副業

サラリーマンが副業でブログ 開始2ヶ月の結果【一歩前進】

雪山を一人で歩いている登山家が朝日に出会った瞬間
副業でブログ始めたけど、1ヶ月目は全然PV数もなくて収益もほぼゼロ・・・このまま次の1ヶ月続けてみても、何か大きな成果って期待できるのかな・・・。

副業でブログを始めたいと考えているサラリーマンへ

  • 1ヶ月では成果は得られないって聞いたけど、2ヶ月の結果は?
  • 2ヶ月目に何か新しい取り組みってした?

こんな疑問に回答します。

30代の子持ちサラリーマンが副業でブログを開始して2ヶ月が経過しました。

この記事ではブログ運営の2ヶ月目の結果と振り返りをご報告します。

サラリーマンでブログを副業として始めてみたい人は参考にしてください。

サラリーマンが副業でブログ2ヶ月目(成果)

ブログ運営報告書(開始2ヶ月)
  • 収益:3桁の後半(具体的な金額は差し控えます)
  • 記事の投稿数:21(累計投稿数:51)
  • PV:1,300(前月比+90)
  • 作業時間:60時間以上

収益は先月の1桁だった金額が3桁の後半まで伸びて、大幅ジャンプアップ。

とは言っても、毎月発生しているサーバー代くらいですけどね・・・。

ゴウ
ゴウ
作業時間を考えると、まだまだ時給のアルバイトをした方が断然稼げます。

ここからの伸び代に期待しつつ、コツコツ記事数を増やしていきたいと考えてます。

なお、5月の記事数は21と先月よりもマイナス9(4月は30記事の投稿)と、更新ペースは落ちてしまいました。

理由はゴールデンウィークにブログを書く時間がほとんど取れなかったため。

ゴウ
ゴウ
人生の優先事項はあくまでも家族。毎日必ずブログの更新をしようとすると家族と過ごす時間が失われていきます。

PV数は残念ながら横ばい。

1ヶ月目はツイッター経由でブログを見ていただく機会があったのですが、2ヶ月目はツイッターを控えて、記事の投稿に注力したためツイッター経由の流入がガクンと減りました。

代わりに自然流入によるアクセス数が増えているのは嬉しいところ。

とは言っても、累計で50記事ほど書いてきましたが、狙ったキーワードで検索結果の上位に表示されているのは、せいぜい1〜2記事ほどしかありません。

ゴウ
ゴウ
キーワード選定の重要性を痛感しています。

まだまだ初心者ということで質よりも量を優先してブログを更新してきましたが、そろそろ記事を書く上できちん戦略を練った上で記事を作成していく必要がありそうです。

おいおい、2ヶ月で相当頑張っても、毛の生えたような収益しか獲得できないのかよ・・・やる気失いそうだな。

その気持ちよく分かります。

特に1ヶ月目に毎日のように記事を更新していた人が、2ヶ月目に入っても期待する成果が出てこないと、ブログを放り出す人も出てくるでしょう。

事実、同じ時期にブログを始めた人(ブログ初心者)とツイッターで交流してきましたが、いつの間にかブログの更新が止まって、少しずつ連絡の取れる人が減ってきています。

ゴウ
ゴウ
ブログに限らずですが、モチベーションを維持するのって難しいものですよね。

サラリーマンが副業でブログ2ヶ月目(良かったこと)

ブログを開始して2ヶ月が経過して良かったことは何ですか?

アフィリエイトで初めて成果が発生した

PV数は伸びませんでしたが、初めてアフィリエイトで収益が発生しました!

金額そのものは微々たるものですが、「Amazonアソシエイト」と「もしもアフィリエイト」で2件ずつ発生しています。

ゴウ
ゴウ
これはグーグルアドセンスで収益が発生した時よりも嬉しいですね。

自分の気に入っているグッズやサービスなどを紹介する記事を読んでみた結果、純粋に「欲しい!」と思って購入してくれたわけですから。

アドセンスだと間違ってクリックされた場合でも収益が発生したり、そもそもスポンサーを選ぶことができませんから、自分で頑張った成果という実感があまりありません。

記事数が50を突破

当面の目標は100記事を書くことなのですが、2ヶ月で半分まで積み上げることができたのは素直に嬉しいです。

正直、50記事を書くために相当な時間を要するとは思ってもみませんでした。

2ヶ月でブログのために割いた時間は合計160時間以上。

種駅だけで見たら、相当な時間を無駄にしていると思われても仕方ないのですが、ブログ運営そのものを楽しんでいるのでOK。

ゴウ
ゴウ
でも、最近は1記事を完成させるのに2時間以上かけてしまっているのは何とかしたいですね。

検索順位のアップと表示回数が上昇

少しずつですがグーグルから認められてきております。

1ヶ月目は自然流入が皆無に等しかったのですが、2ヶ月目以降は検索順位や表示回数が増えてきたことで、自然流入によるクリック数も増えてきました。

ただ、記事の投稿数を増やせば右肩上がりでどんどんアクセス数が増えるわけではなく、毎日サーチコンソールの結果を見ては一喜一憂をしている状況です。

サラリーマンが副業でブログ2ヶ月目(悪かったこと)

ブログを開始して2ヶ月が経過して悪かったことは何ですか?

アフィリエイトの勉強不足

2ヶ月目にアフィリエイトによる成果報酬が初めて発生したものの、記事を書くだけで精一杯で、アフィリエイトのバナー設置や紹介する文言等が非常に雑です。

正直、ユーザーの立場になって考えておらず、やっつけでやってしまっています。

そのため、せっかく記事を読んだ人が興味を持ってクリックしてくれたにも関わらず、途中で離脱していることを見ると、恐らく一定数はこちらが原因で機会損失している可能性があります。

それは、もったいない。

記事の品質がまだまだ

50記事書いてきて多少はライティングスキルが向上してきているのを実感しておりますが、他のブロガーさんの記事を読んでいると、自分の非力さにゲンナリします。

結果を出している人の記事は構成もしっかりしており、とにかく読みやすい上に、表現力も豊かです。(言葉の引き出しが多い。)

50記事を書いてきている中で、同じような表現を何度も繰り返していたりするのはSEO的にも良くないでしょう。

これまで勢いだけで進めてしまっているラインティングスキルを向上させるため、その道のプロと呼ばれる人の書籍を2つ購入しました。

ゴウ
ゴウ
最近、ブログを始めてからめっきり読書の時間が減ったので、インプットを増やす意味でも、ちょうど良い機会だと思っています。

サラリーマンが副業でブログ2ヶ月目(今後のトライ)

今後、ブログ運営で注力していくことってありますか?

アフィリエイトの知識習得

ブログ運営における収益の柱の一つであるアフィリエイトはしっかり勉強していきたいです。

現在、A8.netもしもアフィリエイト、バリューコマースに登録しましたが、ほぼ登録したのみで終わっています。

もう少しきちんと各ASPの特徴を把握した上で、ユーザーにとって有益となりそうなサービスや商品を紹介できるようになりたいと思います。

定期的な記事の更新

2ヶ月目でブログの記事数は50を超えることができました。

このまま定期的に更新することが習慣化できるように努めていきたいです。

とはいえ、6月は旅行へ行ったり、その他にも家族イベントが控えているので、その際にはブログのことは一旦忘れて、家族と過ごす時間を優先します。

3ヶ月目が終了するタイミングで、70記事ぐらいまで更新できているのが目標です。

過去記事のリライト

記事が公開されてから、まったくアクセスのない記事が複数発生しています。

そもそも選定したキーワードの需要がない可能性が高いか、または競合の記事よりも圧倒的に品質が劣っているため検索順位が上がってきていない2つの可能性が考えられます。

せっかく一生懸命書いてきた我が子同然の記事たちが日の目を見ることができるよう、新しい記事の更新をしつつ、過去の記事にも手を加えていこうと思います。

サラリーマンが副業でブログ2ヶ月目(まとめ)

  • 2ヶ月目にして初のアフィリエイトで収益が発生(4件)
  • PV数は1ヶ月目と横ばい
  • ツイッターからの流入は減って、自然流入が増えてきた
  • 2ヶ月目が終了して、課題や今後やるべきことは明確
  • 今後はアフィの知識向上やリライトも記事作成と並行して進める

改めてブログ運営の厳しさを感じつつも、小さな成果がぽつぽつ発生して、少しだけブログ運営の楽しさを感じた2ヶ月目。

さらなるブログの成長に向けて、3ヶ月目もこれまで通り頑張っていきたいと思います。

もしブログを始めてみたいと興味を持った人におすすめしたいレンタルサーバーはXserverです。

リモートワークの求人案件に興味があるなら【クラウドテック】をチェック!

リモートワークという新しい働き方に興味のある人は、まずはどんな求人内容があるのかチェックしてみてください。

クラウドテックは単なる求人情報サイトではなく、自分のこれまでのキャリアやスキルなどを最大限活かせるように専任のアドバイザーが徹底サポートしてくれます。

いきなり転職しようという考え方をするのではなく、まずは求人情報やアドバイザーからの助言をもらってみて検討したり、可能性を探るとこから始めるといいですよ。

サポーターが徹底支援。キャリアサポートサービスの「クラウドテック」
クラウドテック
実際にリアルな内容を見て「ハードル高そう・・・」と思えば、別の道を探すのも手です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA