ファッション

通勤におすすめスニーカーなら黒色メンズ向け4選【厳選抽出】

一見革靴に見える黒いスニーカー
ゴウ
ゴウ
普段、通勤とビジネスでは黒いスニーカーを履いているゴウです。(既にビジネススニーカー歴は10年以上)
悩み人
悩み人
最近、外出が増えて革靴で歩いているのは正直疲れる。通勤では特に歩きやすくて疲れにくいスニーカーを履きたいな・・・でもサラリーマンでスーツやジャケットなどに合わせられるスニーカーってある?
スニーカー履きたいサラリーマン
  • スニーカーを選ぶ際のポイントは何?
  • ブラックスニーカーでおすすめの商品ってある?
  • ビジネスシーンでスニーカーを履く際の注意点は?

こんなお悩みお答えします。

むかしむかしサラリーマンの足元と言えば革靴でしたね。

かつて企業に勤めるサラリーマンにとって、足元の選択肢は1つしかありませんでした。(ちょっと大げさ)

ゴウ
ゴウ
私の父は団塊の世代の人間ですが、毎朝のように母親が靴磨きに精を出していた光景が懐かしい。

時代は変わり、サラリーマンのファッションも変化。

以前のようなスーツ・ネクタイ・革靴といった定番の格好をする人は徐々に減りつつあります。

お堅い企業でもクールビズをはじめ、オフィスカジュアルデーといった日にラフな格好ができるようになりました。

もはやIT系企業ではカジュアルすぎて仕事着と普段着の境界線も曖昧ですね。

最近はスポーツ庁が推進している「FUN+WALK PROJECT」でも、健康のためや仕事の生産性アップに、通勤時にもスニーカーやウォーキングシューズの利用を押す動きもありです

僕はIT系企業に勤めているということもあり、既に10年以上ビジネスシーンでスニーカーを履いてきています

とにかく革靴と比べると足への負担も少なくて、長時間歩いていても疲れにくいです。

また、ちょっと電車に間に合わない時にダッシュする際にも困ることはありません。

ちなみに以前は取引先などを訪問する際には必ず革靴を履くことを必須としておりました。

でも、最近はスニーカーのまま初対面の人でも接する機会が増えてきましたけど、特に先方とのビジネスに支障が出るような状況になっておりません。

ゴウ
ゴウ
ちなみに相手はスーツにネクタイ、革靴の格好です。

今回は、通勤やビジネスで使える黒いスニーカーの選ぶ際のポイントやおすすめのブランドを紹介します

この機会にスニーカーを履くことのメリットを知ってもらい、ストレスフリーな通勤・ビジネス生活を送ってくれると嬉しいです。

幅広い年代の働く企業では、スニーカーを履いてくることに対して不快に思う人もいます。

また取引先の人間の印象を悪くする可能性もあるので、その辺りの空気はしっかり読んでスニーカーを履いてください。

通勤におすすめスニーカー(選ぶ際のポイント)

チェック用のリストとマーカーペン
質問くん
質問くん
スニーカーを選ぶ際のポイントってありますか?

はい、スニーカーであれば何でも良いと言うわけにはいきません。

ビジネスにも適応できるスニーカーを選ぶコツを解説していきます。

ゴウ
ゴウ
具体的なオススメのスニーカーを知りたい人は、ここは読み飛ばしてください。

色はボディからソールまでオールブラック

スニーカーの色はビジネスシーンでもフィットする上で、もっとも重要な要素と言って良いでしょう

一部の個性の強い人をのぞいては、相手から信用できることを印象付けるために落ち着いたカラーを選ぶのが当たり前。

そのため、革靴の場合でも黒や茶色などの暗めの色が使われています。

ビジネスシーンでは、相手の信頼を勝ち取ることが目的なので、足元で目を引くような個性を演出する必要はありません。

つまり落ち着いたカラーで、しかも革靴っぽい雰囲気を演出できる色として適切なのはブラック(黒)です。

コメントくん
コメントくん
確かに靴に限らず、洋服でも派手な色使いではなく落ち着いたトーンを選ぶ傾向にありますね。

気をつけたいのは、ソールの部分までしっかり黒であること。(ソールだけホワイトだと、急にカジュアルに見えます。)

またスニーカーの定番カラーである白はおすすめできません。

まずビジネスシーンで白い革靴を履いてくる人なんていないですよね。

汚れが目立ちやすいため、相手の心象を損ねてしまう可能性もあります。

ゴウ
ゴウ
会社が私服勤務OKの環境であれば気にする必要はないんですが、来客対応や外出する人は注意が必要ですね。

素材はマットなレザー系を選ぶ

こちらも革靴を意識して、落ち着いたレザー系の素材を選びましょう。

カジュアルな印象を与えるキャンバス地やスポーツ系のメッシュ地が使用されたスニーカーは避けたほうが無難です

なぜなら、スニーカーは子供や若い人が履いているイメージが強いため、相手に軽い印象を与えてしまう可能性が高いから。

また、ファッションは靴だけではなく上着やズボン、バッグなどのアイテムも含めてトータルの印象が大切。

スニーカーだけカジュアルやスポーティーな感じになると、バランスが崩れます。

おしゃれ上級者とで、あえて「はずし」コーディネートで、スーツにカジュアルなスニーカーを合わせる人もいすが、難易度高いのでパスしてください。

ゴウ
ゴウ
昔、中学校で上下はスーツなのに、靴はアシックスのスニーカーって先生いたけど、まったくオシャレに見えなかった・・・

特徴のあるデザインは避ける

ビジネスシーンで靴を目立たせる必要ありません。

あくまでも地味な脇役でOK。

スニーカーの形に特徴あるものや、大きく見えてしまうものは避けましょう

例にあげるとすれば、ハイカットのバスケットシューズ(ナイキのエアジョーダンなど)。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Sneaker Newsさん(@sneakernews)がシェアした投稿

通常のオフィスワークであれば、わざわざ足首あたりまでスニーカーでカバーするのも不要です。

また、ズボンも基本的にストレートでタイトなタイプを選ばれる人が多いと思うので、スニーカーだけ目立ってしまいます。

また、ソールに厚みのあるタイプ(ナイキのエアマックスやエアフォースワン)なども、同じくパスしたほうが良いです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

PRIME030Dealsさん(@prime030deals)がシェアした投稿

コメントさん
コメントさん
厚底タイプって目立つものね。

ビジネスシーンにも適しているデザインは無駄を削ぎ落としたシンプルなローカットタイプがおすすめ。

ゴウ
ゴウ
ロゴが大きく目立つタイプも選ばない方が無難でいいですよ。(バック部分にデザインが入っているのは許容して良いかと。)

通勤におすすめスニーカー(利用する際の注意点)

メガホンから出てきている様々な情報と注意点
質問くん
質問くん
実際にスニーカーを使用していて注意しておくことありますか?

メンテナンスはしっかり

普段、スニーカーってマメにメンテナンスをするような靴ではなく、ちょっと汚れていたりしても気にしないって人が多いかと思います。

むしろ若い頃は、ちょっと履きつぶしているくらいがクールだと思ってました。

でも、ビジネスでは相手に見られることを意識して、清潔に見えるようにお手入れしましょう

仕事における信頼って少なからず見た目の影響を受ける可能性がありますから、汚れたスニーカー履いてて、相手からの印象が悪くなってしまうのは損ですからね。

会社の文化やシチュエーションを意識する

世間がビジネスでスニーカーもありって雰囲気があっても、業界や会社などをはじめ自分の周辺でもスニーカーを履くことが許されるとは限りません

私はIT業界にいるので見た目に関してはかなり柔軟でスニーカーは普通です。

でも、例えば金融系の人たちとお会いするとカチッとした装いの人が多く、足元は革靴オンリーの世界って感じです。

仕事でスニーカーを履いてみたいと考えている方はまず自分の職場や周囲の環境を観察してから、チャレンジするのか検討してみてください。

通勤におすすめスニーカー(厳選4選)

困ったくん
困ったくん
サラリーマンでビジネスシーンでも違和感なく履けるスニーカーを教えてください!

これまで説明してきた選ぶ際のポイントをもとに、おすすめのスニーカーを厳選してみたので、1つずつ紹介していきますね。

アディダス スタンスミス

 

この投稿をInstagramで見る

 

yopi1231さん(@yopi1231)がシェアした投稿


まずは定番中の定番であるadidasのstansmith(スタンスミス)。

私の中ではスニーカーの中のキング的存在。

街中ではベースの白にタンとヒール部分にポイントとなる色が付いたタイプを見かけることが多いと思いますが、実はオールブラックのデザインもあります。

タン部分にデザインされたスタンスミスさんの似顔絵とヒールのアディダスのロゴもカラーが黒に統一されているおかげで目立つことはありません。

スタンスミスを既に履いたことのある人なら、履き心地の良さや、長時間の使用でも疲れにくい点は十分理解してくれることでしょう

ちょっと値段は張ってしまいますが、ビジネスとして利用するなら2足持ちにして、毎日交互に履きたいところ。

アディダス バルクリーン2

 

この投稿をInstagramで見る

 

しおりさん(@sor_____chaaan)がシェアした投稿


先ほどのスタンスミスとほぼ変わらないデザインですが、安価で手に入るのは魅力的

私の中ではデザイン以上に優先順位が高いのコスパなので、バルクリーン2はお気に入り。

1つ残念なのは、タンにデザインされた「adidas」のロゴがグレーで少し目立つところ。

ここもブラックに統一してくれていると完璧だったのに・・・。

ヒールプルに施されたスリーストライプのデザインもちょっと気になるのですが、靴を履いた状態ですと、正面からは見えないので許容して良いのではないかと思います。

クラークス ネイサンレース

クラークスのネイサンレースは、やはり素材で本革が使用されているところ

(雨が降った際の取り扱いには注意しましょう。)

近くでよく観察するとスニーカーって印象ですが、遠くから見れば革靴に見えてもおかしくはありません。

ちょっと丸みがあって、かわいい印象さえあります。

ですので、上下にイタリアン系の細身スーツとか着ちゃうとバランス悪いかも。

どちらかというと、カーディガンにシャツぐらいのラフさがあって良いと思います。

画像だとちょっとわかりにくいのですが、サイドに小さい飾り穴のデザインが施されていて遊び心があります。

スタンスミスやバルクリーン2と比較しても、より大人雰囲気のあるスニーカーと言って良いでしょう。

もちろんクラークスですので、歩きやすさは折り紙つき。

ゴウ
ゴウ
値段はアディダスの靴と比べても、ちょっと高いな・・・。

パトリック DATIA

ビジネスシューズのように細身でソールも薄いタイプのものを探しているなら、PATRICKのDATIAがいかがでしょうか。

つま先でキックされたら痛そうなくらい尖ってますね。

これまで紹介してきた3つのスニーカーと違って、フォルムがシュッとして、つま先がとんがっているデザインは、もっともビジネスシューズっぽく見えます

そのため、細身のパンツとの相性も抜群です。

素材が合皮のため、ちょっとした雨でもへっちゃら。

また、PATRICKブランドではソール部分がすり減ってしまっても、ソールの交換をしてくれるリペアサービスがあるのが良いですね。(有料ののは仕方ないですけど。)

番外編:アシックス テクシーリュクス

こちらはアシックスのTEXCY LUXE(テクシーリュクス)です。

スニーカーではなく、むしろビジネスシューズですね。(遠行くからみたら革靴に見えます。)

価格的にもスニーカーよりも安価に手に入る上、歩きやすさも抜群に良いとのこと。

実は黒いスニーカーを選ぶよりも、こっちの方がビジネスシーンの利用としては現実的かもしれません・・・

通勤におすすめスニーカー(まとめ)

バッグとスニーカーとパソコンのイラスト
  • スニーカーの色はソールも含めて黒に統一されたものを選ぼう
  • 素材はカジュアルな印象を与えてないレザー系が良い
  • デザインはシンプルでローカットなものだとビジネス系の服に合わせやすい
  • スニーカーでもメンテナンスはしっかり行おう
  • 勤めている会社や取引先などの文化を尊重した上でスニーカーを履くかは検討しよう

ビジネスにおけるファッションとは、あくまでも相手からの信用・信頼を得るための道具です。

おしゃれをしたい理由でスニーカーを選ぶと、本来の意味を履き違えて、逆に信用や信頼を失う可能性があるので気をつけましょう

ゴウ
ゴウ
おあとがよろしいようで
Amazonギフト券チャージタイプでお得にお買い物

Amazonでお買い物するならギフト券のチャージを利用するとお得。

チャージする度にチャージ金額に応じて最大2.5%分のAmazonポイントが貯まります!

お得なアマゾンギフト券チャージ

チャージするだけでポイントが還元される仕組みなので、必ず買い物する前にチャージしましょう。

利用頻度が少ない人もチャージしたギフト券は発行から有効期限は10年もあるので安心

忘れることがなければチャージ金額が多くても十分使い切れますね。

詳細は公式サイトをご確認ください↓

Amazonギフト券チャージ
公式サイト

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA