ワーク

見切り発車OK!仕事はチャンスがあればチャレンジしたほうが良いワケ

仕事で思い切った挑戦をするサラリーマン
ゴウ
ゴウ
20代は仕事で新しいことにチャレンジさせてもらったゴウです。
当時は失敗続きで苦しかったですが、振り返ればチャレンジして正解でした。
悩み人
悩み人
会社で新規事業の担当を募集しているけど、自分でもできるかな・・・?
自分には経験なんてないし、正直なところ失敗しないか心配。
もう少し勉強したり、経験を積んでから立候補したほうがいいのか迷う・・・

こんなお悩みに回答します。

本記事は主に20〜30代の若手サラリーマンに向けて書いています

会社で働いていると、ちょっとしたミスや失敗を犯して上司や取引先から怒られたりすることってありませんか?

または会社の目標である売上や利益などを達成するために、プレッシャーをかけられて精神的に辛いと感じることはありませんか?

特に仕事で新しいチャレンジをした際には、より上記のようなケースに遭遇する可能性が高まります。

ましてや結果的に失敗したとして、それが出世や昇給などに影響したり、同僚から後ろ指をさされるような状態になるかもしれません。

でも、それでも会社でチャレンジできるチャンスがあれば、見切り発車OKなので、積極的に手をあげましょう

なぜなら、仮に失敗しても得られるメリットのほうが圧倒的に多いから

確かに簡単なことではありませんが、短期間で成長するにはとても良い経験です。

「若い時の苦労は買ってでもせよ」ということわざは、あながち間違ってはいません。

僕も20代の頃は、経験や実績がなくても積極的に新規事業などに立候補して、たくさん失敗しました。

当時は苦しいと感じることの方が多かったのですが、今となっては良い経験をたくさん積めて良かったというのが正直な感想です。

本記事では見切り発車でいいので、仕事は失敗を恐れずに機会があれば挑戦するべき理由を中心に解説します。

見切り発車OK 仕事はチャンスがあればチャレンジすべき5つの理由

なぜ失敗をしてでも、仕事で挑戦することが大切なのかを紹介します。

  • 迷っていたらチャンスが他人に取られる
  • 成功か失敗なんて、やってみないとわからない
  • 失敗しても命までは取られない
  • 走りながらリカバリーできれば問題ない【トライ&エラー】
  • 経験は買うことができない貴重なもの

上記の通り。

順番に解説します。

迷っていたらチャンスは他人に取られる

自分だけに用意された専用チャンスなんて普通はありません。

会社であればたくさんの同僚という名のライバルが存在します。

そのため、迷っていたら別の誰かが手を挙げてしまう可能性があります。

また今回は見送って、次回のチャンスが来たらチャレンジしようという考えは甘いです。

なぜなら、同じようなチャンスが2度来るとは限らないから。

少しでも興味のあるチャレンジがあれば、他人よりも早く決断して立候補するのが重要です。

成功か失敗なんて、やってみないとわからない

ビジネスにおいて100%成功することが保証されているものなんてありません。

そのため、失敗を恐れるあまり、いつまでもチャレンジできないのは、ただチャンスをみすみす逃しているだけ。

よく万全の準備をしてからじゃない挑戦できないという人もいますが、単なる言いわけです。

万全の準備をしていても失敗するときには失敗するし、見切り発車でスタートしたけど成功したというケースもあります。

つまり、始める前から結果のことを気にする必要ありません。

それよりも、やってみたいという気持ちのほうが重要です。

失敗しても命までは取られない

仕事で新しいことにチャレンジする時にもっとも恐れているのは失敗すること。

最悪失敗しても命まで取られるようなことはないので安心してください。

そもそも、あなたにチャレンジする機会を与えてくれたのは会社です。

もしダメだったとしても、失敗した責任は上司や社長など、上の人たちがどうにかしてくれるはず。

また失敗した後に会社で働き続けるのが辛いのであれば、新しい環境を求めて転職すればOK。

なお、サラリーマンとしてではなく、個人で何か新しいチャレンジをする時は、ちょっと話が変わってきます。

僕は現在、個人で不動産の大家さんをやっており銀行からも借り入れを行なっています。

もし毎月のローンの支払いが滞るような状況になれば、最悪マイホームを手放さないといけないかもしれません。

つまり、個人で何か新しいチャレンジしている場合、結果が伴わなかった際には自分で責任を取る必要ありです。

そう考えると、サラリーマンとして会社という後ろ盾がある状況で仕事にチャレンジできるのって恵まれた条件だと思いませんか?

ビジネスは一発勝負ではなくトライ&エラーを繰り返しながら成長させるもの

ビジネスの場合、スポーツなどの競技のように一発勝負ではなく、走りながら様々な施策を試しながら進めることが可能なケースが多いです。

僕のいるIT業界では、とくにこの認識が強く、リリースしたサービスが思わしくない場合は「ピボット」といって途中でサービスの内容や方向性を変える場合が多々あります。

世界的に有名なfacebookやinstagramなどもピボットを行なった結果、飛躍的に成長したという事例があります。

つまり、チャレンジしてみて仮に最初はうまくいかなかったとしても、セカンドチャンスやサードチャンスがあるということ。

だからこそ、失敗する可能性ばかりを気にして最初の一歩を踏み出せないのはとてももったいないわけです。

経験は買うことができない貴重なもの

まさにプライスレス。

挑戦した者だけが得ることができる経験は何物にも変えることはできません。

本やビジネススクールなどで勉強することよりも、何倍も学びが多いといって良いでしょう。

もちろん、それは成功でも失敗のどちらの結果でも得られる経験はかけがえのないもの。

だからこそ失敗を恐れて新しい経験を積むことを拒んでいては損。

特に20-30代の人はやり直しが十分できる時だからこそ、トライする価値ありですね。

僕も若い頃は失敗恥ずかしいとか思っていて、思い切れなかった時がありました。

でも、周囲がどんどんチャレンジする人ばかりで、彼らに刺激を受けて俄然やってやろうって気が起きましたね。

仕事でチャレンジするチャンスがない→副業で小さなトライを繰り返す

そうはいっても、なかなかチャンスそのものが存在しないケースという人も中にはいるでしょう。

そんな人には、本業とは別に副業にトライしてみるのも手です。

実際に副業にチャレンジした経験は以下の記事を参考にしてみてください。

子育てしながら脱サラを目指してみた(メリット・デメリットを紹介)

ただし、副業に力を入れすぎてしまうあまり、本業が疎かにならないように注意してください。

また副業禁止といった会社が存在するのも事実なので、まずは就業規則などで環境が用意されているのかも確認しましょう。

本業でもチャレンジする機会がなく、かつ副業も禁止しているような状況であれば転職を考えるのも1つの方法です。

すぐに始めるというより、まずは転職サイトなどに登録してみて自分の客観的な評価を確認したり、希望するような会社がありそうか調査するくらいでOK。

くれぐれも慎重に検討してください。

とりあえず3年働くべき理由とは?仕事を続ける意味があるのか実態を交えて解説

出世したくないけど収入を増やしたい人が稼ぐ方法【時代は変わった】

まとめ

本記事では見切り発車でいいので、仕事は失敗を恐れずに機会があれば挑戦するべき理由について紹介しました。

これまでの人生、とにかく石橋を叩いて渡るがごとく慎重に生きてきた人にとって失敗ほど怖いものはないかもしれません。

ただ、人生の中で勝ち続けるようなことは不可能

むしろ若いうちにたくさんの失敗をした方が、その後の人生における立ち振る舞いにもポジティブな影響を与えてくれるはずです。

よろしければ、こちらの記事も参考にしてみてください。

生活残業でクビの可能性も!? 迷惑行為は注意される前にやめるべき

転職未経験ならエージェントを活用して自己分析しよう

リモートワークの求人案件に興味があるなら【クラウドテック】をチェック!

リモートワークという新しい働き方に興味のある人は、まずはどんな求人内容があるのかチェックしてみてください。

クラウドテックは単なる求人情報サイトではなく、自分のこれまでのキャリアやスキルなどを最大限活かせるように専任のアドバイザーが徹底サポートしてくれます。

いきなり転職しようという考え方をするのではなく、まずは求人情報やアドバイザーからの助言をもらってみて検討したり、可能性を探るとこから始めるといいですよ。

サポーターが徹底支援。キャリアサポートサービスの「クラウドテック」
クラウドテック
実際にリアルな内容を見て「ハードル高そう・・・」と思えば、別の道を探すのも手です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA