ワーク

仕事が忙しいアピールはマイナス効果である5つの理由【友人や恋人が去る原因に】

本当は大したことないのに自分を大きくみせようとする人間
ゴウ
ゴウ
20代の頃は仕事が忙しいと友人や恋人に言うのがカッコいいと勘違いしていたゴウです。
悩み人
悩み人
「最近、どお?」と聞かれると、つい仕事が忙しいことを強調してしまうんですよね。
仕事ができると思わせたいというか、頑張っている自分が好きと言うか・・・今はもはや口癖。

こんなお悩みに回答します。

久しぶりに会った友人や恋人などに近況を聞かれた際、とにかく仕事が忙しいアピールしていませんか?

または、そういう話をしてしまう人が身近にいませんか?

もし自分がつい口グセのように言っていたら、今すぐストップしましょう

なぜなら聞いた相手にとって、仕事の忙しさをアピールしてくる人はマイナスな印象しか与えないから。

事実、僕も20代の頃は忙しいことをアピールするのが当たり前のようになっていたのですが、友人から遊びに誘われなくなったり、恋人からフラれてしまった苦い経験ありです。

ぶっちゃけ、仕事が忙しいとアピールされて、ポジティブな意味で受け取ってくれる人なんていません。(まあ、同情はしてもらえますけどね。)

本記事では、仕事が忙しいとアピールしてしまうサラリーマンに向けて、マイナス効果になってしまう5の理由を紹介します

記事を読んで納得できたら、仕事における無駄なアピールは控えるようにしていきましょう。

仕事の忙しいアピールを今すぐ止めるべき5つの理由

仕事が忙しくてデスクの上が散らかっているサラリーマン

それでは早速、マイナス効果になりかねない理由を紹介します。

  • 仕事ができないと思われる
  • 友人から誘われなくなる(関係が気薄になる)
  • 恋人から愛想をつかされる
  • 幼稚に見られる(かまってほしいアピール)
  • 自分が疲れているという暗示をかけてしまう

上記の通りです。

1つ1つ見ていきましょう。

仕事ができないと思われる

「仕事が忙しい=仕事ができる」と勘違いしたまま、アピールしている人って意外と多いです。

周りの人は仕事ができなくて、仕事のできる自分にどんどん仕事が回ってきて困る・・・みたいな。

仮にそれが事実だとしても、友人や恋人に対して会社の中の状況まで詳細に話さないかぎり伝わるわけありません。

逆に自己管理ができなくて非効率に働いている人の印象を与える可能性の方が高いです。

[jin_icon_info color=”#4F96F6″ size=”20px”] 本当の意味で仕事ができる人は短い時間しか働いてなくても、しっかり結果を出している人。

つまり、そんな人は仕事のせいで時間に追われているような状況にはならず、時間をコントロールしている人のことを指すわけです。

自営業など自分で頑張った分だけお金を稼ぐために時間を目一杯使っている人なら共感できるかも。

でも、普通のサラリーマンで忙しいというのは仕事を上手に管理できていない状況をアピールしていると捉えられても仕方ないと思います。

友人から誘われなくなる(関係が気薄になる)

仕事が忙しい発言をしていると、「アイツは誘ってもきっと来れないだろう」って印象になってしまい、本当に友人から声をかけられなくなります

友人と遊ぶなんて面倒だし、今は仕事が楽しいから仕事が忙しくて最高って人だったら、それでいいんですよ。

でも、サラリーマンの場合は仕事って結構大変で、辛いって感じている人が大半。

だからこそ、たまに友人に会ってストレスを発散したりするのって大事なことだと思います。

なので、仕事が忙しいというアピールなんて友人には不要なことですよ。

むしろ、とにかく何か遊ぶ機会があれば声をかけてほしいと伝えることが大切です。

恋人から愛想をつかされる

これは本当に気をつけたほうがいいです

ゴウ
ゴウ
僕は実際に仕事が忙しいという発言が原因でフラれてしまいました・・・。

リアルに仕事が忙しくて、なかなか相手と過ごす時間を確保できなかったという意味ではないです。

忙しいことをアピールしたことで、相手に対して仕事のことばかりで余裕のない人に思われてしまったのが原因。

(自分のことばかり考えていて冷たいと思われていたかも・・・。)

相手は将来のことも含めて考えていたので、家庭を顧みず仕事ばかりやっているような人は余計に魅力が感じないですよね。

実際に仕事のせいでデートをキャンセルしないといけないケースとかになると、ますます相手への印象は悪くなってしまいますね

幼稚に見られる(かまってほしいアピール)

仕事が忙しいという発言に対して、多くの人は「大変だね」「体調は大丈夫?」など心配をかけてくれます

ただ、会うたびにそのような発言をしていると、次第に「ただのかまってほしいだけの奴」というふうに見られてしまうかもしれません。

[jin_icon_info color=”#4F96F6″ size=”20px”] つまり、本当は大して忙しくもないのに、周囲から気を引くために大げさに言ってるだけの幼稚な人ということです。

狼少年とは言いませんが、そのうち周囲は忙しいということには反応しなくなって、スルーするのが当たり前になってしまうことになるでしょう。

ゴウ
ゴウ
アピールの仕方によっては、信用を落としてしまう可能性があるので注意が必要ですね。

自分が疲れているという暗示をかけてしまう

仕事が忙しくて楽なんて人はいませんよね。

忙しいは基本的にマイナスなイメージを持っているので、発言するたびに自然と仕事で疲れていると思うようになってしまう可能性があります

自らのアピールで逆に自分にとってはマイナスの影響を与えてしまうなんて悲しいことはありません。

ちなみに、本当に忙しければ、別の言葉が口から出てくるはず。

ゴウ
ゴウ
それはきっと「仕事が大変」だと思います。

仕事が忙しくて大変だった時の対処法

仕事が忙しいとアピールしながらも毎回の集まりに出席する男性

もし本当に仕事が忙しくて、きつい状況であれば友人や恋人と会うのではなく自分の体を休めることを優先しましょう。

なぜなら、人に会うことで余計に消耗して体を壊してしまったり、精神的がやられてしまう可能性があるから。(人に会うことでも楽になるケースもありますけど。)

まずは体をしっかり休めつつ、会社では上司や同僚などに自分が置かれている状況について相談をしましょう。

[jin_icon_info color=”#4F96F6″ size=”20px”] 無理をし続けることは決してよくはありませんし、正直に仕事が辛いことを話すことは悪いことではなありません。

しっかりと自分の体調に合わせて、無理がない状況で仕事は行うべきです

【朗報】誘いを断る時の良い言い訳には使える(メリット)

仕事の忙しいことを口実に付き合いを断る人のイメージ

「仕事が忙しい」という発言は、多くの場合においてマイナスの印象を与えるとお伝えしてきました。

でも、自分がちょっと行きたくないお誘いがあった場合の断り文句として利用するのはありです。(メリットってやつ。)

ただし、その際にアピールするような中身を混ぜ込むようなことは避けましょう。

「ここ最近、仕事で帰りが遅くて数時間しか寝てないのが数日続いているから、ちょっと行けなさそう・・・。」

上記のような発言は余計ですね。

ただ単純に「仕事が忙しいから今回はパス」ぐらいでOK。

[jin_icon_info color=”#4F96F6″ size=”20px”] ちなみに、断る理由を仕事のせいばかりにしていると繰り返しになりますが誘ってもらえなくなる可能性があるので注意しましょう。

仕事が忙しいアピールはマイナス効果(まとめ)

本記事では仕事が忙しいとアピールしてしまうサラリーマンに向けて、マイナス効果になってしまう5の理由を紹介しました。

ちなみにこれはあくまでも友人や恋人に向けての話であって、会社の同僚に対してはより発言に注意が必要です

なぜなら、社内の人間は普段の勤務状況を客観的に知れる状況にあるから

なんとなく暇そうにしていることがわかっているのに、本人が忙しいアピールしているなんて恥ずかしい話はありません。

むしろ嘘ついてるって思われてしまうかもしれないので、やめておきましょう。

 人気記事  IT系企業に実績のある転職サイト、転職エージェント3選|初心者向け

よろしければ、こちらの記事もご覧ください。

仕事が暇でつまらない時にすぐやるべきこと【3つの方向性で道を選択】

仕事で自己犠牲を払うのは損するからやめておけ【他人よりも自分を大切に】

仕事がどうでもいいと感じた時にやってはいけない行動と対策を紹介

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA