転職

いつか転職したいと思っている人はエージェントを活用するのがおすすめ

いつか転職したいと思い転職エージェントとの面談を受けるサラリーマン
悩み人
悩み人
近い将来、転職したいと思っています。でも、就職活動なんて学生以来のことで不安です。しかも今の職場もそこそこ忙しくて自己分析や転職先を探す時間もあまり取れないし・・・。どうすれば転職活動を成功させられるかな?

いつか転職したいと思っている人へ

  • 自分の過去の経験や自己分析を取る時間が取れない
  • そもそも自分の今後のキャリアプランがハッキリしていない
  • 自分の将来や希望を言語化することが苦手

こんな悩みにお答えします。

結論を先にお伝えすると、転職エージェントを活用して半ば強制的に自分の将来を考える機会を作るのがおすすめ。

なぜなら、他人の力を借りることであなたのモヤモヤとした頭の中を負担を少なく、効率的にクリアにできるから。

しかも、転職に関する悩みなども気軽に相談ができる上、たくさんの貴重な情報を持っているエージェントは本当に頼りになります。

ちなみに、自分の中における転職活動するタイミングも確認ができます

自分の現在のスキルや経験が他の会社で通用するのか、求人マーケットにおける自分の価値ってどれくらいなのかを客観的に知ることにも活用できます。

別にエージェントと面談したからといって、転職活動を必ずやる必要はありませんし、費用が発生するようなことはありませんのでご安心を。

今回は私の体験談をもとにした転職エージェントとの面談でのメリット・デメリット形式で紹介します。

転職エージェントのサービスをフル活用して、いつか行うつもりの転職活動に備えることにしましょう。

定番の転職サイト リクナビNEXT
国内最大級の求人サイ DODA
自分の市場価値をデータ分析 ミイダス

いつか転職でエージェントを活用するメリット

質問くん
質問くん
実際にエージェントと面談してみて良かったと思った点は何ですか?

エージェントがインタビュー形式で自分の経歴を整理してくれる

転職活動とは自分のこれまでの経歴を言語化し(履歴書、職務経歴書)、他人へ説明してアピールする(面接)という流れ。

ここで最初に立ちはだかる壁は自分の過去を振り返る自己分析の部分

過去を振り返るといっても色々な視点があって、どう始めていいのか分からなくて嫌になってしまう人が多くいます。(担当のエージェント談)

そんな悩みもエージェントとの面談で解決

相手は転職を成功させるプロですから、思い切って胸に飛び込んでみましょう。

転職を検討する上で転職者が考えなければならないこと・やらなければならないことを熟知しています

丁寧に自己分析の方法について熱心に説明をしてくれる上、アドバイスもくれます

ゴウ
ゴウ
実際に僕もエージェントと面談してみて、自分が狭い範囲でしか過去を振り返ることができていなかったことに驚きました。

過去、数回転職活動では自分一人で職務経歴書作りには苦戦していたため、もっと早く転職エージェントと面談しておけば良かったと思いましたよ・・・。

自分では気づきにくい仕事の強みや活かせそうなスキルを見つけてくれる

この体験は目から鱗でした。

過去の職務経歴を振り返っていく中で、エージェントは私の強みや活かせそうなスキルを次々と見つけてくれます

例えば、自分自身では弱みと感じてしまうような仕事への姿勢も、エージェントは異なる視点でポジティブな強みに捉えることができるようにしてくれます。

ゴウ
ゴウ
念のため、事実と異なるような形に脚色しているわけでないですよ!

また仕事の成果って結果に目がいきがちなのですが、仕事の進め方(プロセス)において、エージェントは自分では気づかなかったスキルを大変評価してくれました

おかげで、自分の仕事に対する自信を持つことができましたね。(客観的な評価のおかげで。)

思いもよらない会社などを紹介してきてくれて、自分の可能性が広がる

今回の面談はインタビューが中心だったので、その場で紹介いただいた求人情報は決して多くありませんでしたが、自分の知らない会社ばかりで新鮮でした

同じ業界であっても、自分が知っている会社って実はほんのわずかなんですよね

ましてや業界が変わってしまっても自分のスキルや経験が活かせるような会社があったとしても、なかなかそんな会社と出会うことって少ないと思います。

通常、転職活動をする際は自分が知っている業界や職種をベースに考えていく傾向が多いのではないかと思います。

でも、転職エージェントはそういった個人の価値観にはとらわれず(本人の希望に沿ったものはもちろん大切)、豊富な求人情報から多彩な提案をしてきれてくれるので、転職先の可能性を広げることができます。

ゴウ
ゴウ
仮に転職エージェントとの面談の結果、現時点で転職しないという判断を下した場合でも、自分の知らない業界を知る機会は無駄ではないと思いますし、今後何しから役に立つ可能性もあると思います。

通常の求人情報には決して掲載されないような非公開の求人情報にエージェントを通じてタッチできるのは非常に大きなメリットであると思います。

いつか転職でエージェントを活用するデメリット

質問さん
質問さん
実際にエージェントと面談してみて不満に思った点は何ですか?

準備や面談に一定の時間を要する

今回の面談は約2時間で、自宅からエージェント会社への移動時間も含めると半日の時間を要しました。

また事前準備から面談終了後に職務経歴書の修正時間なども含めると、一定の作業時間も確保しておく必要があります。

つまり毎日のように終電まで残業が続いているような状況では、平日の時間に転職エージェントと面談を行うのは難しいでしょう。

ちなみに今回のエージェント会社では土曜日にも面談を設定できるのはありがたいところ。(ちなみに土曜日は人気で埋まりやすい傾向があるとのこと。)

多忙な人はエージェントと会うために思い切って有休を取って時間を確保するなどの工夫を行う必要があるかもしれません。

全然望んでいない求人を紹介してくる

これは実際に面談後に転職活動を本格化した場合の話です。

エージェントの考え方や方針もありますが、そもそも自分がエージェントに対してハッキリとした希望をお伝えしていないことによって齟齬が発生している可能性があります

できるだけ細かい希望をお伝えしておくほうが良いと思います

ただ一方で、希望が細かすぎると紹介できる求人情報の幅も相当狭まってしまうので、その分だけ新しい就職先の可能性も狭めてしまう可能性があります。

私の場合、エージェントより紹介された求人情報に対しては、ネット上で1つ1つ応募するか・しないかを意思表示とその理由を記載する必要があるので、最初の段階ではミスマッチが多く、面倒な対応が続いておりました。

ただ、それらの情報をエージェントが確認していく作業を続けることで徐々にミスマッチは減りつつある感じです。

ゴウ
ゴウ
最初から自分の希望する求人情報を紹介してくれるという高い期待は持たないほうが良いと思います。

とにかく急かされる(求人への応募)

とにかく転職活動がより早く進められるよう書類の提出や求人の応募判断可否など短期間のスケジュールで進行していきます。

求人情報は常に応募するライバルがいます。

そのため企業側が希望する人材が集まったタイミングで募集は停止される可能性があるためです

求人募集に際して、応募するか否かの判断をそれなりに時間をかけて慎重に検討したい派である私にとっては、結構苦痛なところがあります

エージェントはとりあえず応募して、面接後に入社したいかは考えればいいと説明されました。

でも、そもそも求人情報だけ見て判断した企業では正直、まともな志望動機を書くことができないなって思ってしまいます

転職エージェントにペースを握られることなく、自分のペースで転職活動ができるよう調整する必要があると思います。

いつか転職でエージェントを活用する(まとめ)

  • 転職への本気度が確認でき、過去の経歴も一人でやるより整理しやすい
  • 求人業界における自分の価値を確認するには、エージェントからの評価は客観的で信頼できる
  • 自分では気づきにくい仕事の強みや活かせそうなスキルを見つけてくれる
  • 自分の知らない世界における求人を紹介してくれる可能性あり
  • 面談の準備や面談そのものに一定の時間を要する
  • 一方で自分が望んでいない求人を紹介してくる可能性もあり
  • エージェントも慈善事業ではないため、焦って転職活動をしないように注意すること

本記事ではいつか転職をするつもりの会社員に向けて、転職エージェントを活用するメリットとデメリットを紹介しました。

転職に関する様々な情報を獲得できる上、自分のスキルや客観的な評価もしてもらえるなどメリットがたくさんあります。

ポイントは面談のために時間をしっかり確保できるのかという点。

でも自分の将来のことを考える大事な機会ですから、有給などを活用して予約を入れましょう。

定番の転職サイト リクナビNEXT
国内最大級の求人サイ DODA
自分の市場価値をデータ分析 ミイダス

友人と転職紹介に握手はNG
知人の紹介で転職する時の断り方【失敗のリスクを考えたらやめておくべき】知り合い経由で転職するのはNG。本記事では上手な断り方と、知人経由で新しい会社で働くべきではない理由をお伝えします。失敗すると紹介した知人・紹介された自分・転職先が不幸になる可能性があります。...
定年という頂上まで1本の道で山登り(仕事を続ける)サラリーマン
仕事を続けるつもりの人が将来を考えてやるべき1つのこと仕事を続けるメリットはたくさんあります。でも、定期的に自分を見つめ直すことは重要です。本記事では今の仕事に満足している人こそ、転職サイトへ登録しておくべき理由をお伝えします。仕事辞めるべきか続けるべきか迷っている人も参考にしてください。...
リモートワークの求人案件に興味があるなら【クラウドテック】をチェック!

リモートワークという新しい働き方に興味のある人は、まずはどんな求人内容があるのかチェックしてみてください。

クラウドテックは単なる求人情報サイトではなく、自分のこれまでのキャリアやスキルなどを最大限活かせるように専任のアドバイザーが徹底サポートしてくれます。

いきなり転職しようという考え方をするのではなく、まずは求人情報やアドバイザーからの助言をもらってみて検討したり、可能性を探るとこから始めるといいですよ。

サポーターが徹底支援。キャリアサポートサービスの「クラウドテック」
クラウドテック
実際にリアルな内容を見て「ハードル高そう・・・」と思えば、別の道を探すのも手です。