

会社の中にはマネをしても良さそうな社員は多くいる可能性がありますが、身近な上司を選ぶのが得策です。

なぜなら、自分の評価を行うのは多くの場合、身近な上司だからです。

[jin_icon_info color=”#4F96F6″ size=”20px”] もし、あなたが上司の立場だったら、自分と同じような姿勢で仕事に打ち込んでいる部下を見て悪い気にはならないはず。

上司に気に入られるだけではなく、上司とも仕事が進めやすくなるはずです。

【悲報】全ての上司が真似ても良い存在とは限らない

会社で評価されない人が真似をしてはいけない上司

すみません、残念ながら世の中には尊敬できる上司もいれば、そうではない上司もいます。

[jin_icon_info color=”#4F96F6″ size=”20px”] そもそも正当な評価をされずに運だけで出世した人もいるのが、この世の中。

そのため、いくら上司とは言ってもマネをしてはいけないケースもあります。

例えば以下に当てはまる人は避けた方がいいでしょう。

  • 周囲から悪い評判しか聞かない
  • 実力ではなくて、ゴマすりで出世した
  • 自分で仕事はせずに部下にやらせてばかりいる
  • やる気がない

なお、運悪く真似てはいけない上司にあたってしまった場合には、別の上司や評価をもらっている先輩の行動を参考にするのがおすすめします。

頼りない上司の対処法については以下の記事を参考にしてみてください。

頼りにならない上司から残業をお願いされて働く会社員
頼りにならない上司の特徴と対処法|「使えない」とは言ってはダメ使えないと思うような上司でイライラしたり、ストレスを感じていませんか?辞めようと思うのはまだ早い。本記事では頼りにならない上司の特徴を紹介しつつ、上手な付き合い方を紹介します。この記事を読めば、上司との関係性が改善されて良好な毎日が過ごせるはずです。...

将来、転職を考えているなら、やることは別です

会社で評価されない人が新しい道として転職を考えているイメージ

もし、あなたが将来転職を考えているならば、会社の独自ルールに合わせて出世や昇級を目指す必要はありません。

なぜなら、転職先で求めているのは前職での評価よりも、実績やスキルを重要視するから。

[jin_icon_info color=”#4F96F6″ size=”20px”] まったく前職の評価が参考にならないわけがありませんが、転職先の人事担当者などが他社の人事評価など知っているわけがありません。

それよりも具体的なやってきことや数字で分かる成果、持っている資格などのほうが客観的で分かりやすいと言って良いでしょう。

とはいえ、会社での評価をもらいつつ転職に向けて実績を積み上げたり、スキルアップしたいと考えてしまうもの。

そういった人は今後のキャリア形成も含めて、どのような方向に進むべきかを真剣に考えるべき。

ゴウ
ゴウ
もしかしたら、今の会社で数年間の経験を積むよりも、違うところに転職したほうが良い可能性もありますからね。

一人で悩んでいると、なかなか結論が出なかったりするタイプの人は第三者から客観的なアドバイスをもらうのも1つの方法です。

転職エージェントのように、とにかく転職をさせようと話をもっていくのではなく、あなたの立場になって今後のキャリアについて相談に乗ってくれるのが「そうだんドットミー」

[jin_icon_info color=”#4F96F6″ size=”20px”] ぶっちゃけ有料なので迷うところですが、自分の将来という真剣な悩みだからこそ、お金を払ってでも相談する価値があります。

匿名なので、どんな内容でも安心して相談することが可能です。

ゴウ
ゴウ
ちなみに満足できなかった場合には、初回のみ全額返金サービスがあるので安心です。

まずは、自分の中のモヤモヤした将来を言語化するのをおすすめします。

そうだんドットミー

もし本格的に転職を検討している人ならば、転職に必要なノウハウを身につけてトレーニングしてくれるサービスを活用するのもあり。

やっぱり転職するなら失敗はしたくないですし、自分の希望通りに転職するのが利用ですよね。

しっかり準備をして転職活動に望みたいという人には「ゲキサポ!転職(転職支援コンサルティング)」がおすすめ。

[jin_icon_info color=”#4F96F6″ size=”20px”] 一般の転職サイトやエージェントではカバー仕切れないキャリアの軸や強みを明確にできる点が強みです。

まずは無料のカウンセリングサービスを受けてみて、どんな感じなのか試してみるくらいでOK。

ゴウ
ゴウ
ちょっと違うな・・・と思ったら、本申し込みをせずに断ればいいですよ。

ゲキサポ!転職

会社で評価されない人は「上司の真似をする」が有効です(まとめ)

会社で評価されない人が一歩ずつ昇給していくイメージ

本記事では会社で評価をされるための具体的な方法を紹介しました。

ポイントをまとめると以下の通り。

  • 社内で既に評価されている人を参考にする
  • 自分で独自よりも、他人を真似したほうがコスパもいい
  • 上司は真似されても嫌な気持ちにならない。
  • ただし、マネをするべき上司はしっかり見定める必要あり
  • 転職するなら社内評価より、実績やスキルを高めるのが重要

具体的なマネをする方法ですが、見た目などを真似する必要はありません。

[jin_icon_info color=”#4F96F6″ size=”20px”] 普段の仕事の進め方や考え方のほか、話し方やメールの文面などを参考にすればOK。

ゴウ
ゴウ
もし上司が読書をする人なら普段読んでいる本も教えてもらうといいですね。同じような思考ができるようになりますよ。

 人気記事  IT系企業に実績のある転職サイト、転職エージェント3選|初心者向け

本を無料で読む裏技で実際に読めた書籍
本を無料で読む裏技4選|お金をかけずに読書ができると幸せ【必見】この記事を書いている僕も年間で100冊ほど読書をするほど本が好き。 でも実は全てを買って読んでいるわけではなく、一部の本はタダで読んでいます。本記事では、タダで本を読む方法を紹介します。...
読書ができない人におすすめのオーディオブック
読書が苦手?オススメの裏技は読まずに聞く|中身が理解できれば同じ読書ができなくて苦労している人は(集中して読めない、中身が頭に入らない)、聴いて本が読めるオーディオブックを活用するのがオススメの方法です。目が疲れることはありませんし、通勤や運動している時などでも耳を通じて必要な知識や情報を効率よく吸収できますよ。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA