ライフ

親の面倒を見る上で準備しておきたい3つのこと

星空のもとベンチに座って人生について考えている老人
悩み人
悩み人
正月に帰省して久々に親の顔を見たら、シワも白髪も増えてて老け込んだ感じがしたよ。
しかも車の運転をするのが怖くなったと言って免許証を返納したみたいで、親がこれから一人でやっていけるのか心配。

年齢を重ねた親を持つ世代の人たちへ

  • 親がいざとなったときに、子供はどのように親をサポートすればいい?
  • 最近まで元気だったと思っていた親が最近何かと病院へ行く機会が増えた気がして心配。

こんな悩みを持つ人に向けて、お答えします。

久しぶりに両親に会ったりすると、急に老け込んだなと思う瞬間はないですか?

つい先日、新年の挨拶で両親の住む実家へ帰省した際の私の感想。

実家には私たち家族(3人)以外にも40代の実兄家族(5人)も同じタイミングで戻ってきていたので、大変賑やかな正月を過ごしてきました。

ゴウ
ゴウ
我が家では節約のため質素な生活なので、いつも親からは食べられないほどの御馳走を用意してもらって助かってます。

私の両親は二人とも健在で既に70を越えている、いわゆる団塊の世代。

二人とも若い頃から働き詰めでしたが、定年を迎えた後は旅行へ行ったり、新しい趣味を始めたりするなど、この数年は自由気ままな生活を満喫している感じでした。

ただ最近は両親に会った際に二人から上がる話題は、自分の体や病気に関することなど、歳を重ねるに連れて身体の衰えが顕著になってきていることを感じさせる発言が増えた感じがします

これはちょっと心配・・・。

やっぱり子供としては親にはいつまでも健康で元気にいてもらいたものです。

ましてや我が家は親と同居しているわけではありませんので、普段の親の生活を見守っているわけではありません。

今後、子供として親の面倒をどのように見ていくべきなのかを考えていかなければなりません。

人生100年と言われる現代の世の中。

同じ100歳を生きるにしても、自分のことは自分でできる自立した生活と病院のベッドの上で寝たきりの状態で過ごすとでは全然違いますよね。

実は自分の兄が介護関係の仕事をしていることもあり(兄も親とは別居してます)、今回介護職ならではの視点でいくつかのアドバイスをくれました。

大事なことは、親の「もしも」時に備えて子供と親が共通認識をもっておくことは非常に大切です

これから具体的な内容を紹介しますね。

ゴウ
ゴウ
自分の親のことを一緒になって考えてくれる兄弟の存在って大きいですよね。(昔は喧嘩ばかりしていたけれど。)

兄の専門家としての知識のおかげで非常に助かりました。

親の面倒を見る上で準備しておきたい(介護)

今のところ両親ともに介護が必要な状況ではありません。

ただ、二人がいつまでも健康な状態のまま終わりを迎えることができるのは中々難しいですよね。

いつか必ず介護が必要となるときが来るという覚悟は持っておいたほうが良さそうです。

仮に二人のいずれかが介護が必要となった場合に、どういった方針で介護を行うのかは決めておいたほうが良いです

コメントさん
コメントさん
やっぱり親が元気な状態では、なかなか介護のことまで考えるようなことはしないわよね。

まずは誰に介護をやってもらいたいのか?という点をはっきりさせておく必要がありそうです。

もし赤の他人に介護をしてもらうことを両親が望まないのであれば、子供である私または兄が介護をしなければなりません。

さすがに両親が相手の介護を行うような老々介護の状態は負担があまりにも大きいため、それだけは子供として避けたいと思ってます。

介護レベルにもよりますが、私または兄が介護のために今の仕事を辞める可能性が出てきたり、私の奥さんや子供など家族に大きな負担を強いられたりする可能性が出てきますよね。

コメントくん
コメントくん
最近、周りでも40代の方で親の介護のために退職されるサラリーマンの方がいらっしゃいましたね。

またヘルパーのような第三者へ介護を依頼する場合、その介護サービスをそもそも自宅で受けるのか、施設に入居してサービスを受けるのかでは親の生活環境も大きく変わってきます。

サービスを受けるためにかかるお金の負担のことも気にしないといけません

介護って制度もそうですが、サービスの内容から施設のこと、お金のことなど、本当に様々なことを考慮して考えないといけないんですね。

ゴウ
ゴウ
子供である自分の生活にも大きな影響を与える可能性があることを踏まえると、事前準備って大切。

親の面倒を見る上で準備しておきたい(体のこと)

病気も歳を取れば避けて通ることはできないですよね。

今後、両親がどのようなスタンスで病気(特に重い症状のもの)と向き合っていくのかは子供である私も理解しておく必要があると思います。

今や多くの人が何かしらの病にかかって最期を迎える時代ですから

  • どのような治療を望むのか(痛みを伴うもの、逆に痛みを緩和してくれるもの)
  • 余命宣告を望むのか否か

など、予め両親へ確認しておいた方が良さそうです。

先ほどの介護の件と同様に、やはり病気になってしまった本人の意思を最大限尊重すべきだと思います

でも、子供の私の感情的には仮に親が病気と闘うことを望んだとしても、病気や治療で親の苦しむ姿はあまり見たくはないと思ってしまいます。

また最悪、親と直接意思疎通が測れないような状態になってしまった時のことに備えて、延命治療も両親の希望の有無を確認しておきたいところ。

決して明るくて楽しい話じゃないんですけど、大切なことだから、しっかりと本人の意思を知ることは大切。

ゴウ
ゴウ
ただ、親の立場になって考えると、正直その状況になってみないと、どんなことを望むかはわからないかも・・・。

親の面倒を見る上で準備しておきたい(家)

住環境って生きていく上で非常に大切な要素ですよね。

両親の第一希望としては、最後を迎えるまで今の家(私の実家)に住み続けることかもしれません。

でも、この先も同じ家に住み続けることが必ずしも両親にとってベスト限らないので、今後どのような家で生活を送るのかも一緒に考える必要があります

そもそも現在の家は、20年以上も前に両親が懸命に働いて手に入れたものですが、既に既に両親二人で住むには家が広すぎます。

また、あちこちでガタがきているので修繕が必要なところを騙し騙し使っているところがあります。

台風とか来ると、家の屋根が吹き飛んだり、雨漏りが心配とのこと。

またバリアフリーを意識して建てられた家ではないので、段差があったり手すりがなかったりするなど、お年寄りが住むには危険な箇所もあります。

そもそも家を建てた当時の家族構成をもとに建てられた家なので、数十年先のことを考えて設計された家ではないので、不便になって当たり前なのです。

ゴウ
ゴウ
私もマンションを購入するときに、自分が将来車いすの生活になるかもしれない・・・とか

歩けなくなって寝たきりになるかも・・・なんて考えもしませんでした。

本当は購入した住宅を家族構成の変化や自分たちのライフスタイルの変化によってリフォームを行い、最適化を図っていくようなことができたらベスト。

でも、それなりの出費も発生しますので簡単にできるものではありません

しかし、このまま両親が住み続けるにはそろそろ限界かと思ってます。

今後、実家を大幅にリフォームするか、または両親がバリフリー化されたマンションはたまた老人ホームに引っ越しするのかなど、終の棲家について両親の希望を聞こうと思います。

ゴウ
ゴウ
状況次第では親との同居についても考えなければならないかも。

親の面倒を見る上で準備しておきたい(まとめ)

  • どんな介護の仕方を親が望んでいるのかを確認する(どんな場所で、誰から、どんな介護を受けたいのか)
  • 病気になった場合、親がどんなスタンスで病気と向き合いたいのか確認する(治療方針、余命宣告の有無、延命治療の有無)
  • 生活する上でもっとも重要な住環境について確認する(親にとって快適な住まいとなっているのか、健康状態に合わせてリフォームは必要か)

今回は子供から見た視点で、親の面倒を見る上で意識しておきたい3つのことを紹介しました。

まだ親と直接この事についてコミュニケーションを取っているわけではありません。(ちょっと勇気も必要。)

でも介護関係の仕事をしている兄が普段、子供と親の双方から相談を受けたり、トラブルの仲裁に入るようなことをしているので、どの親子も予め共通認識を持っておくべき内容と言って間違いはないでしょう

早いうちに話をしておくのがおすすめ

私の両親はまだ70代ですので今回は3つの内容に絞りましたが、より両親が歳を重ねるにつれて、親との認識合わせすべき項目も増えていくことと思います。

(例えば、お墓のこととか遺産のこととか)

まだまだ親は若いと思っていたのですが、老いていく姿を見るのは寂しいですね。

ゴウ
ゴウ
元気なうちにこそ親がどんな最期を迎えたいのかをじっくり聞いて、子供としてできる最大限のサポートをしてあげたいと思います。
定年という頂上まで1本の道で山登り(仕事を続ける)サラリーマン
仕事を続けるつもりの人が将来を考えてやるべき1つのこと仕事を続けるメリットはたくさんあります。でも、定期的に自分を見つめ直すことは重要です。本記事では今の仕事に満足している人こそ、転職サイトへ登録しておくべき理由をお伝えします。仕事辞めるべきか続けるべきか迷っている人も参考にしてください。...
人生は友人と海にやってきて夕日を見るだけでも楽しい
楽しみを作ると人生が豊かになる【社会人におすすめの方法を紹介】本記事では人生において楽しみを作ることのメリットやデメリットをお伝えしつつ、具体的に作るコツも紹介します。人生は楽しんだもの勝ち。必要なのは行動と気持ちのみです。...
いつ止まるかわからないコマ
人生は運ゲーだよね?やってはいけない3つのこと【運次第だからと諦めるな】人生って思うようにいかないことの方が圧倒的に多いですよね。なぜなら人生は運ゲーのようなもの。でも、運次第だからと言って投げやりになってしまっては人生が台無しになる可能性を自ら推し進めることになります。まずはやっていはいけない3つのことを理解しましょう。...
Amazonギフト券チャージタイプでお得にお買い物

Amazonでお買い物するならギフト券のチャージを利用するとお得。

チャージする度にチャージ金額に応じて最大2.5%分のAmazonポイントが貯まります!

お得なアマゾンギフト券チャージ

チャージするだけでポイントが還元される仕組みなので、必ず買い物する前にチャージしましょう。

利用頻度が少ない人もチャージしたギフト券は発行から有効期限は10年もあるので安心

忘れることがなければチャージ金額が多くても十分使い切れますね。

詳細は公式サイトをご確認ください↓

Amazonギフト券チャージ
公式サイト