副業

副業でブログを書くメリットとデメリット【サラリーマン生活に影響】

blogと書かれた木のブロック
ゴウ
ゴウ
サラリーマンやりながら副業でブログを書いているゴウです。
悩み人
悩み人
収益化できるブログ書いてみたいけど、仕事と両立するのって大変そう・・・始めたことで仕事に支障出たりしないかな・・・逆に書くことによって何かメリットとかあるの?
副業でブログをはじめたい人
  • ブログを書くメリットって収益以外にもある?
  • サラリーマンやりながら、副業でブログも同時にできる?
  • 実際、サラリーマンの方に何か影響ある?

こんな悩みにお答えします。

副業でブログを始めたいと思っている人は、この記事を最後まで読まずしても、すぐにブログをスタートしてみてください。

なぜなら、ブログを書くメリットは沢山あるから

しかも、失敗したとしても、大してお金を失うようなことはありません

むしろ収益化できなかったとしても、ブログを書くことは本業(サラリーマン)にプラスの効果ありです。

今回は収益化を目的にブログを書き始めた私の1か月ほどを振り返って、今のサラリーマン生活にどのような影響があったのかをお伝えします。

ゴウ
ゴウ
ちなみに既にアドセンスの合格やアフィリエイトなどを始めたおかげで、スズメの涙ほどではありますが、1ヶ月目にして収益化を達成。

「従来のサラリーマン生活+ブログを書く=より忙しくなる」というイメージを持つ人が多いと思います。

実際には従来のサラリーマン生活を見直すきっかけをブログが与えてくれたので、忙しさはあまり変わっていません。

むしろ、これまでのサラリーマン生活における無駄がなくなったことで、充実した毎日が送れています。

ゴウ
ゴウ
これからサラリーマンでブログを始めてみようと思っている方はこの記事を参考にしていただけると嬉しいです。

ブログの成果を知りたい人はこちらをご覧ください↓

副業でブログを書くメリット

質問くん
質問くん
副業でブログを書くメリットなんですか?

サラリーマンとして経営者への理解が進む

ちょっと大げさかもしれませんが、収益化を目的としたブログも規模は小さいですけど立派なビジネスの1つ

自ら身銭を切ってお金を稼ぐために運営していますからね。

当然一人で運営しているため、あらゆることを自分自身で決断しなければなりません。

また運営がうまくいかなかった場合の責任は自分にあります。

普段、誰かの指示(命令)ありきで行動するサラリーマンとは全然頭の使い方が違いますね。

相談することもできなければ、誰かに何かを依頼するようなことも簡単にできません。

社内の人に相談や仕事を依頼するのであれば無料でやってくれます。

でも、ブログ運営の場合にはアドバイスを受けるのも、アイコン用のイラスト書いてもらったり、wordpressをカスタマイズしてもらうのも全部有料です。

ゴウ
ゴウ
たまにtwitterとかで無料でやってくれる優しい人もいますが。

今まで気づかなかったんですけど、サラリーマンって恵まれた環境でビジネスをやっているなと思います。

そして色々な最終判断や責任を一人で背負って会社を動かしている経営者ってすごいなと思います。

ブログ運営と比べものにならないくらい、やることは沢山あるし、雇っている人間のマネジメントまでしなければならないわけですから。

仕事の生産性がアップした

始めるにあたって最初に悩んだことは、ブログの作業時間をどう確保するのかということ。

仕事以外の時間も家事や育児の時間で大半が占められていたため、自分の自由な時間なんてほとんどありません

結局、早く退社することができれば、帰宅後に書く時間を確保できるのではないかと考えました。

といっても、これまでの業務量を減らすようなことはできません。

そのため、従来の労働時間よりも短い時間で仕事を終わらせるように、仕事の生産性をあげる工夫を行うようにしました。

具体的には、以下を通り。

  • ルーティンワークと呼ばれる仕事はプログラミングの力で自動化
  • 複数の仕事を同時並行で進めるの極力やめる
  • 仕事をタスク化して、1つ1つ集中して作業を行う。

なお、自動化のところは、僕がプログラミングのスキルはないため、同僚のエンジニアにペコペコお願いしました。

ゴウ
ゴウ
おかげで、従来よりも1日に1時間弱ぐらい仕事の時間を削れたので、帰宅後に書く時間を確保できています。

メールや資料作成のスピードが向上した

ブログの影響によりもっとも嬉しかった副産物がこれ。

ほぼ毎日書いているおかげで日常的に文章を書くスピードも向上し、資料作成を行う際の構成も苦にならなくなりました。

実際に計測したわけではありませんが、感覚的にはビフォーとアフターで1.2倍〜1.5倍くらい早くなった気がします

(たまに取引先に対して丁寧語ではなくて、フランクな口調になってしまうところが注意。)

自分の頭の中にあるモヤモヤとしたものを文章として表現できるようになったと言い換えても良さそう。

(恐らく上手に喋ることにも影響していると思います。最初に結論から言う癖がついていますw。)

ゴウ
ゴウ
これは毎日訓練することによって自然と身につくことができるスキルですね。

副業でブログを書くデメリット

質問くん
質問くん
副業でブログを書くデメリットなんですか?

仕事中に浮かんだネタで集中力が途切れる

これはネガティブに影響していること。

僕のブログはサラリーマン生活の内容と密接に関係していることを記事にしています。

そのため、仕事中にアイデアの神様が降臨することって多いんです

ネタが浮かんでしまうと、仕事そっちのけでブログを書きたいという衝動に駆られます

とくにリモートワークで仕事をしている時は周りに注意する人もいないので危険です。

ゴウ
ゴウ
気になって仕方ない時にはネタを忘れる前にメモアプリなどに書き留めておきます。

アイデアみたいなものなので、あとで書き留めようとか思っていると、たいてい二度と思い出せないんですよね。

職場での人間関係気薄に

もともと会社では人間関係とかで悩むことを未然に防ぐため、極力お付き合いとかはドライにしておりますが、ブログを始めたことによりドライに拍車がかかってます

今は会社の休憩時間や隙間時間などもブログのために使用しているため、本当に周りとのコミュニケーションがこれまで以上に少なくなっています。

特に新しく入社されてきた人と触れあう機会が激減しています。

これは良くありません。

うまく仕事を進めていく上で、相手の性格やバックグランドは最低限知っておくのは大切なこと。

また仕事以外でも自分にとても良い刺激を与えてくれる可能性があるのに、自らそのチャンスを逃してしまっているかもしれません。

(実は新入社員の方でブログ運営をやっている人がいるかも。)

ゴウ
ゴウ
ちょっとしたコーヒーブレイクや会議の後などに積極的に話しかけていこうと思います。

サラリーマンがブログを始めて影響したこと(まとめ)

  • 収益化を目的のブログはビジネスと一緒。経営者視点で物事を考えるようになる
  • 書く時間を確保するため、仕事の生産性を上げて残業時間を減らした
  • 書く訓練は日常の文章作成や資料の構成づくりに役立つ
  • ブログのことばかり考えすぎて、本業に支障をきたすことがある
  • 時間を割きすぎていると、周りとの付き合いにも影響がでる

ブログに限りませんが、毎日の生活の中で新しいことを始めると、様々な刺激が他にも影響が出てきますよね。

プラスになることもマイナスになることも両面あるわけですが、人生一回切りだし、経験した分だけ自分が成長できると思ってポジティブに考えるが良いと思います

将来脱サラしたいと思っている私ですので、本業や人間関係よりもブログのために割く時間を最優先したいと思っています!

ブログで100記事を達成したロゴ
ブログ100記事に5ヶ月目で到達!気になるPV数と収益報告コツコツと記事を平日中心に積み上げて、ようやく5ヶ月目にして100記事に到達しました。本記事ではブログを100記事まで書いてみたPV数や収益の報告をしつつ、100記事を書いて感じたブログのメリットやデメリットを紹介します。...
朝日を見ながらコーヒーを飲む女性
副業の時間がない人には朝活を活用すべき3つの理由【ブログ運営の場合】副業でブログの記事を書くなら、仕事前の朝の時間を有効活用しましょう。 夜の時間よりも、朝は体力もあるし、頭の回転も良いのでブログを書くのにはもってこいの時間帯。記事の前半では、平日に取れる「まとまった時間」の紹介をしつつ、記事の後半では朝の時間帯でブログを書くメリットを紹介します。この記事を読めば、朝にコツコツとブログを書く習慣が身につけることができて、副業でブログを成功させる確率があがるはずです!...
リモートワークの求人案件に興味があるなら【クラウドテック】をチェック!

リモートワークという新しい働き方に興味のある人は、まずはどんな求人内容があるのかチェックしてみてください。

クラウドテックは単なる求人情報サイトではなく、自分のこれまでのキャリアやスキルなどを最大限活かせるように専任のアドバイザーが徹底サポートしてくれます。

いきなり転職しようという考え方をするのではなく、まずは求人情報やアドバイザーからの助言をもらってみて検討したり、可能性を探るとこから始めるといいですよ。

サポーターが徹底支援。キャリアサポートサービスの「クラウドテック」
クラウドテック
実際にリアルな内容を見て「ハードル高そう・・・」と思えば、別の道を探すのも手です。